All Articles Logic Pro
ロジックプロXではベロシティ·カーブと問題解決
Joe Albano on Fri, April 25th 2 comments
Learn all about how velocity curves in Logic Pro X can be used to provide a number of excellent solutions to some real head scratchers.

皆さんはおそらく知っているように、MIDIベロシティデータは、各MIDIノート·メッセージの一部再生され、記録されてthatsのです。それは(技術的には、どのくらいの速)鍵盤を弾いた強さに対応し、ほとんどの場合、サウンドに大きな影響を与えます。ほとんどのバーチャル·インストゥルメントは、この点において、実際のアコースティック楽器の動作を模倣するようにプログラムされています。ノートがより速い速度に対応した、困難に再生すると、同じようにバーチャル·インストゥルメントの変化の音は、実際の1は、大きく明るくwouldits、そして、多くの場合、よりシャープな攻撃を持っています。もちろん、これは動的な演奏の重要な側面であり、問​​題は、最大トリミングできる場所のthats。

バーチャル·インストゥルメントのためのパッチが作成されると、プログラマーやサウンドデザイナーは、その機器の速度応答を設定しなければならないので、彼が変化すると、彼/彼女のキーボードで演奏し、演奏は、彼が聞いて期待して音量や音質の変化を聞くことができますパフォーマンスで彼の音楽的ダイナミクス。第一の問題は、誰もがMIDIキーボード/コントローラの別のモデルを持っていることであり、それらはすべて非常に異なる速度の応答を持っている!いくつかの(非加重)のキーボードでも、かなり軽いタッチで表情豊かにし、説得力のある静かなパッセージを再生するために、わずかに重いタッチのプレーヤーのために非常に困難それを作る、高MIDIベロシティを生成します。その他(加重)キーボードは実際にそれが困難なよりソフトなタッチでプレイヤーは音楽が本当に蹴るときに必要な大声で、明るく、シャープのノートを生成できるようにすること、最高速度を達成するために砲撃されなければならないかもしれません。

Fig. 1 MIDI Velocity Curves (from an E-MU keyboard).

図。 (E-MUキーボードから)1 MIDIベロシティ·カーブ。

いくつかの物理的なキーボードコントローラは、機器の応答との一致コントローラ応答を助けるために、オンボードベロシティカーブの設定があり、これは多くの場合、ライブパフォーマンスのためのトリックを行いますが、速度の問題が頻繁に出てくる別の状況をtheresの。ミュージシャンは彼が彼が、MIDIの演奏を記録したとき、彼は使用されているものを好む彼らはいくつかのサードパーティ製の楽器を持って別のスタジオに彼の論理のプロジェクトをもたらすと言うことができます。彼は再直接彼のMIDIシーケンスは、その優れたサウンドとリアリズムを利用して、これらの商品の一部に追跡したが、彼が何時に、彼は、彼らが記録されたMIDI性能の速度に同じように反応していけない見つけたいと考えています。だから、新しい楽器の音は素晴らしいですが、ミスマッチの速度応答性能が不格好と素人音になります。明らかに、コントローラベロシティ·カーブは、文句を言わない、ここで任意の助けになるが、幸い、ロジック自体は、この最後のシナリオのよう​​に、ライブ演奏のために、または事前に録音したMIDIトラックのいずれかのため、速度を調整するために、いくつかの方法があります。病気は今のその1をスキップし、はるかに簡単に実装される2つのアプローチをカバーするので、1つの方法は、環境への旅行を伴います。

方法#1

速度レベルは、メイン(アレンジ)領域の左側に、MIDIリージョンをインスペクタパネルに再マッピングすることができます。

Fig. 2 The MIDI Region Inspector in Logic: Velocity & Dynamics settings.

図。ロジックで2 MIDIリージョンをインスペクタ:速度

さまざまな楽器のレスポンスに合わせてMIDIリージョンの速度応答を変更するには、ベロシティとダイナミクスの設定を使用することができます。速度は単純に追加したり、録音したMIDIリージョン内の値への全体的な速度を減算する。しかし、ダイナミクスは、速度コンプレッサー/エキスパンダーの一種である。以来、MIDIベロシティ値は、0127から中途point64周りのこのコントロールのピボットの範囲である。 100パーセント以下のダイナミクスの設定は、最大音量の速度を下げ、最も低いものを上げ、事実上公演をより厳密に制御音を作ります。 100パーセントを超える値は、よりダイナミックなパフォーマンスのために、さらにoppositeraiseに最高速度をし、下のも​​のを下げる。すべての速度が十分に機器から期待される応答に一致するまでの速度の設定は、変更されたパフォーマンスを相殺することができます。この速度再マッピングでも一番上に、インスペクタのタイトルまで、すべてのMIDIリージョンの選択を解除して、入力されたMIDI演奏を生きるために適用することができ、地域の意見:MIDIスルー。

方法#2

第二のアプローチは、新たな速度プロセッサーのMIDIプラグインを利用しています。一つは、インストゥルメント·トラックに挿入され、あなたがそれを開いたときに、youllの途中で、MODEポップアップを経由して、速度の再マッピングのための3つのオプションが表示されます。

Fig. 3 The Velocity Processor MIDI plug-in.

図。 3速度プロセッサのMIDIプラグインです。

COMP。/経験。最も柔軟性があります。それはあなたが視覚的にあなたが見ることができるように、そのオプションにほとんどのキーボードコントローラは同じように速度を再マッピングし、任意の速度応答曲線を、ダイヤルアップすることができます。しかし、これのMIDIプラグインの速度マッピングも、そのトラック上の任意の事前に記録されたMIDIリージョンに適用されるだけでなく、入力されたMIDIパフォーマンス·データを生きること。

Fig. 4 The Velocity Processor: Comp./Exp. Mode: Dial up a custom velocity curve.

図。 4速度プロセッサ:コンプ/経験。モード:カスタム速度曲線をダイヤルします。

2番目のオプション値/範囲、あなたは、圧縮逆転、または、必要に応じて、速度応答を修正することができます。

Fig. 5 The Velocity Processor: Value/Range Mode: Fix, reverse, or compress the velocity range.

図。 5速度プロセッサ:値/範囲モード:、修正逆転、または速度レンジを圧縮。

第三の選択肢、追加/スケールは、正確に、MIDIリージョンのインスペクタパネルでの速度とダイナミクスの設定のように機能します。スケール=ダイナミクス、=ベロシティを追加します。

Fig. 6 The Velocity Processor: Add/Scale Mode: Compress/Expand & offset the velocity range.

図。 6速度プロセッサ:/スケールモードを追加します。圧縮/展開

MIDIプラグインの良いところは、それが測定器のパッチと一緒に保存することができるということであるので、あなたのバーチャル·インストゥルメントのほとんどはあなたのキーボード速度に適切に応答しますが、いけない、1つまたは2つを持っている場合は、速度を再マッピングすることができますちょうどそれらの機器、またはパッチ、およびそれが必要として、その後、あなたはどのプロジェクトで、新しいマップされたパッチを思い出すたびに応答するマップされたバージョンを再保存します。

それはこれらのメソッドの仮想instrumentsoneのうち、ほとんどは確かにトリック、いつでもMIDIベロシティの問題を実行する必要があり得ることになるとそう、これらの様々な微調整するための方法および再マップMIDIベロシティで、ロジックは本当に、対象となるすべての拠点を持っていますその頭をもたげ!

Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • greg88rx
    I love this, but. . . how can I apply these changes to the original source MIDI file itself for export with the corrected velocities for playback on a different device independent of my mac running logic pro x?
    • 4 years ago
    • By: greg88rx
    Reply
  • Joe A
    Of the two options described in this article, the first would be the one to use if you'll need to "render" the changes (It's more difficult to render the effects of a MIDI plug-in) -- Velocity tweaks in the Inspector area can easily be made permanent by right-clicking on the Region and choosing MIDI->Normalize. Though I didn't get into it in this article, you can also use a Transformer to tweak Velocities.. Transformers can be realtime, patched into the track in the Environment, or non-realtime (via the Transform window), applied to a selected Region (or Regions). There, for example, you could set up an Exponential Velocity Operation which would scale Velocities between minimum & maximum; optionally test it out with a realtime Transformer, and then use those settings to print the new curve to the MIDI data in the Regions via the Transform window before exporting.
    • 4 years ago
    • By: Joe A
Core Training: MIDI Recording and Editing
Logic Pro X 104
Dream It. Do It.
Do you want to learn Core Training: MIDI Recording and Editing?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: