All Articles Logic Pro
ロジックプロX:クラシックボコーダーを取得する方法(歌うシンセ)の影響
Joe Albano on Mon, September 21st 2 comments
The vocoder can be heard on many hit records by artists like ELO, Kraftwerk and Daft Punk. In this comprehensive tutorial, Joe Albano, shows how to create your own vocoder effects in Logic Pro X.

ボコーダーは、長い時間を回避されています

ボコーダは、過酷な、金属製のロボットの声(サイロン)から、オートチューンの効果に類似し、量子化ピッチ効果に、効果のかなりの数が可能です。しかし、古典的なボコーダー合成音声効果があります

How Vocoders Work 

効果は、2つの信号を必要とします

Fig 1 Logic’s EVOC 20 Vocoder processes a spoken word vocal recording

図1のロジック

オーディオ例1話し言葉ボーカル録音が古典を作成するために使用されます

[オーディオのid = "36314"]

The EVOC 20

Logicはエフェクトプラグインのコレクションでボコーダーを含むのに十分良いされています

これらはかなり深く、複雑なプロセッサであるので、私

EVOC 20 3つのバージョンのうち、2は古典的な効果のために使用することができ、我々

[ad_unit] 

Filter this

Fig 2 The EVOC 20 Vocoder—the PolySynth (Instrument) version

図2 EVOC 20ボコーダー

用語のボコーダは、音声エンコーダの略です。これは、狭帯域フィルタのバンクを用いた音声の特徴を符号化します

狭い周波数帯域にボコーダーは、分析信号壊すことによって動作します(これらの例で声を、が、それは何でもかまいません)。含まシンセサイザーは、同一の、対応するバンドに分割されます。解析帯域の各々は、対応するシンセサイザバンドの包絡線を制御する独自のエンベロープフォロワーに接続されます。これは、分析波形の形状を重畳します

では、なぜこれがシンセサイザーが歌っているように聞こえるしているのでしょうか?まあ、人間の声は、フォルマントと呼ばれる共鳴ピークの数を生成します

ボーカル(分析)信号で子音が検出され、通過した、または別のノイズ信号を生成するために使用されます

[ad_unit]

Welcome to the EVOC PolySynth

ここに

Fig 3 Setting up the EVOC 20 PolySynth for the classic Vocoder effect

図3は、古典的なボコーダー効果のためにEVOC 20 PolySynthにセットアップ

そこ

オーディオ実施例2と同じ信号、20バンドの最初の、そして、12は、8:

[オーディオのid = "36316"]

グラフの下にフォルマントストレッチやフォルマントシフトコントロール(図3 D)です。これらは、おなじみの色調シフト特殊効果(オーディオ例3)を提供する、唯一の対応シンセフォルマントを変更します。共振制御は、右に、また効果を強化するために使用することができます。

フォルマントストレッチノブを狭くして、オーディオ例3ボコード信号は、その後徐々に広げ、その後、フォルマントシフトノブはシフトダウンし、その後徐々にシフトアップ:

グラフの上には、全体的な帯域幅を設定することができます(図3のE)

オーディオ実施例4と同じ信号、最初に広い帯域幅(150から6400 Hz)で、狭い1(300から3200ヘルツ)と:

[オーディオのid = "36317"]

左側には、あなたがFM型シンセ音にアナログから何かをダイヤルすることができシンセ・コントロール(図3 F)が、あります。これらはあなたの標準的なシンセのコントロールですので、私は勝ちました

右側には、そこに

オーディオ例5ボコード信号、最初のゼロでU / V検出感度とレベル設定で、その後、それぞれのデフォルト(それぞれ40%と30%)で:

[オーディオのid = "36318"]

左右の異なる帯域をパニングにより、出力セクションは、コーラスのオプションを追加し、ステレオ幅ノブはモノ効果(ダウンすべての方法)のいずれかを作成することができ、またはステレオ効果

[ad_unit]

Vocode Your Own

EVOC 20 PolySynthにクラシックなボコーダー効果を生成する以外に

Fig 4 The EVOC 20 TrackOscillator lets you Vocode the Instrument of your choice

図4 EVOC 20 TrackOscillatorのは、あなたの好みの音源をVocodeことができます

あなたが(図4)を見ることができるように、キーコントロールはほとんど同じです。あなたは楽器の多くを保存したい場合

オーディオ例6 EVOC 20 TrackOscillatorのが作成されます

[オーディオのid = "36319"]

もちろん、そこにこれらのプラグインで、より多くのコントロールがあり、タップのより多くの影響だけでなく、しかし、これは我々が今の部屋を持っているすべてです。もしあなた

デビッド・アールによって、この優れたビデオコースとロジックPro Xの中でボコーダーを使用する方法についての詳細情報はこちらを 。

Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • I have been trying to get this singing vocoder effect using acid pro 9 and cannot. Any help would be great.
    • 9 months ago
    • By:
    Reply
  • Joe A
    Hi Zaffa - As a Mac user I don't have access to Acid Pro 9, so I can't offer a specific answer, but if there's no Vocoder plug-in included you might want to check out a free Vocoder VST—here's a couple of links: https://tal-software.com/products/tal-vocoder https://tal-software.com/downloads/docs/TAL-Vocoder-UserManual.pdf I'll start a thread based on your question on the MPV Forum—maybe another Acid user will have a suggestion.. :-) https://www.macprovideo.com/forums/audio/studio-recording-techniques/thread/9172-classic-vocoder-effect-in-acid-pro-9?afid=E470KLQ7r9
    • 9 months ago
    • By: Joe A
Flexing Vocals: Time and Pitch
Logic Pro X 108
Dream It. Do It.
Do you want to learn Flexing Vocals: Time and Pitch?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: