All Articles Logic Pro
Logic Proの:新体操ゲート効果を作成する
Gary Hiebner on Tue, February 14th 1 comments
If you've sat on the fence (sic) when it comes to gating, Gary Hiebner is the perfect Logic expert to talk to. In this article you'll learn how to get creative with gating and stuttering effects.

我々は見て前回の記事でゲートシンセ·サウンド 。あなたが見たように、非常に興味深い結果は、オーディオファイルを単に作業とそれらを操作していたことができます。私はさらに、このビットを取って、あなたも興味深い結果を作成するためにビートとループにゲーティング技術を使用する方法を表示されます。私はロジックで作業されますが、これらのテクニックは、どのDAWに適用することができます。


ステップ1は、ループを見つける

我々が最初に仕事をしたいビートやループを見つけてみましょう。私は、Appleループライブラリからドラムドラムンベースのビートを使用しています。私は、Apple Loopsのブラウザからドラムンベースフローティングビートで働いています。私は、ソフトウェア音源として、このループを開いているし、下にオーディオをバウンスしているので、私はオーディオファイルで作業することができます。

DnB Loop


ここでループが我々はそれを編集を開始する前にのように聞こえるものです:

[オーディオID = "11231"]


ステップ2はそれをカットし、それを引き戻す

のは、このループをカットしましょう​​。最初に私は半分にループを切断するはさみツール(ESC-5)を使用しています。後半はゲートになりながら、ループの最初の半分は、そのままされます。

Cutting the loop


今、私は1/32のセグメントに、ループの後半をカットするつもりです。はさみツールを使用して、Optionキーを押しながら

Equal slices


私は、次のセグメントを選択し、それらを削除しました。

Deleted slices


今残っているセグメントを選択します。トリムツールを使用して、領域をバックトリム。バックセグメントをトリムするには、サウンドファイルの右下隅にマウスポインタを保持します。これは、オーディオのビットをバックトリムすることができますトリムツールにポインタを向けるだろう。あなたは、Controlキー押してあれば、より細かい刻みに戻ってトリミングすることができます。これは私が後は午前ゲート効果を作成します。これは、これらの壊れたスタイルのドラムンベースのビートを作成するにはドラムンベースで使用されている同様の技術です。

Trimmed and cut

[オーディオID = "11232"]


ステップ3は、手動ゲート吃音を作成します。

あなたはミックスの中で他の楽器にも同じ手法を適用すると、これらのゲートビートは本当に自分自身に入って来る。私はシンプルなシンセ·ベースラインを書いて、それまでと同じ正確なカットやトリムを適用している。

ここでベースラインは、私はそれをカットし、門の前のように聞こえるものです:

[オーディオID = "11235"]


今はここでは、どちらもゲートされた後、それがミックスの中で2つの要素を持つように聞こえるものです。

Loop with bass

[オーディオID = "11233"]


4ゲートどもりビーツステップ

ビートが繰り返され、どもりの編集プラグインは今すべての激怒である。確かに、あなたのオーディオチャネルにこれらのプラグインのいずれかをスローすることができます。しかし、時にはそれ以上のコントロールを持っており、ゲート吃音が手動で編集を適用することをお勧めします。ここでは、BTとTrifonicトラックで聞いたようなあなたのループの同じゲート効果を作成する方法です。

私が前に働いていた同じループを使用しています。半分にループをカットします。その後、ループの後半で第一1/32後のループの残りの部分を切り取る。

Loop Stutter


今すぐ次のステップは、運と試行エラーのビットかもしれません。サンプル:にスナップ設定を変更します。私は、次の手順では、グリッドに準拠したくない。

Snap setting


私は、ループの残りの部分を越えて1/32をコピーしたい。最初のコピーの間のギャップは小さくなります。しかし、各セグメント間のリージョンをコピーするたびに容量を増やします。ここに私のループがどのようなものです。

Snapped to the grid


あなたが聞くことができるとして、その類似のスタッター効果を作成しますが、今はオーディオセグメントを介してそれをより細かく制御する必要があります。

[オーディオID = "11234"]


私は再びベ​​ースラインに同じゲー​​ト技術を適用している。

ここでは、前述のゲート効果と私は説明したゲートスタッター効果を持つように聞こえるでしょうものです。それはターンテーブルが低下したときのように単純な効果を作成聞くことができます。また、ピッチが低下しないことを除いて同様にドップラー効果に似ています。

あなたは、トラックは、それが同様に逆をやっていないスピードアップされているように聞こえる逆の効果を適用することができます。地域間に大きなギャップが起動し、ギャップを小さくすることを開始します。

[オーディオID = "11236"]


結論

これらのゲートの技術は、スパイスアップあなたのトラックを実際にすることができます。それは少し静的に聞こえるかもしれないあなたのビートに命を与える。あなたはミックスの他の要素に類似したゲート技術を適用すると、それは実際にミックスでかなり目立ってきを開始します。

あなたの未来の作品にこれらのテクニックを試してみて何を得る結果が参照してください。あなた自身を驚かせるかもしれません。


Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Jupygou
    Good stuff Gary! Thanks for the tips!
    • 7 years ago
    • By: Jupygou
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: