All Articles Logic Pro
ロジックのスコアエディタのチュートリアル:連符が容易に!
Peter Schwartz on Tue, August 30th | 4 comments
Peter Schwartz, the Logic and MIDI Guru has returned with another exclusive tutorial for The MPV Hub. Learn how to get the most out of the N-Tuplet symbol in Logic's Score Editor.

長期連符が速くなったり、特定のリズミカルな値または拍内で通常よりも遅く再生されるに書き込まれたノートのグループを指します。 Duplets、五つ子、そしてトリプレットは、連符の最も一般的に遭遇するタイプであることと、この定義の下でちょうど3すべての秋に名前を付けるseptuplets。そしてLogicのスコアエディタは、"ストレート"リズミカルな値のノートの中だ場合でも、非量子化部、再生インからトリプレット(二つの時間の3つの音を)認識し、notatingでかなり良いです。

Figure 1: An unquantized recording of eighth-note triplets in the right hand against eighths in the left

図1:左のeighthsに対して右手の8分音符のトリプレットの非量子化記録。

そしてそれはノート - 入力をステップになると、ロジックの部分のボックスは、三つ子のエントリが非常に容易にするトリプレット音符の値を提供します。

Figure 2: Dragging an eighth triplet note from a floating part box palette onto the staff

図2:スタッフにフローティング部分のボックスパレットから8番目のトリプレット音符をドラッグする。


連符の他の種類を表示するには、しかし、我々は同様の部分のボックス内にあるN -連符の記号を使用する必要があります。

  • Non-Realtime Entry of Notes On-Screen: for entering tuplets of various denominations directly on the staff in the score editor.
  • Correcting the Notation Display of Realtime, Unquantized Performances: to force Logic to display the correct notation of non-triplet tuplets when preparing a score from live-played, unquantized parts.
  • Overriding the Display Quantize Value: a neat trick for notating parts with faster rhythmic values that normally wouldn't be displayed because of the limit set by the current Display Quantize value.

今、その最後の使用状況は、行かせるか"ですよね?"もしそうなら、心配しないでください。私はそれが約非常にすぐにすべての何を説明します。最初に、いくつかの基本原理に慣れることにしましょう​​...


N -連符記号

N-Tuplet Symbol

N -連符のシンボル。

N -連符の記号はpartboxからスタッフにドラッグ&ドロップ、または最初に選択することにより、次に鉛筆ツールを使用してスコアにそれを入力して、スコアに入力されます。ここで、シンボルの"n"は、単に、特定のリズミカルな値内でのノートの可変数を合わせてそれを使おうとしていることを表し、そしてもちろんあなたは自由に任意のフレーズをする必要があるその方法多くのノートを決定することができます。それは既存のノートの位置に入力されている場合のみ機能:N -連符記号を使用する際に注意すべき重要な側面。どのようにこのすべての作品で、画面構成の例から始めて、見てみましょう:


非リアルタイム注エントリー:五つ子を入力する

以下では、私は2小節のダウンビートで入力Dを参照してください。これは、8分音符の五つ子の開始のための私達の"シードノート"になる予定です。別の言い方をすれば、このノートでは、8分の4の時間で再生されます5分音符のシリーズの最初を表します。プロセスを始めるために、私はそのDを介してN -連符記号をドラッグしました。

Figure 3: dragging the N-Tuplet symbol over an existing note to begin tuplet entry

図3:連符の入力を開始するために、既存のノートを介してN -連符記号をドラッグする。


私はマウスを離すと、連符のダイアログボックスが表示されます。以下に、あなたは私が4時間5分音符を表示するためにそれを設定したことがわかります。

Figure 4: the tuplet dialog box

図4:連符]ダイアログボックス。


[OK]をクリックすると、スコアの表示はDの後にかかって私たちに四つの"プレースホルダ"のシリーズを示しています。

Figure 5: placeholder rests

図5:プレースホルダの休符。


我々が今行う必要があるのは、五つ子を構成する4つの追加の注意事項にpartboxからメモを入力しています。方法はとても簡単です。

  1. Start by selecting a note symbol in the partbox which has a smaller rhythmic value than the placeholder rests. In this case, selecting a sixteenth note from the partbox would be a good choice. 
  2. Starting with the first rest, and working in sequence, drag a sixteenth note from the partbox to each of the placeholder rests. You can also use the pencil tool to enter the notes. 

Figure 6: completed entry of notes in the quintuplet

図6:五つ子のノートの完成エントリ。


複数の連符の入力

あなたが書いている音楽は、五つ子の複数のグループを必要とする場合、開始音符を入力すると全体の連符入力プロセスを繰り返す必要がないことを知ってさせていただきます。

以下の例では、私は図6に完成した五つ子を選択し、それが同じ小節の3ビートにオプション-ドラッグ 。それから私は、目的のピッチにドラッグしてコピーのノートを改変、および低音のノートを入力して、測定を終えた。

Figure 7: the first quintuplet copied to beat 3, then altered

図7:3を打つためにコピーした第一五つ子の一人、後に変更。


リアルタイムパフォーマンスの表示を修正

以下では、私は低音の音符に対して、五つ子で再生されているリアルタイム、非量子化性能を参照してください。ご覧のように、私の五つ子のロジックの解釈は...間違っている!しかし、それは驚くべきことではない。前述のように、ロジックのニーズは、三つ子以外の音符を表示するのに役立ちます。

Figure 8: realtime performance of quintuplets, before correction

図8:五つ子のリアルタイム性能、補正前。


私は上にN -連符記号をドラッグし、表示を修正するには、最初の5の最初のグループのことに注意してください、そして4時間(上記の図4のように)でeighths 5を表示するには、連符のダイアログボックスを設定します。

Figure 9: the corrected display

図9:修正されたディスプレイ。


タイミング

上記の方法を使って音符の表示を修正すると、元のパフォーマンスのタイミングを変更しないことに注意してください。


表示クオンタイズ機能のオーバーライド

N -連符のツールのための最後の使用は、ディスプレイのクオンタイズのパラメータ(スコアエディタのインスペクタのパラメータセクションの"クオンタイズ"と表記)によって課された制限をオーバーライドすることです。

以下に示す部分は、表示可能な最速のリズミカルな値が八分音符であることを意味し、8の表示クオンタイズの設定があります。しかし、第2小節の終わりに繁茂は32分音符として表記されている。通常は、8の設定は、8分音符より小さいリズミカルな値の表示に対応していないでしょう。もちろん、我々は32に値を変更することもできますが、そうすることで我々は、表記の残りの部分を台無しにするリスクを実行していた。その代わり、私はこのように表示クオンタイズの値をオーバーライドし、第三十二ノートのシリーズを入力してN -連符ツールを使うことにします!しくみはこうだ:

もう一方の数値データの4拍目のF2のシードノートで始まる、私はその上にN -連符記号を入力すると異常な方法でそれを設定する:

Figure 10: thirty-second notes appearing in a score with a Display Quantize setting of

図10:"8"の表示クオンタイズ設定でスコアに現れる第三十二ノート。


There Logicについて学ぶために全体の多くはだし、これらについてより知ることができますLogicビデオチュートリアルを 、チェックアウトかピーターのMIDI 101:MIDI Demystifiedチュートリアルそれが何であるかMIDIの娯楽と教育除幕式のため、どのようによりよいそれを使用することを。

Comments (4)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Hi Brent, Just to add to what uncle808us said above, you can assign key commands to each of the main note values (type 'note' in search to find them quickly). To make step entry with USB music keyboard (or Musical Typing keyboard in Logic Pro X) a breeze, I use the numeric keyboard and have assigned numbers like this: 1 - whole note (1/1 note in key commands window) 2 - half note 4 - quarter note 8 - eight note 6 - sixteenth 3 - thirty-second If you've already played the part in, it's probably faster to tweak the notation in the Score Editor, or create a score-only part (see P. Schwartz's fantastic course, which cam out today!). Having said that, step entry using music keyboard (or caps lock keyb. in Logic 9) and key commands to assign note values is certainly a viable option. Hope this helps.
    • 5 years ago
    • By:
    Reply
  • Grandee
    In my opinion tuplets can be a nightmare in logic. I have hard quantised the trumpet solo in Penny lane. This uses triplets throughout and some of them should be displayed rest 16 16 8 ie a quaver rest, 2 semiquavers, quaver. In reality this is 1/12 rest 1/24, 1/24, 1/12. I have tried every display quantise and cannot make it look correct. Yes I could re-write the arrangement in 12/8. But I shouldn't have to. If anyone knows a way to do it, please let me know.
    • 2 years ago
    • By: Grandee
    Reply
  • Brent T
    Hi, I've used Finale and Sibelius in the past so I'm wondering if it is possible in Logic Pro 9 to enter note values on a numeric computer keyboard while entering the note pitch on a midi keyboard? Or is the fastest entry method to click on the note value with a mouse and then enter the pitch with a midi keyboard? I've searched all over for information on this, but keep running into a wall. Thanks for any help. Brent
    • 6 years ago
    • By: Brent T
    Reply
  • uncle808us
    Yes. You can do this, I don't have a numeric keyboard(Mac Book) but I use the number keys at the top of the computer keyboard 1-0 You may have to set up your keyboard shortcuts in Logic. I don't remember if they are the default or not. Anyway type the number(duration) play the pitch on the controller. Done works great.
    • 5 years ago
    • By: uncle808us
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: