All Articles Logic Pro
ロジックでオーディオファイルからテンポやマーカーの情報をインポートする
Mo Volans on Tue, December 27th 2 comments
The age of the internet has brought with it the ability for musicians to share and collaborate remotely. Mo Volans finds out the ways that Logic Pro can help when exchanging audio files with others.

別のロジックのユーザーと協力している場合は間違いなくマシンとスタジオ間でオーディオファイルを渡すことがyoullの。多くの場合、一方の当事者がコンセプトで起動したときにテンポ、拍子や構造は、他の当事者に不明です。

もちろん、あなたが携帯電話と中継でこのすべての情報を得ることができる、ロジックでそれを再構成し、元のオーディオに非常に似て何かを得る、またはあなただけのロジックスのメニューシステムに隠されている便利な機能のいくつかを使用することができます。 HERES方法...


オリジナルファイルは、エクスポートされる

ですから、テンポの変化、そのアイデアのビットを持っていると同僚に送信するときは、確かにデータのこれらの重要なチャンクを失うほしくないインチ種々のマーカーを持っていると言うことができます。

私はこれらすべての要素を持ってプロジェクトを嘲笑している下記のショットから見ることができます。そのちょうど繰り返しループを与えられているが、私はすべてのテンポの変更をしたいとマーカーはそのまま維持すると私の友人のマシン上で再現される存在。

A mocked up project with tempo changes and markers

テンポの変更やマーカーを使用してプロジェクトを嘲笑


最初のyoullのアップAIFFファイルにトラックをエクスポートする必要があります。この時点であなたは本当に異なって何もする必要はいけない。ちょうどあなたがあなたの選択のマーカーとテンポの変化のすべてを取り込むことを確認し、通常どおりにエクスポートします。魔法の大半は、もう一方の端で発生。

Exporting the track as usual

いつものようにトラックのエクスポート


インポートされたオーディオからテンポのデータの抽出

私たちのオーディオとすべてのその有用テンポやマーカーベースのデータがファイルに刻印されているエクスポート。ロジックに戻って、ファイルのこの種を持って来るときに余分なデータが抽出できることをいくつかの方法が実際にあります。今これらのメソッドを見てみましょう。

オーディオファイルからテンポのデータを抽出するための最も簡単な(と私の好みの)方法は、画面上ではファイルをインポートするときにそのロジックが親切に提示するプロンプトを使用することです。テンポやマーカーのデータが検出された場合、それを使用する場合、ロジックかを尋ねられます。単に[はい]をクリックして、必要なものすべてはあなたの新しいプロジェクトに追加されます。

Logic asking if we want to use the imprinted tempo data

我々が刷り込まれたテンポのデータを使用したい場合にロジックが求め


And the same for the marker data

マーカーのデータ用と同じ


私は、エクスポートされたと見ることができるようにすべてが完璧に持って来られたファイルと私の新しい空のプロジェクトでこれをした。私は同じ結果でそれを再生し、これは協力者に非常に貴重でしょう。

All our info is intact in the new project

すべての私達の情報は、新しいプロジェクトで無傷です。


The tempo changes can be seen clearly in the the list view

テンポの変更は、リストビューではっきりと見ることができます。


また、手動でこのデータを持って来るために、[オプション]メニューの下にマーカーとテンポのセクションを使用することができます。これは、古いプロジェクトからすでにインポートされるファイルまたはファイル用に便利です。

Manually extracting tempo data

手動でテンポのデータを抽出


And markers

とマーカー


マーカーやその他のデータ

ここでも、マーカーのすべてインポートすることができる、そのだけでなく、テンポの情報を忘れないようにすることができます。これは、配置されているプロジェクトを参照するか、さらにどのトラックが変更されるべき正確にどのように別のパーティを示すために最適です。

あなたのトラックで拍子を変更する(私の例ではどれもなかった)を計画している場合、また、あなたのファイルでこれらを保存することができますし、それらが滞りなく翻訳する必要があります。他のすべてのインプリント情報と同様にこれも手動で抽出することができます。


Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Paul Mcdermott
    Thank you. I love this feature. Do you know if it is possible to do this exporting from Logic but going to Live? Thanks
    • 2 years ago
    • By: Paul Mcdermott
    Reply
  • Rohogay
    Super useful!
    • 7 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: