All Articles Logic Pro
どのようにベストLogic Proのにバスのチャネルを使用する
Peter Schwartz on Tue, July 26th 8 comments
Logic is infamous for its complexity as well as its flexibility when it comes to routing. In this quick tutorial, Master Logic composer and trainer Peter Schwartz delves into the dark side of Busses.

よくベテランのLogicユーザに知られているが、相対的な新来者におそらくそれほどではないのチャンネルストリップのタイプが存在する。そしてこのチャンネルストリップは、環境に入ると...今、秒を待つ以外の方法で作成することはできません。単語"環境"は恐怖であなたをいっぱいになるので、この記事から離れた場所でクリックしようとしていますか?まあ、私は秘密を任せる:あなたはあなたが環境を操作しているロジックのプロジェクトを作成し、各と毎回ことをご存知でしたか?

うん、これは本当の話だ。彼らは正式に呼ばれるかのように、インスペクタに表示チャンネルストリップやミキサーのページでは、すべての環境"オブジェクト"です。すべての種類(プラグインや外部MIDI)とauxesの楽器も、環境のオブジェクトです。そして、あなたが(自分をかっこ)、それらを作成するために環境へ行かなければならないという理由だけでそれは素っ気ない態度を与えられるべきではないというように非常に有用であるこの1つの特定のオブジェクト、バスチャンネルは、あります。本当に、それは行うことは、とても簡単です。ので、環境のウィンドウを開いて深く、リラックス呼吸を取る、とバスチャンネルの作成方法を調べるために上に読み込むことの思考であなたのマウスにあなたの指の爪を掘り止めてください、と同様のタイプにいくつかの洞察を得るためにコントロールの彼らが提供しています。


モンスターを作成する

(怖いではない)環境のウィンドウを開き、それが選択されていない場合メニューからミキサーのレイヤーを選択します。次に選択:

Creating a Bus Channel from the Environment's 'New' Menu.

図1:環境の"新規"メニューからバスのチャネルを作成する。


おっと、図1にメニューに見られるように"バス"の命名法があなたをaboveconfuseせてはいけない。この操作を実行するときには、バスを作成していない。そのメニューを逆方向に働くには、バスのチャンネル(ストリップ)を作成しています。そして、それは疑問が浮かびます...


バスチャンネルは、バスと同じですか?

NOPE。バスは、1つのチャンネルストリップ(ソース)から別の(目的地)へのオーディオ信号を送信するために使用される仮想ワイヤのようなものです。バスチャンネルは必要に応じて、後述するすべて、バス自体にエフェクトを挿入、追加、レベルを制御するために使用しています。しかし、最初に、Logicのツアーバスをよく見て継続してみましょう。

ロジックは、64永久的なツアーバスがあり、換言すれば、それらのすべての64は、常時使用可能です。彼らは、チャンネルストリップとauxesのように個別に作成する必要はありません。あなたがクリックすると送信新たに作成するために送信スロットを保持するたび、あなたはツアーバスの一覧を見ることができます。どうしたのだ?ツアーバスのリスト!デジタルまたは仮想の"線"。オーディオ経路。

The Bus Menu.

図2:バスメニュー。


あなたの送信のためのバスを選択した後、Logicが自動的にAUXを作成し、そのバスの出力が自動的にAUXへの入力として選択されます。 、AUXにエフェクトプラグインを追加するセンドを上げて、そしてあなたは今AUXにこの仮想線を経由して元のチャンネルからの信号をタップしている。シンプルそのもの(図3を参照)。

Figure 3: Bus Signal Flow from Send to Aux.

図3:補助に送るからバスの信号の流れ。


図3に、送信から信号のレベル(0 dBに設定)にもAuxチャンネルストリップにどのように反映されるか、注目してください。我々は先の信号のレベルがソースからの信号のレベルを等しくこのような状況を記述するための用語"ユニティーゲインを"、使用してください。

結論:ツアーバスは、ユニティゲイン、すなわち、レベルを変更せずにソースからデスティネーションへの信号を運ぶ。我々は-6 dB、言う、送信のレベルを下げていた場合、AUXのレベルメーターは、同様に- 6dBのを反映している。再び、ユニティゲイン。または、それを別の方法で、"送信元から宛先までのレベルには差を"置くこと。

ただし、そのバス上の信号の全体のレベルを変更したい、またはバスに沿って流れるすべての信号に共通の効果を追加する可能性もあります。そしてそのような状況が発生したとき、バスのチャンネルは、救助に来て!


モンスターを飼いならす

バスチャンネルは、バスの出力のボリュームコントロールで、これも直接バスにエフェクトを挿入する方法です!図4に我々は、信号の流れから始まり、いくつかの興味深いものを参照してください。バスチャンネルは、バス自体が、終了、または出力に配置され、ここで我々はそれがバスのためのボリュームコントロールとして機能して参照してくださいされています。

Figure 4: Bus Signal Flow with a Bus Channel Added

図4:バスのチャンネルとバスの信号の流れが追加されました。


チャンネルストリップでセンド1から発せられる信号が0dBのレベルですが、バスのチャンネルのフェーダーは-7.3 dBにそれを軽減。このレベルの減少は、バス1の信号のための究極の目的地のレベルメーターに反映されます。

彼らはまた、音声や楽器音のグループのマスターグループまたはトリムコントロールとして使用できることを少し、感謝の概念を含むバスのチャネルのための多くの非常に有用なアプリケーションがあります。このアプリケーションは単独では、トラックのオートメーション機能のロジックのパレットから欠落して長い人気の"トリム"機​​能を提供します。とすべてのチャンネルストリップのように、バスチャンネルを自動化することができます。

私はこの短い記事は、バスのチャンネルを使用しての可能性にご関心を刺激している願っています。あなたがより多くを学ぶためにしたい場合は、あなたの質問を投稿してくださいMPVのロジックのフォーラム記事の最後にここにか。より多くの航空券私に知らせて、私はバスのチャネルに別の、実世界のアプリケーションを示すフォローアップ記事を行います。

その間に存在するロジックについて学ぶために全体の多くは、だ、とあなたはこれらをより知ることができるロジックのビデオチュートリアルを

Comments (8)

You must be logged in to comment.

  • JB
    I know this is a very old post, hoping you're still monitoring as I found this article very informative and am intrigued by the possibilities of using a Bus Channel object. Can I assume that the main scenario in which you'd use a bus channel object to control things like EQ and gain is when a bus is going to several different auxes that require the same pre-treatment, as opposed to just one submix (in which case you could just insert your trim control or EQ at the top of an aux's inserts and have the signal flow through to the aux's intended target FX afterwards)? I imagine that this would cut down on CPU usage and save time creating the same EQ/trim controls for each aux track. Could you please let me know if I'm missing out on some other obviously beneficial application? Thanks!
    • 2 years ago
    • By: JB
    Reply
  • Rohogay
    Great points Peter, as always brilliant. I really am more inclined now after reading to change my template and create the group master buss channels for all my groups then before reading this. I hope that makes you feel complete! Ha ha Seriously, working with logic's enviroment is like working with those electronic kits form Radio Shack as a kid. You can create anything it seems!
    • 7 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
  • Loonaverse
    Thanks, Peter! Can you please elaborate more on the various applications with Bus Channels? Also, is it possible to have the Bus Channels appear in the Mix Window? If not, how do you suggest to use the Environment as Mix window to optimize workflow and flexibility? Thanks!
    • 7 years ago
    • By: Loonaverse
    Reply
  • Peter Schwartz
    Thanks for your replies guys! Mojave, definitely -- using busses as groups is a perfect use for them. Also glad to know that there's another soul out there who used to buy those Radio Shack kits! Geo.8, Bus Channels will appear in the Mixer window just like other channel strips. All you have to do is enable the "bus" button in the top right-hand area of the Mixer window 'frame'. Regarding the Environment mixer layer, that's pretty much my go-to window for mixing. Or, to put it another way, I use the Mixer window pretty sparingly. There are 1000 reasons why, with one of them being a matter of personal preference. I couldn't live without the ability to re-arrange the position of channels and other objects in the Environment mixer layer to suit whatever it is I'm doing. And because my Environment mixer layer is displayed on a monitor that's rotated 90º (page orientation) so I can see way more on the screen at once. Finally, in terms of additional applications for Bus Channels, I'll post about that a bit later.
    • 7 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • Loonaverse
    Thanks Peter! Can't wait to read your next tips!!
    • 7 years ago
    • By: Loonaverse
    Reply
  • Peter Schwartz
    Looks like a follow-up article on bus channels is in the cards. Stay tuned!
    • 7 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • lostnthesound
    Peter, you just blew my mind completely as I'm one user who has been treating an Aux with a Bus input as a bus channel (face palm). Cheers.
    • 7 years ago
    • By: lostnthesound
    Reply
  • Tekemou
    Ski, would be really cool to see how you organize your environment layer for mixing. Could you post some screenshots?
    • 7 years ago
    • By: Tekemou
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: