All Articles Logic Pro
フェーズアウトフェーズ:ロジックの迅速で簡単な自動ダブルトラッキング
Mike Watkinson on Sat, June 11th 3 comments
Whether invented by accident by Les Paul or, as others say, by Ken Townsend at Abbey Road in 1966 (and used on John Lennon's voice), automatic double tracking (ADT) is a way of thickening...

1966年にアビーロードでケンタウンゼント(とジョンレノンの声で使用されている)でレスポールによる事故によって発明されたか、他の人が言うように、かどうか、自動ダブルトラッキング(ADT)はモノラル録音からステレオ画像を厚くすると作成の方法です。 、まるで演奏者は確かに二度目の近くに同一の部分を記録していた。それは特に、しばしばギターや他の楽器のためのボーカルのレコード生産の重要な特徴であり続け、そして一般的に詩とコーラスを区別するために使用されます。この簡単なヒントは、あなたにそれが原因となる問題をチェックするの道その後Logic Proのに効果を作成し、そしてする簡単な方法を示しています!


ステップ1

オーディオリージョンが(デフォルトのキーコマンドはコマンド+ Dです)再生されているトラックを複製する


ステップ2

重複トラックにoptionキーを押しながらドラッグし、オーディオリージョンのコピーを作成します。


ステップ3

ハード、左と右の二つのチャンネルをパン。これがあなたがやらなければならない、と考える人がいるかもしれませんが、考えてみれば、あなたがしたすべては、集中的にパンするときにモノラルソースに何が起こるか、それは6dB大きくなることを唯一の違いを再作成しています!


ステップ4

コピートラックのサンプルDelayプラグインを挿入します。アイデアは、さらに離れて二つのバージョンが鳴るように見えるが遅延サンプルの最初の、これより高い数値とは異なる時間にあなたの耳を打つ番目の部分の効果を再現することです。一定の効果を指すように、幅を持っていると思われる、単一の音を聞いているかのようですが、そのポイントを超えて、それはより多くのように二つの別々のソースに聞こえる。

A typical set up in Logic Pro for quick and easy ADT

典型的には、迅速かつ容易にADTのためのLogic Proで設定する


位相の問題をチェックする

この方法の問題点は、位相のキャンセルは、ステレオでモニターしているミックスは、、などのモノラルシステムを介して再生されている場合に発生する可能性があることです

あなたはモノにバウンスして、ミックスをテストすることができます。出力のチャンネルストリップ(通常はステレオ)に移動し、モノラルに変更するにはモノラル/ステレオ形式のボタンをクリックして、チャネル上にバウンス]ボタンをクリックします。

注:[ファイル]メニューまたはツールバーからバウンスするときは、このオプションは利用できません。

The Output Channel strip configured in mono

モノラルで構成された出力チャンネルストリップ


またロジックスのマルチメータプラグインを使用して、とゴニオディスプレイを選択することにより、潜在的な位相に関連する問題を確認することができます。これは通常、いくつかの踊りの列を表示するので、それはあなたが捜しているものを知っておくと便利です!モノラルでのオーディション時に痩せて背が高いと完全に円形がうまくいきますが、円が平坦化し始めた場合の任意の場所の間で、これは最悪の場合は、ワイドでフラットであることと、潜在的な問題の表示です!

If the Goniometer display shows something between the first and second images, you should be OK when listening in mono, but not if it starts to look like the third image!

ゴニオディスプレイは第一および第二画像間の何かを示している場合はモノラルで聴いているとき、あなたはOKのはずですが、ない場合は、番目のイメージのように開始します!


位相の打ち消しの問題もなくADTを再作成する方法が表示されますフォローアップ記事のために戻ってください!


Comments (3)

You must be logged in to comment.

  • Dekuruy
    Thanks Mike. Although I've used this technique, I never knew how to check for phase issues. Very helpful!
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • ISAAC FABREGAS
    Thanks a lot Mike. Always we use a delay with an exact copy of the track to get this effect we'll have phase problems if we listening in mono. This happens because there are same frequencies on the right and left channels, but with opositive phase. When we listening in mono, we sum this two channels; so there are opositive phase in identic frecuency contex we get a destructive sum between these frequencies; no sound occurs, "cancellation". Its true we can check this problem, but the main history also is that we only can check it, no resolve it. Definitely if you like, (need), this effect you'll have sure phase problems in mono. There is a technique that sends different frecuency context to left and right channel, simulating stereo feeling without delays. This technique doesn't have phase problems, so the frecuency context that in this case is sumed on mono listening, is different. If this frecuency context is different we don't get opositive phase in identic frecuencies (our problem when we sum on mono). Instead we get a constructive sum (sometimes, not absolutely constructive occurs, but never we get cancellation). Sound occurs, no cancellation. I wish to read your next article Mike.Very interesting. Thanks again!
    • 8 years ago
    • By: ISAAC FABREGAS
    Reply
  • Rounik Admin
    Yes! Nice article Mike! @Isaac, if you wish to view all articles already published by a particular author click on their name under the title at the top of the article: http://www.macprovideo.com/hub/author/mike-watkinson Keep checking back for new articles as we're adding at least one daily! Cheers Rounik
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: