All Articles Logic Pro
ロジックチュートリアル:ロジック9で戻り値送信使う方法を理解する
Rounik Sethi on Sat, February 12th | 5 comments
Working with effects in Logic is easy! Slap on an insert effect on the track and it's audio signal passes through that effect and gets processed. Well, there's another way which can give you more refi

ロジックのエフェクトの操作は簡単です!トラックにインサートエフェクトを平手打ちし、その音声信号は、その旨を通過して処理されます。よく、あなたのミックスをより洗練されたコントロールを与えることができる他の手段があります。この2番目の方法は、それがエフェクトによって処理できる補助チャンネルにトラックのオーディオ信号の量を送ります。

In this tutorial we'll explore Logic's Send (also known as Buss Send, Send Return and Aux Send) techniques and the different send modes available and how they will affect your mix.

Using Sends can be a great way to control the amount of the audio signal from your track you'd like to be processed. So where an Insert effect typically applies 100% of the effect to the signal, you might choose to send a lesser or greater amount to a Send effect.

また、複数のトラック(ドラムの例:8トラック)に同じ効果(例:リバーブ)を適用するために効果的な方法です。さらにそれは、バイパスでフェードインとオートメーションを使用して時間をかけて効果をフェードアウトすることが簡単に - 単にオリジナルトラック上のバ​​イパスボタンを自動化するよりも優れた結果を与えることができる。

ステップ1 - 送信を作成する

私は1つのオーディオトラックを作成し、Appleのループ配置した:この例のためにその上にシンセを話すユーロ

ここでは、ループが乾燥して鳴るもののようです。

[オーディオのid ="659"]

補助チャネルにトラックからの送信を設定するには、単に空のセンドスロットをクリックして(インスペクタまたはミキサーのチャンネルストリップの挿入領域の下にある)とバスを選択します。

注:上記のロジック8のバスとは、補助チャネルにルーティングするオーディオ信号をするために使用される仮想ケーブルです。

ステップ2 - 何が変更されたのか?

いくつかのことが変更されました。ミキサーを開いて、詳しく見てみましょう。

まず、トップセンドスロットは青ですし、オーディオ信号を経由してルーティングされているバスの名前が含まれています。その横にノブを送るラウンドは、どのくらいの信号のが補助するバスを介して渡されるかを決定するために調整することができます。

第二に、新しい補助チャンネルストリップが作成されました。我々はシンセのチャンネルのセンドスロットからの出力として設定されたのと同じバス - 補助チャネルのI / Oセクションでは、それの入力がバス1であることがわかります。

ステップ3 - あなたの武器を選択してください

Just like any Audio or Software Instrument channel strip, the Aux Channel Strip has Insert slots where you can place your chosen effects. For this example I've inserted a Space Designer using the setting:
02 Medium Spaces > 02 Halls > 2.0s Space Reverb

あなたは、味に複数のエフェクトを追加することができます。このリバーブエフェクトにこうしてこのAux 1のチャネルに、オーディオ信号を送信する他のチャンネルでセンドを設定し、できることを覚えておいてください。

注:これは、補助チャネルへの影響の特定の種類を挿入して処理されるこれらのトラックに信号を送信するのが一般的です。遅延

ステップ4 - どのように多くの送信に?

今、あなたがプレイにヒットした場合でも、ドライシンセのループが聞こえます。あなたが送信ノブをドラッグすることによって、補助チャンネルにバスを介して送られているシンセのオーディオ信号の量を調整する必要があります効果で処理されるようにシンセのオーディオ信号のいずれかの順番で。

ここで私は徐々にトラックのオートメーションを使用して補助チャネルに送られる信号の量を増加しているオーディオの例です。

[オーディオのid ="664"]

また、その後の出力に渡されていない場合どのくらいの処理送信(この例ではリバーブ)の制御するためのAuxチャンネルのボリュームフェーダーを使用することができます。

ステップ5 - ポストフェーダー

ロジックは非常に柔軟なルーティングオプションを持っています!あなたがどの​​時点で決定することができる、チャンネルストリップを介しての旅では、オーディオ信号は、補助チャネルに送信されます。 3つのモードがありますので、順番にこれらを探求し、行動でそれを聞いてみましょう。

デフォルトモードでは、 ポストフェーダーです。 (スロットは青色である送る)。送信される信号は、チャンネルの音量レベルと直接的な関係にあります。あなたは、以下のオーディオの例に示すように、あなたが実際には補助チャネルに全体のオーディオ信号の少ないを送信している、ダウンして音量フェーダーをドラッグした場合。

[オーディオのid ="666"]

あなたがポストフェーダーモードでパン/バランスポットながらを調整する場合、オリジナルのシンセトラックをパンされていますが、リバーブに送られる信号は、(それはフェーダーやパンに到達する前に、オーディオ信号と同じ)の中心に残っていることにも注意してください。以下のオーディオサンプルは、アクションでこれを示しています。

[オーディオのid ="667"]

ステップ6 - ポストパン

ただし、 ポストパンモードでは 、信号がシンセトラックはAuxチャンネル(この場合はリバーブ)もパンされるに到達する信号をパンされるように、Auxチャンネルのポストフェーダー、ポストパンに送信されます。

[オーディオのid ="669"]

ステップ7 - プリフェーダー

あなたがAuxチャンネルに送られる量が一定のままにする場合は最後に、 プリフェーダーモード (スロットが緑色の送信)に便利です。あなたがシンセのトラックの音量やパンに加える変更が補助チャネルにリバーブに送られる信号の量に影響しません。これは、リバーブエフェクトを作成するか、またはソース(シンセトラック)からAuxチャンネルの独立した影響を混在させる素晴らしい方法することができます。

次の例では、送信は、プリフェーダーに設定されており、シンセの​​トラックの音量は、リバーブ処理された信号を離れる時間をかけて徐々に減少します。

[オーディオのid ="671"]

ロジックでリターンを送信して創造的な取得方法がたくさんあり​​ます。補助チャネルの効果を配置すると配置や大規模なプロジェクトをミキシングするときに非常に重要なプロジェクトにやさしい、より多くのCPUを、作ることができることに注意してください。代わりに挿入するなど、8つの独立したチャンネルで8 Space Designerのリバーブプラグインを挿入する代わりに、1つだけAuxチャンネルストリップの1つのスペースのディレイのリバーブプラグインを挿入し、リバーブを含むその補助チャネルから8チャネルから送信を作成する必要があります。

私たちはあなたから聞いてみたいので、あなたのヒント、ヒントや質問をコメント欄にコメントを送ってください...送信者のスタイルに戻る!

Comments (5)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Rohogay
    Loved it! Great work, really cool. These are the kind of posts that totally set part MPV from any other. Good work Rounik.
    • 8 years ago
    • By: Rohogay
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Victor, Thanks!
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • GaryHiebner
    Thanks for the clear and concise explanation on Sends and Aux's and the use of automation with them.
    • 8 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Hrmonik
    One of the reason, my mixes sound better now. Great tutorial.
    • 8 years ago
    • By: Hrmonik
    Reply
  • Rounik Admin
    Thanks Harmonik! Glad you enjoyed this tutorial!
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: