All Articles Logic Pro
ロジックでコーラスエフェクトを作成する5つの方法(パート1 / 2)
Rounik Sethi on Sun, March 21st 3 comments
Sometimes even the best vocal line or guitar part can sound thin or weak in a mix. Traditionally, for vocals, adding more singers singing the same melody or recording multiple takes by the same sing

時には最高のボーカルラインやギターのパートがミックスに薄いまたは弱い鳴らすことができます。伝統的に、ボーカルのために、より多くの歌手は、複数の同じメロディや録音を歌って追加すると、同じ歌手がかかる音を豊かにし、パフォーマンスへの存在感と奥行きを追加することができます。長年にわたり、コーラスのエフェクトペダルは、ダブルトラック効果(2人のプレイヤーがユニゾンで演奏)以上風変わりで素晴らしい、輝く豊かでさらにサイケデリックなサウンドを作成するギタリストによって使用されている。

コー​​ラスエフェクトは、原音を再作成することにより、元の信号を倍増させ、遅延させることによってわずかに異なる音色やピッチで動作します。 Logicでトラックにコーラスエフェクトを追加するには、いくつかの方法を探ってみましょう。ここで基本的な原理は、どのDAWに適用することができます...

ボーカルのJam Packライブラリからソフィーメロディ04:私は、Apple Loopsを使用することにしました。


方法1 -重複と遅延

オーディオトラックを複製し、重複したトラックにオーディオの領域をコピーします。これは基本的に音量を上げるとするので、両方のオーディオチャンネルか、またはアウトプットチャンネルのレベルを調整することを確認してください。

ループの1つを選択して、地域のインスペクタでは" ディレイ "パラメータが表示されます。少数の単語を" 遅延 "と型の右側に空の空間にダブルクリックします。 '5'を実行して 。 Enterキーを押します。

小さな遅延が微妙なコーラスエフェクトを作成します。私は1から10までの値を使用する傾向があるが、別の遅延値は非常に多様な効果を作成する方法を探索することができます。


方法2 -コーラスプラグイン

これは、方法1に加えて、よりのように本質的に同じことを行います。 コーラスエフェクトは元の信号を遅延し、変調または遅延信号とそれを混合しているので、トラックや領域を複製する必要はありません。ロジックのコーラス効果はタイミング遅延の量を決定するためにLFOを使用して、ドライと処理された信号の強さミックスを増やすことができます。

チャンネルストリップのインサートエフェクトとしてコーラスの効果を置きます。この例では、私は同じようにドライと処理された信号をミックスし、50%にミックスの値を設定することにしました。

私は私の目的は、ボーカルを厚くし、ユニゾンで実行する複数の署名者の感情を追加するには、そのまま"さえずるような"効果を避けるために11%に強度を設定している

最後に、私は5Hzに" 速度 " 設定している。これは、このように遅延量とピッチとタイミングエフェクトを定義します。それらの相互作用と音にどのような影響を与えるかの感覚をつかむために強さ速度のレベルを調整してみてください。

より豊かなサウンドが欲しい? アンサンブルのインサートエフェクトをチェックしてください。これは、8つのコーラスのエフェクトを可能にし、真剣にあなたの元の信号を厚くすることができます!


方法3 -ペダルボード

ロジック9の新は、アンプとペダルのセクションでペダルボードのプラグインです。ペダルボード内の2つの有用なコーラスエフェクト"レトロコーラス"と"天のコーラスは"です。どちらも、あなたがギタリストであるかどうかチェックアウトする価値がある。 "レトロコーラスは"非常に微妙なコーラスエフェクトに最適です。あなただけの速度と深さのためのシンプルなインターフェースを持っている。

天のコーラスは、多くのオプションが用意されています。モジュレーションの速度は、Logicのテンポに同期するかを自由に実行することができます。遅延がオリジナルと処理された信号間の遅延を設定します。 0%に設定した深さにはほとんど効果をバイパスするようなものです。 100%、私たちは本格的なコーラス効果がある!フィードバックはどの程度処理された信号の入力にフィードバックされるかを決定します。これは、いくつかの非常に興味深いさらに変調する可能性があります。最後に、高い周波数を強調するために明るさのスイッチがあります。

第2部では、我々は、Logic ProのDelay Designerを使用して多様で素晴らしいコーラスとハーモニーエフェクトを作成する方法を探索します...

Comments (3)

You must be logged in to comment.

  • Kyjocuy
    The "Rate" control in the chorus (and other LFO-using plug-ins) is set to 5Hz, not 5KHz, and refers to the frequency of the LFO cycle. In other words, at 5Hz, you get five cycles of LF modulation per second. In this case LFO drives delay time, so the delay time of the chorus half of the signal varies from minimum to maximum five times per second. Regards, Steve
    • 9 years ago
    • By: Kyjocuy
    Reply
  • Kyjocuy
    OOOPS! I mean the rate setting in the pic above (the chorus plug-in). Also, when using the delay trick in method 1, don't forget you can use negative numbers too...this gives pre-delay, if you know what I mean. This can add interest.
    • 9 years ago
    • By: Kyjocuy
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks for spotting that Steve. Was meant to read 5.000Hz or 5Hz. I've amended the article :-) Yes, negative delay numbers for a 'pre-delay' effect can work great too!
    • 9 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: