All Articles Logic Pro
お使いのMIDIキーボードを使って、Logicのピッチ補正プラグインを再生
Mike Watkinson on Thu, August 18th 1 comments
Almost every chart-worthy pop song features auto-tune style vocals of sorts. If you are a Logic user you can get in on the fun by using the Pitch Corrector in real time on any audio source. Here's how

使用してLogic Proのボーカリストのメロディーのピッチを"強制"するのピッチ補正プラグインは、現在ファッショナブルであるサウンドを作成します。応答時間が0 msに設定を使用すると、メロディーのノートをあらかじめ決定したり、プラグインにピッチを選択することにより、性能の鍵を変更することができます。さえpitchless性能(たとえばラップでは、)このテクニックを使用して、メロディーの質を取ることができます。リアルタイムでピッチ補正プラグインの音を演奏できればさらに一歩を踏み出すために、どのようにクールになるのだろうか?


ステップ1

負荷ロジックスピッチ補正プラグインでは、影響を与える、そしてそれを回避したいチャンネルにインサートとして。


ステップ2

オープンロジックスコントローラAssignments]ウィンドウ:

Logic’s Controller Assignments window in Expert View.

エキスパートビューでの論理コントローラAssignments]ウィンドウ。


ステップ3

すでにあなたが使用していないコントローラ割り当てのウィンドウに表示されている割り当てがある場合は、それらを選択し、[削除]をクリックします。


ステップ4

ラーニングモードのボタンをクリックして、モードを学ぶ入力してください。


ステップ5

ピッチ補正のMIDIキーボード上で同じCを押してプラグインをCのキーをクリックしてください。選択したオクターブは、MIDIキーボードは、プロジェクトでこのロールで使用されている場合には、任意のソフトウェアのインストゥルメントトラックにノートを再生するために使用している範囲外でなければなりません。


ステップ6

コントローラ割り当て]ウィンドウで、エントリは学習ということ( 下図参照 )、コントロールの列に表示されます。 [Value]セクションの上のトグルにスケーリングからモードを変更する。

Change ‘Scaled’ to ‘Toggle’ in the Value section.

[値]セクションでトグルするようにスケール変更します。


ステップ7

MIDIキーボードで同じBキー、ステップ5でプレーしたCのキーの上にメジャーセブンス11半音に続いてピッチ補正プラグインでBキーを押します。もう一度、[値]セクションに切り替えるためにスケーリング変更。


ステップ8

ラーニングモードのボタンを選択解除することでモードはこちらから行く。あなたは( 下のスクリーンショット参照 )、次のメッセージが表示されるはずです。 [OK]をクリックし、[コントローラ割り当て]ウィンドウを閉じます。

Clicking OK fills in the gaps if you have defined the first and lats steps in a row of parameters. This will save you clicking each and every note in the plug-in.

もしパラメータの行の最初とラッツの手順を定義している場合[OK]をクリックすると、ギャップを埋めます。これは、プラグイン内の各ノートをクリックして保存します。


You should see this list of assignments when all notes are assigned.

すべてのノートが割り当てられているときには、割り当てのリストが表示されるはずです。


ステップ9

そのすべてのノートがオフになっていることをピッチ補正プラグイン内の残りのすべてのノートを(#C#に至るまで)をクリックします。

Click all notes ‘Off’ in the plug-in before playing them with your MIDI keyboard.

お使いのMIDIキーボードでそれらを再生する前にプラグインですべてのノートをオフ]をクリックします。


これで、ピッチ補正、MIDIキーボードから音符プラグインを再生できるはずです。最良の結果を得るには、これは1つのノートだけに歌わ非メロディアスなボーカルまたはボーカルとうまく動作します。ロボットの効果を高めるために、0ミリ秒の応答時間を短縮。お楽しみください!

Interested in more Logic tips and tricks? Check out Logic 304: Logic TNT3: Reloaded

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Peter Schwartz
    Fantastic!
    • 7 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: