All Articles Logic Pro
Logic Proのチュートリアル:スコアセット、パート3
Peter Schwartz on Wed, July 13th | 0 comments
In this third and final article in my series on Score Sets in Logic Pro, we're going see how Score Sets can be used to create two different score displays from the same parts in the arrangement.

のスコアのセットで私のシリーズでは、この目と最後の記事でLogic Proを 、我々は、スコアのセットが配置内の同じ部分から二つの異なるスコアの表示を作成する方法を参照してつもりだ:フル指揮者のスコアと、セクションのスコア。我々はまた、スコアにそれぞれの楽器に名前を付けるために私達が持っているオプションについて見ていくつもり。

読んでこのスコアの最初の部分をロジックここにシリーズで設定し、 ここで後編


キューオーケストラ

図1では、我々はコンサートピッチ(Cスコア)の短い過渡的なオーケストラキューのスコアを参照してください。完全導体のスコアは11"X17"紙(タブロイドサイズ)用にフォーマットされ、そしてこの記事のために私は意図的に動的なマーキングやその他の表記法の多くは、画面上で可能な限り読みやすいようにスコアを作るために削除しました。

Figure 1

図1


先へ進む前に、(図2を参照)私のアレンジのページを見てみましょう。トラック1以降の楽器の音の割り当てが既に風、そして真鍮、TIMP、パーカッション、最後に、文字列で始まる、スコアの順序に対応します。したがって、この場合には、スコアのセットを使用して部品を並べ替える必要がなくなります。しかし、我々はまだ他の目的のために設定されたカスタムスコアを作成するつもりです。を読んでください!

Figure 2

図2


フルスコアのスコアのセットの作成

図3に我々は、私はこれらの部分から作成されたセットの詳細を示す、スコアセットエディタを参照してください。以前の記事で説明したように、私は配列にすべての領域を選択し、新しいスコアエディタのウィンドウを開いて、このセットを作成しました。私は、"フルスコア"にこのセットを改名。非常にオリジナルにはないと思う?

Figure 2

図3


アイデンティティクライシス

楽器名:私たちがアレンジページに参​​照し、私たちがスコアで見る間にいくつかの興味深い相違が、しかし、そこに残る!あなたのようなトラックのヘッダの2列目で見られるチャンネルストリップの名前を持つ指揮者のスコアに示されている名前を比較すると、彼らはすべての試合をしないことがわかります。

何が違いを占めている?調べてみましょう!

エディタでは、2つの列に、"フルネーム"と"ショートネーム"を参照してください。そして、あなたはスコアのセットを作成するときに、Logicが自動的にフルネーム柱リアルタイムの節約のためのチャンネルストリップの名前を採用します!必要に応じて、しかし、これらの名前は、変更することができます。と私は欲望そのようにした、とここでは手順です:

[氏名]列の楽器の名前をシングルクリックで起動します。ロジックは、図4に示すように"@(参照)"の不可解な表記法を、表示されます。一見するとこれはバグのある種のように見えるかもしれないが、それだけでロジックがそのインストゥルメントのデフォルトの完全な名前として、チャンネルストリップの名前を使用していることを示しています。使いやすさであなたの心を設定するには、"@(参照)"訳の分からない言葉が一日目頃から活動しており、これはあなたがこれを参照するときにそのロジックが出てひどく神経質にされる心配する必要はありません。

Figure 4

図4


あなたはそれがスコアに表示するのと同様に、この時点では、単に新しい名前を入力する。 "2本のトロンボーン"に - この場合、私は"3 TB 1"からトロンボーンセクションの名前が変わってきた。あなたが完全な名前をもう一度変更したい場合、あなたは、もはや"@(参照)"表示を見ていないことに注意してください。ただし、元のチャンネルストリップ名にフルネームを復元したい場合、単純に引用符なしで、"@を(参照)"を入力します。

命名に関するいくつかの追加の細かい点:

スコアセットエディタで名前を変更する楽器の氏名の後にチャンネルストリップの名前を変更すると、カスタム入力した名前には影響しません。

あなたがスコアセットエディタの[フルネーム]を変更すると、それは、順番に、チャンネルストリップの名前を変更されません。そして我々はまもなくこの一方向の動作の利点を見ることができます。


私はマイマインドを変更することが許さよ、私はしないですか?

スコアを妊娠中ですが、前にどんな音楽を書き込むために、私はもともと私のトランペットとトロンボーンの部品のためのチャンネルストリップを与えた名従って、2トランペット、3テナートロンボーンのために書くことを覚えていた。最終的にしかし、私は1つ以上のトランペットと1つの'未満の骨を使用することを選んだ。新しいインストゥルメンテーションを反映するように私のチャンネルストリップの名前を変更するのではなく、私はトランペットと右のスコアのセットの"骨(他の中で)の名前を変更。今、不思議に思っている可能性があります、それはおそらく何とかbetterto、チャンネルストリップの名前を変更し、それらの名前が自動的にスコアの完全な名前で表示される代わりに、エディタ自体の名前を変更することのセット持ってeasierorれているでしょうか?その質問に答えるために、物事が演奏するか見てみましょう...

もし私がこの配列から生成された唯一の得点は、私が部品の名前を変更した指揮者のスコアは、そのうちの一つ"一六、他の半ダース"な状況になるだった。結局のところ、名前を変更すると、どこかに行われなければならない、と私はチャンネルストリップ名、スコアのセットでそれらをしない変更することを選んだだろう。私は私の音楽を知っているこの時点で、そのチャンネルストリップの名前自体は計装を反映持つことは私のそうでなければ通常は知識をひけらかすの懸念の少なくともなります。さらに、我々の目的のために、このような状況は、エディタで既定の[フルネーム]を変更することの一方通行の性質を示しています。

結局のところ、私は私は違う真鍮のパーツに名前を付けることを決めたとなる私の契約者第二、ブラス専用スコアを準備するために必要、そしてそれで勝負が決まったかはここにあるのです...

私のオーケストラの請負業者は、彼が特定のプレイヤーを推奨する前に部品の声域を評価することができるように真鍮のみのスコアを見てみたかった。私は彼に真鍮のスコアをメールで送信できれば、我々は21世紀に住んでいることなので、自然に彼は尋ねた。 "もちろん!"、私は"私は私が行うことができますが、ロジックを持っている...何を!"私の心奥に考え、彼に言っただから私は、その作成については行ったか見てみましょう。


"セクションのスコアを"作成

前述の自動スコアセットの作成テクニックを使用して、私が手配ページの真鍮の部品のすべてを選択し、スコアエディタのウィンドウをオープンしました。 Voil、ロジックは、私は"ブラス"と改名新しいスコアのセット(図5)を作成しました。再び、非常にオリジナル。

Figure 5

図5


今、指揮者のスコアは11"× 17"紙用にフォーマットされていたことを思い出してみましょう。請負業者は、しかし、私は彼に彼が(私の英国の同胞とsistrenにA3のようだと)通常の8.5に"× 11"用紙をプリントアウトできるようなものを送っていました。しかし、私はthisby用紙サイズを変更していないときにロジックの管理ページで、スコアのSetupthe全体的な割合が変更されました。その結果、そのような"旅館。トロンボーン"と"3トランペット"のような名前のいくつかは、左余白に多くのスペースを占有することになったとスコアが見難くなる。私はこの真鍮のみのスコア(図6)の外観を向上させるために、いくつかの楽器の名前は短縮することを決めたこれを修正するには。

Figure 6 - a brass section score derived from the full arrangement

図6:完全な配列から派生したブラスセクションのスコア。


nmsをSHRT

楽器名の省略形は、多くの場合、最初のページに続くスコアのページにスタッフの横または上に表示され、ロジックはこの目的のために"短い名前"機能を提供します。我々は図で見たように1端子導体のscorethe全体のキューは、単一のタブロイドのページにうまく収まる。しかし、それは木管楽器の終わりとブラス、パーカッションと文字列の残りの部分は、入力した時点で休憩を作り、2つのページとしてそれをフォーマットするとよいかもしれません。我々は(図7)下記参照として私は、スコアのセット(図3)に入力された短い名前は、スコアの2ページのバージョンの各部分の左側に表示されます。

Figure 7

図7


そして彼らは"短い"と言うと、彼らは本当に短い意味する!それぞれの短い名前は、なんとseven全体文字に制限されています!


命名オプションと体位

それは完全な名前と短い名前を表示することになると、我々は名前がスコアで、どのページに表示されるのかを判断するためにいくつかのオプションがあります。しかし、これらのオプションは、スコアセットエディタ自体で設定されていません。これらは、 プロジェクトの設定内で行われた世界的なスコアの設定です

Figure 8:  Project Settings (Score) Numbers and Names

図8:プロジェクトの設定(スコア)名称一覧。


ラップアップ

以下に、レビューだけでなく、スコアのセットで部品を命名の細かい点をいくつか:

あなたがどんなスコアセットのデフォルトのフルネームを変更していない場合は、チャンネルストリップの名前への変更はすべて反映され、すべてのスコアのセットに更新されます。

どんなスコアセットの楽器のフルネームを変更すると、チャンネルストリップの名前には影響しません。

各スコアのセットの完全な名前と短い名前は(と覚えて、プロジェクトが別々と個別スコアのセットをいくつでも含むことができる)、他とは異なる場合があります。

短い名前は、常に手動で入力する必要があります。

命名オプションは、プロジェクト設定のスコアのセクションに記載されています。


より多くのチェックアウトここにロジックのビデオチュートリアルをして準備をここでMIDI分かりやすく説明

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: