All Articles Logic Pro
Logic Proの中の固定ドラム(Beat Detectiveのスタイル)
Mike Watkinson on Wed, August 10th | 2 comments
Fixing the timing of recorded audio, especially drums has fast become an essential staple for digital musicians and producers. But how can you mimic Beat Detective in Logic Pro? Is it easier in Logic?

前回の記事では、学んだ


ステップ1 - 使用可能なセクションへのオーディオを分割

このタスクは、プロジェクトが意味のある音楽的なチャンク(詩、コーラス、等)に分割し、通常これらは、4,8または長い時々16小節かされている場合に対処する方がはるかに簡単です。そこにLogic Proのでこれを行うにはいくつかの方法は、おそらくcrudestはすべての地域( コマンド )を選択し、はさみツールを使用している、ですが、ここにあなたの視力にあまりを依存しているメソッドは、次のとおりです。

すべての地域のSMPTE位置をロックします。これは、ステップ2、不注意なマウスの動きの影響を避けるために、その良いアイデアまで、厳密には必要ないですが。したがって、すべての(コマンド- A)とローカルメニューから地域を選択する]を選択します

You can also access the Lock SMPTE position command by right clicking on selected regions.

また、選択された領域を右クリックしてロックSMPTE位置コマンドにアクセスできます。


地域でのマーキーツールでクリックし、他のドラムトラックにマーキーの選択範囲を拡張するためにドラッグします。


ロケータまたはマーキーの選択によるリージョン/イベントを分割するコマンド\を使用してください。"


あなたが割る前に地域​​をロックされている場合は、後続のすべての部門がロックされた領域になることに注意して下さい


ステップ2 - 各セクションのテンポを設定します。

ドラマーは、クリックトラックにプレイしていないかどうか、ローカルテンポは予想テンポから(または大きな)若干変化することが考えられます。各セクションの開始は、次のように、各セクションのテンポを発見するために必要な適切なバーの最初の拍に正面から入ることにするために:

すべての地域が彼らのSMPTE位置がロックされていることを確認してください。ない場合は、すべてを( コマンド )を選択し、ローカルメニューから地域を選択してください

選択された領域の意図した長さ(棒とビートで)にサイクル領域を設定します。それは、サイクル領域が別の方法で作成するすべてのテンポが同じになる意図した長さではなく、各セクションの実際の長さに設定されていることを非常に重要です!

[オプション]を選択します

地域は、右プロジェクトの非常に先頭にある場合は世界的に選択する、それ以降の領域は、作成を選択するため

Tempo drift.

テンポのドリフト。


イーグル鋭い読者は、Pro Toolsのトラック版Beat Detectiveを(ロジックにポイント?)を使用して比較プロセスではなく、ここで以下のステップがあることを見つけるでしょう。また、ロジックはので、地域のSMPTE位置をロックする部分が地域の時に周りに滑り始めるいけないことを保証する、ティックベースとサンプルベースの​​トラック(Pro​​ Toolsのとは異なり、ロジックは常にティックベースの場合)との間の選択肢を提供していませんあなたは、テンポを変更してください。


ステップ3 - それぞれのリージョンに別々のそれぞれの過渡イベント

プロセスのこのステップのために我々は、ビートトリガーによって探偵の分離をビートするのと同じロジックの長所を見つける必要があります。

まず、ビートマッピングのトラックを(それがすでに表示されていれば)表示するグローバルトラックを設定します。

Configuring the Global Tracks to show Beat Mapping.

ビートマッピングを表示するにはグローバルトラックを設定する。


(単語のビートの左側に)表示三角形をクリックして、ビートマッピングのトラックを展開

過渡解析は、以前にオーディオ上で実行されていない場合は、アレンジ領域でリージョンを選択したときには一時的なマーカーは、ビートマッピングのトラックには表示されません。このような場合はビートマッピングのトラックヘッダで検出ボタンをクリックします。は、Detectボタンをクリックする前にそれらを選択することにより、一度にすべての地域でこれを実行することができます。

Transients detected and showing up in the Beat Mapping track.

トランジェントが検出され、ビートマッピングのトラックで、最大表示。


分析が多すぎたり少なすぎたりマーカーを作成する場合はクリックして、彼らの数を調整することができます と - ビートマッピングのトラックヘッダのボタン

キーボードショートカットを設定する必要が検出された各過渡で領域を分割するので、(Logic Proのをキーコマンドウィンドウを開きます

コマンド一覧の過渡マーカーでスライスを選択すると、キーコマンドの組み合わせが既に使用されているものを回避しようと入力し、Enterキーラベルで[学習]をクリックします。 "キーラベルで学ぶ選択を解除し、キーコマンドウィンドウを閉じて完了

すべての地域を(ビートマッピングのトラックだけ一番上のトラックからトランジェントマーカーが表示されていることに注意)を選択し、トランジェントマーカーでスライス用に、カスタムキーコマンドを押してください。各地域は、独自の一時的なマーカーに応じて分割されます。

Selected regions divided at detected transients.

検出されたトランジェントで分割された領域を選択する。


ステップ4 - 領域をクオンタイズ

すべての作成されたリージョンが選択されている状態で、ツールバーに移動し、リストのボタンをクリックします。

With divided regions selected, choose the appropriate quantise value in the Event List.

イベントリストで適切なクオンタイズの値を選択する。


注:SMPTEロック領域は、マウスでドラッグすることを妨げるが、それでも、イベントリストで量子化することで自分の位置を変更することができます。

イベントリストでクオンタイズ値の完全なリストへのアクセスを許すことは、ロジックをここにはPro Tools上の別のポイントを与えるかもしれない!


ステップ5 - ギャップを埋める

まだ選択された領域は、ローカル地域を選択して

Trimming the region ends to the next region.

領域をトリミングすると、次の領域に終わります。


この操作によって明らかに不要なオーディオに耳を傾ける。

あなたが、その後、各領域の境界でクロスフェードを追加しても選択された領域で、インスペクタでリージョンパラメータボックスに移動し、アウトからクロスフェードにフェードタイプを変更したい場合は値、その後、少し右に移動し、クリック&ドラッグ30のようなものに上向きに

Choosing ‘X-fade’ in the Region parameters.

地域パラメータにクロスフェードを選択。

Crossfades added at all region boundaries.

クロスフェードは、すべての領域の境界で追加された。


ロジックでオーディオとMIDIのチェックアウトでの作業にビートマッピングと高度なヒントを表示するにはスティーブHのロジックのマスタークラス-ロジック201


Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Bisipao
    This is a great tutorial but is it pre Logic 9 ? Is it now easier with flex time? What is the advantage of doing it this way?
    • 7 years ago
    • By: Bisipao
    Reply
  • thirdspace
    That's a great question, and yes you could do this pre Logic 9. You can also use Flex to perform this task, and it might be faster once you are familiar with the routines, but the results are slightly different. When you use flex the audio in between the transients will be time compressed or expanded when quantised, potentially altering its phase coherence with other tracks - something that is relatively important with multitrack drums when trying to maintain audio quality. Asd always there are pros and cons to each method! Look out for a tutorial on this very subject in the near future - I will make sure I include this important point... Mike
    • 7 years ago
    • By: thirdspace
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: