All Articles Logic Pro
Pro Xのロジックでダンスキックを設計
Darren Burgos on Mon, May 5th 10 comments
If you like EDM, Logic Pro X and designing sounds, you'll get a kick out of this tutorial! Darren Burgos takes you on a tour of Ultrabeat. Your mission is simple: to design your own big kicks.

今日のダンスミュージックではキックは、トラック/ミックスの重要な部分です。ほぼすべてのプロデューサーには、キックを爪いけない場合、あなたはトラックを持っていけないことに同意します。その2別々の要素として、本体/ subとクリック(または攻撃過渡)を見て、ますます一般的になってきて。基本的にボディは重低音のサウンドで、クリックがパンチとsnappinessを追加するには、右の音の頭で再生されます。でも、プラグインなどがある復讐音Metrumこのような考え方で、具体的焦点を当てています。

この記事では病気は簡単にUltrabeatの内/ボディ、サブキックを構築する方法を紹介し、どのように論理学EFM1シンセサイザから簡単なクリックメーカーを作成します。それではどんなサンプル·プレイヤーで使用するために、またはアレンジウィンドウで直接使用するためのオーディオの1枚にそれらを結合します。

ステップ1:Ultrabeatのキック音を初期化する

Ultrabeatのキックの体を構築することができます。多くが知らない、Ultrabeatのは非常に優れたキックシンセサイザーです。 IMは単純に(それもよくない)サンプルを再生するが、非常に便利な仮想発振器を生成する方法などについて話していない。オープンUltrabeatの、下計器レーン1をコントロールクリックします初期化を選択してください

Control-click the bottom lane and choose Init > Kick.

一番下のレーンをコントロールクリックし、初期化を選択

ステップ2:音量を上げる

上部のみ発振器1は、この優れた808種類のサウンドを作るために使用されている。音を設計していたので、我々は音声に変換するときのためにため、その素敵で大音量を育てることができます。音の名の下にターコイズブルーの面積はボリュームです。クリックして、10デシベルで値を上に移動。長すぎるか、Ultrabeatのをクリックしたままにしないように注意してくださいすることはyoureの代わりに音声/音を移動しようと思うだろう。

Drag the volume slider up by 10 dB to make your kick nice and loud.

あなたのキックがいいと大声で作るために10デシベルで音量スライダを上下にドラッグ。

ステップ3:床の領域に4を作成/シーケンス

我々は簡単に我々が作るキックを試すことができるように、単純なキック·シーケンスを作成することができます。アレンジ領域で、Controlキーを押しながらクリックし、コンテキストメニューからMIDIリージョンの作成 ​​を選択します。ピアノロールで開きリージョンをダブルクリックします。 MIDIノートC1に(すべての四分音符に注意してください)​​鉛筆ツールに切り替えて、床のパターンに4に描く。その後、ピアノロールを閉じてループ領域Lキーコマンドを使用し、各音符上の100以上の最高速度を上げる。

1, 2, 3, 4.... It's easy!

1、2、3、4 ...それは簡単です!

ステップ4:キック本体のピッチを変更

でもわずか2半音によりサンプリング/音声キックのピッチを変更すると、ほとんどの場合、音を減少させる。私たちのUltrabeatのキック本体がまだ合成されているので、これは問題ではありません。オシレーター1Sピッチパラメータを調整することにより、キックのピッチを変更することができます。私は、F0に地雷を下に調整した。

Adjust the pitch of your kick.

あなたの蹴りのピッチを調整します。

このような低でピッチを解読するために、その非常に難しいことに留意してください

ステップ5:発振器の音を調整します

今発振器1Sスロープ、彩度、ASYM(アシンメトリー)のパラメータを微調整を作ってみてください。ちょうどこれらの3の調整を使用すると、無限のキックのバリエーションを作成することができます。

Tweak the Slope, Stauration and Asym paramenters to your liking.

お好みに合わせてスロープ、彩度、非対称パラメータを微調整する。

ステップ6:サウンドピッチエンベロープシェーピング

さらにサウンドをシェーピングするpitchsエンベロープを調節することができます。それは直接ピッチ調整下のModのパラメータの下にそう言うので、私は、そのエンベロープ3によって変更されて伝えることができます。エンベロープ3をクリックして選択します。をクリックして、その上に保持する場合は、Ultrabeatのはあなたのを使用しているすべての場所を示しています。アタックとリリースタイムの値とその2曲線の両方を味わってハンドルを調整してください。

Adjust the pitch envelope to shape your sound.

あなたのサウンドを形作るために、ピッチエンベロープを調整します。

ステップ7:BPMにキックの長さのタイミング

あなたのトラックのBPMにキックのリリースのタイミングは、多くの場合、いくつかの生産者が見過ごされている。これは、溝の完成に向けた重要なステップである。キックを対象として曲のテンポに論理学プロジェクトのBPMを変更します。ロジックで再生を開始し、攻撃を調整し、選択のあなたのBPMで快適に感じるサウンドを得るまで、封筒4のタイムスライダー(とそのカーブハンドル)をリリース。

Change the release of the kick to suit the BPM of your track.

あなたのトラックのBPMに合わせてキックのリリースを変更します。

ステップ8:オープンEFM1とEQを追加

今すぐクリック音を作成することができます。サブトラクティブ·シンセサイザーとは異なり、そのFMシンセパーカッシブな金属音を発生させるために非常に自然。 EFM1が仕事のために完全であるのはこのためです。新しいソフトウェア音源トラックを作成し、EFM1を開きます。我々はキック体をmuddying EFM1からの低周波材料をほしいと思わない。チャンネルストリップで、EQを開くために、EQの正方形領域にEFM1の真上をダブルクリックします。 (約1000 Hzにその周波数を設定)ハイパス/ローカットフィルターを有効にし、すべての安値をスワイプ。

Filter out the low frequencies of the click sound with an EQ.

EQとクリック音の低域を除外する。

Option-ドラッグして上下EFM1トラックにキックのために作成された領域。あなたは、歌youreのためのキックを作る鍵を知っている場合、それに応じて領域内の四分音符に変更します。

Option-drag the Ultrabeat region to your EFM1 track.

あなたのEFM1トラックにUltrabeatのリージョンをOption-ドラッグ。

ステップ9:EFM1s封筒を調整

EFM1s封筒用のヘッドをまっすぐにすることができます。 、攻撃を引っ張っサスティンと全押し離します。そう、そのぎりぎりの最低位置の上ディケイを調整します。モジュレーション·エンベロープのために同じことを行う。

Create the click sound by adjusting EFM1's envelopes.

EFM1の封筒を調整することにより、クリック音を作成します。

ステップ10:パラメータを使用した実験

今、両方の高調波のノブのようなほぼすべてのパラメータを調整して、中央のFMノブ、FMデプスなど。ここにクリックの無限の供給をtheresの。曲のキーに完全にそれに合わせてEFM1sチューニングノブを使用してみてください。より顕著クリックに対して長いディケイをお試しください。ここをクリックして、そのビットを段階的に廃止のように思えるかUltrabeatのからのキック本体と一緒にプレイしたときに一貫性のないと思われる場合は、あまり心配いけない。最後のステップではよく1として一緒に2つの音をバウンス。

ステップ11:キッ​​クをバウンス

今、劇場チケットはUltrabeatのキック本体とEFM1でのクリックを作成したことを、よくオーディオの1枚として一緒にこれらの2つの音を組み合わせたい。彼らは一緒に遊ぶ音楽の単一のバーを中心にサイクルを配置します。 youveは既存のプロジェクトであなたのキックを構築してきた場合は、ソロに一緒にのみキックやクリック音を確認してください。 バウンスを選択

You're now ready to bounce your kick!

これでキックをバウンスする準備が整いました!

ステップ12:シーケンシングのためのシングルキックを選択してください

その上に、バウンスキックをソロトラックと慎重に耳を傾ける。 4キックのいずれかを選択し、はさみツールを使用して、そのyoureの1つのキックが与えられ、他の3を切り取る。この時点では、アレンジウィンドウで直接、単一のキックをシーケンスすることも、お好きなサンプル·プレイヤーにそれをロードします。サンプル·プレイヤーにロードを行うと、オーディオの新たな独立部品として再保存シングルドラムヒットするのyoullたい。あなたはキックをControl-クリックして変換を選択することで容易に行うことができます

Select one kick and convert it to a single audio file.

1キックを選択して、単一のオーディオファイルに変換します。

相続人は私が作ったいくつかのキックのサンプル、およびそれらを含有するダウンロード!追加の処理はこれらになされていないので、theyllは、EQ /圧縮のビットが聞こえるか想像した。

[オーディオID = "25179"]

ここでキックパックをダウンロードします。

Pack.zipキック

あなたは記事のハッピーキックの設計を楽しんでほしい!

Related Videos
Comments (10)

You must be logged in to comment.

  • PDXstudio
    Cool tip Darren, thanks! I also had fun using this technique and making a summing stack out of the 2 software instrument tracks. That way I maintained MIDI control over both sounds simultaneously and could experiment with how they responded to velocity. Also cool for timbral change over time (i.e. automating any of the parameters of either of the sounds throughout the course of a track, e.g. envelope decay, or slowly ramping up the volume of the click to build intensity, etc.)
    • 6 years ago
    • By: PDXstudio
    Reply
  • Darren Burgos
    Good idea regarding the summing stack! :). Glad you liked the article.
    • 6 years ago
    • By: Darren Burgos
  • DJ Micaiah
    Hey, there are THREE sliders in the oscillator. One red, one blue and one green. What are these all for again?!? I am confused as to which one to adjust and also an tips or tricks on how to opt click them to default, etc.
    • 6 years ago
    • By: DJ Micaiah
    Reply
  • Darren Burgos
    Hi Micaiah. The red is the actual value itself. You can also adjust this value directly under the word "pitch" where is shows the value like G#0. The blue slider in UB is always used to adjust how much the currently selected mod will effect the specific parameter. The green value is how much the external velocity or CC then effects the mod. Think ES2/EXS24 router ...it's really the same idea. Option clicking most parameters in Logic will set them back to their default value.
    • 6 years ago
    • By: Darren Burgos
  • DJ Micaiah
    Hey Darren, this would have been a good article to have in a VIDEO. A lot of things were not very clear to me, like what I mentioned above AND the fact that the kick was 12.9 db OVER LIMIT! So it was in the red, but you said boost it up to 10 db which put me WAY IN THE RED and you didn't mention anything about controlling hot levels or clipping.
    • 6 years ago
    • By: DJ Micaiah
    Reply
  • DJ Micaiah
    Hey Darren, this would have been a good article to have in a VIDEO. A lot of things were not very clear to me, like what I mentioned above AND the fact that the kick was 12.9 db OVER LIMIT! So it was in the red, but you said boost it up to 10 db which put me WAY IN THE RED and you didn't mention anything about controlling hot levels or clipping.
    • 6 years ago
    • By: DJ Micaiah
    Reply
  • Darren Burgos
    Hi Micaiah. We're you adjusting more parameters than the article suggests? If you follow along exactly, it shouldn't be clipping. Maybe the combination of the EFM1 is the culprit. If this is this case, simply adjusting both instrument's volumes on their channels will fix this. Also remember you can use "Overload Protection" from the bounce menu. This article is more about getting you excited about designing kicks with UB, rather than giving specific mixing advice.
    • 6 years ago
    • By: Darren Burgos
  • DJ Micaiah
    Oh ok. Thank you for responding so quickly!
    • 6 years ago
    • By: DJ Micaiah
    Reply
  • Erick Valerin
    Yo Darren. How come my kick sounds totally different after I bounce it ?
    • 3 years ago
    • By: Erick Valerin
    Reply
  • Pigudaa
    Hey Erick. Really? Should sound identical if your bouncing it. Volume maybe of the track you put them on after bouncing. Match the volume be ear and tell me if they still sound different.
    • 3 years ago
    • By: Pigudaa
Mixing EDM Tracks
Logic Pro X 406
Dream It. Do It.
Do you want to learn Mixing EDM Tracks?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: