All Articles Logic Pro
独自のクイックミュージックミックスを作る
Alex Fraser on Fri, September 24th | 2 comments
I can't remember the name, but I once read a quote from a famous mix engineer about mixing. I'll paraphrase it: "There's no such thing as the perfect mix, only what you deemed to be a good mix

I can't remember the name, but I once read a quote from a famous mix engineer about mixing. I'll paraphrase it: "There's no such thing as the perfect mix, only what you deemed to be a good mix on that day. Tomorrow, you'll probably mix it differently.."
Sometimes you need to do a quick mix. Perhaps a demo mix for a client. Over time, I've developed a methodology to mix an entire track in about 15 minutes which I'm about to share with you.

Please note this is not a guide for the "perfect mix." Like you, I'll obsess for hours to get that. Instead, if you need to mix in a hurry, perhaps this guide will help.
I'll be using the stock plug-ins in Logic 8 on the basis you'll have similar tools available. I'm also assuming you know the basic techniques of mixing and plug-in operation.

EQとコンプレッションに関する注意

For the purposes of a quick mix, I recommend using your EQ plug-ins to "cut" frequencies. In the majority of cases your sounds will "brighten up" just by doing this. As far as compression is concerned, for a quick mix, less is best. Try to stick to basic level control if you must use it.

ステップ1 - あなたのプロジェクトとミキシングボード整頓

クイックミックスの概念に直​​観に聞こえる?そうでもない。あなたのプロジェクトを整理整頓数分を費やすことは後で時間の節約になります。私を信じて、あなたが初めにこれをしない場合、あなたはベーストラックのために狩りや間違ったギターのパートにEQを適用しているときに、後でミックス全体のプロセスを遅くするでしょう。名前のトラックでは、もしできれば、グループの楽器を色を適用して、あなたに論理的な方法で、ミキシングボードを手配。

ステップ2 - ソロキックドラムやベースパート(S)

私はどのような選択のDAWのソロ個々の楽器にあなたが知っていると仮定します!ここでの主なタスクは、ミックスの下端のEQ"プロファイル"を選択することです。ミックスのヘッドルームを節約するためには、キックドラムやベースのパートが混在するため、低周波が含まれているかどうかを決定する必要があります。

ここでのトリックは、周波数をカットすることです。両方の測定器では、私は、ハイパスフィルタ、EQ、約40Hzののカットオフポイントを使用することをお勧めしたい。ほとんどのリスナーが聞くことは決してないだろうという音 - これは低周波の楽器から任意の地震のスタイル"ゴロゴロ"捨てられます。

次のステップは、キックとベースの両方を聞くことです。低い周波数を伝送し、他の部分からのオーバーラップ周波数をクリアするとなる部分を決める。

この例では、私は私のローエンドを運ぶために(下)キックの部分を選びました。 58Hzでカットオフに注意してください。

以下に、私は私のキックで"衝突"しないように私のベースの部分の周波数をカットしました。アイソレーションでは、それは少し"雑草"の音でしょう - しかし、一緒に、キックとベースが凝集ローエンドを行います。

覚えておいて、これは迅速な混合のためのガイドです!あなたは"適切な"ミックスのためにこれよりも詳細に入ると思うでしょう。覚えておいて、速度が非常に重要である。

ステップ3 - ミックスにスネアドラム(s)を追加する

スネアドラムのフェーダーを立ち上げます。この時点で、それを明るくするためにスネアからいくつかのより低い周波数をカットする場合があります。あなたがポップや都会のトラックをミキシングしている場合は、正確にキックとスネアドラムのピークレベルをマッチングしてみてください。これは二つの部分の間に完璧なバランスを与える頻度を、それは驚くべきことです。

ステップ4 - パーカッションとドラムパーツの残りの部分を追加する

この時点では、パンに注意を払うことになるだろう。私は、あなたのミックスの正確な真ん中にベース、キックとスネアをパンだ基づきつもりです。ステレオフィールドにまたがってドラムとパーカッションパートの残りの部分を合わせます。

ここにEQあまり心配しないでください。あなたのハイハットは既に輝き!あなたがする必要がある場合は、ハイパスフィルタを使用して、不要な低い周波数を"ロールオフ"。これは、あなたのミックスを"クリーンアップ"に役立ちます。パーカッションパートの大半は、パンコントロールを使用して分離することができる。

ステップ5 - トラックの残りの部分を混在させる

First, mute all your drum, percussion and bass parts!
Now select your "principle instruments." I do a lot of urban mixing so for me, this will be a piano, guitar, Rhodes or synth. The "principle instrument" will vary but as a guide, this is the instrument that defines the chords of the track.

EQパンを使用してステレオフィールド内の最初の原理の測定器および場所。次に、2番目の最も重要な楽器とリピートを選択してください。働くあなたの方法は、周波数をカットし、ステレオフィールド内の部品の位置決め、楽器の残りを考えた。

以下の例をチェックしてください。ロードスと"ワウのギターは"ステレオ空間全体に部品を移動するために適用されるトレモロのプラグインを持って注意してください。

次の点に注意してください。

  1. Cut EQ, don't add unless you really need to. Try not to listen to each instrument separately when you EQ. Instead, solo the instrument along with two or three similar frequency instruments. This way you'll get the "global picture" - and you'll find you can cut more frequencies than you'd otherwise think.
  2. Panning is your friend. Often considered an afterthought in mixing, panning is a great way to separate instruments in a mix. Try to position your instruments across the stereo field, taking advantage of all the space available.

ミュートを解除ドラム、パーカッションとベースパート - あなたの"内側の楽器を"混合完成しました一度。相対的なレベルを設定し、次のステップに進みます!

ステップ6 - ボーカルやバッキングボーカル

ミックスの残りの部分とメインボーカルパートとオーディションを立ち上げます。あなたのEQプラグインを開き、約100Hzでハイパスフィルタを挿入する。メインボーカルがない上に、ミックスの中で"座る"まで、全体のミックスを聴きながら、カットオフポイントの頻度を増加させる。 "空気と輝き"のために少し高い周波数を追加し、すぐに味に圧縮する。あまりにも長い間ここで過ごすしないでください..

あなたがクライアントをより平坦にオートチューンを追加する必要がある場合は、毛布のいずれかを使用"オートモード。"プラグインの自動チューニングを使用して、トラックのキースケールを選択して、ピッチ補正ための培地アタックタイムを使用してください。チューニング作業を聞くためにちょうど足りるだけ設定する。

任意のバッキングボーカルを追加。あなたがバッキングボーカルのチャンネルストリップにメインボーカルのために使用される任意のEQとコンプレッサーの設定をコピーします。私は、ダブルトラッキング(以上!)あなたのバッキングボーカルをした前提に基づいつもりです。その場合は、味にステレオフィールドにまたがってバッキングボーカル部分を広げます。私たちの"クイックミックス"の目的のために - 私はパンを使って、ステレオフィールドの遠く極端にバッキングボーカルをプッシュすることをお勧めしたい。

ステップ7 - 最終的なレベルを設定することを通じて自分を一プレイを許可する

かなり自明。トラックを起動し、すべての部品のために行くようなレベルを微調整。覚えておいて、ここにラフミックスをやっている。部品を自動起動する衝動に抵抗する....

手順8 - マスタリング

マスタリングクイックミックス?絶対に。誰もが右、大声でミックスを望んでいる?

あなたの最高のEQを見つける。私はLogicのリニアフェーズEQを使用しています。ミックス全体にわたって、あなたのマスターのチャンネルのEQプラグインを挿入します。

次の - そしてここに私の秘密のヒントがない - 3000Hz付近広い周波数ブーストを挿入する。

最後に、選択のあなたのリミッターを武装。 0dBのリミッターを設定し、トラックの知覚音量を最大にするために使用します。

だから、あなたは完璧なミックスを作成している? ER、ない。ただし、不必要な時間を無駄にせずに、クライアントに与えるためにラフミックスを作成しました、とあなたが考えるよりも、最終的なミックス近いでしょうね....

私達と詳細情報Logic Proのチュートリアルを地面から曲を作り上げるかを学ぶためにAppleのLogic Proのヒントを

Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Jupygou
    Hey Alex, This is great info! Mixing often seems like a never ending quest. This really lays out a nice way to get a rough and (often more important) quick mix. Thanks for sharing! ed
    • 8 years ago
    • By: Jupygou
    Reply
  • Frequency Jones The Engineer
    Good Stuff
    • 7 years ago
    • By: Frequency Jones The Engineer
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: