All Articles Logic Pro
プログラミングは、Logic Proに戻るヒップホップのビートを築いた
Mo Volans on Tue, October 11th 1 comments
When it comes to creating drum parts, Ultrabeat provides a ton of suitable sounds for almost any musical style. And for programming the patterns? Mo Volans steps up with a laid back hip hop pattern.

ロジックでビートを作るにはかなり慣れているあなたのそれらのために私はIDは特定のスタイルやジャンルでビートを作ることにいくつかのチュートリアルをまとめる考え。よく、実際にさまざまなスタイルの数で使用できるゆったりとしたヒップホップのビートで始まります。

病気のこれらの簡単なヒントで物事をシンプルに保つことが、常に後日、より高度なチュートリアルで使用されるテクニックによって拡張できます。


ステップ1 - UltraBeatはアップ焼成

、ここにはあなたのサウンドソースとしてほぼすべてのサンプラーやバーチャルドラムマシンを使用することができますが、我々はロジックスネイティブドラムソリューションで行っている

Ultrabeatのにアクセスするための最良の方法は、ロジックの長所の上側の部分は、メインウィンドウをアレンジプラスアイコンを使用して、新しいソフトウェア音源トラックを追加することです。 [ライブラリのエリアに移動するとリストからUltraBeatは]を選択します。これはあなたのためのUltrabeatののインスタンスを事前にロードされたトラックを追加します。

Loading a new instrument channel

新しいインストゥルメントチャンネルをロードする。


Selecting UltraBeat in the library

ライブラリ内のUltrabeatのを選択。


今、私たちはいくつかの適当な音を選択し開始する準備が整いました...

The UltraBeat is good to go!

UltraBeatは行ってもいいです!


ステップ2 - 適切なキットをロードする

Logic Studioの完全なインストールが可能な、あらゆる楽器のためにあなたの音の印象的なコレクションを提供します

もちろんの

Picking the right kit

右のキットをピッキング。


この場合、私はヒップホップを選びました


ステップ3 - プログラミングの基本パターン

我々はプログラムのビートがUltraBeatはを使用してできるいくつかの方法があります、あなたは内部のステップシーケンサーを利用したり、仮想MIDIのモジュールとしてそれを使用し、キーボードとロジックス様々なイベントエディタに依存することができます。イムは、実際にここで2つの素敵な組み合わせを使用するつもり。

あなたが(私は通常、キックとスネアで始まる)からビートを構築するキーの音を選択して起動します。サウンドはUBSインタフェースの左側のキーボードを使用して選択されたら、手順を入力開始する準備が整いました。

ステップシーケンサーは、UBSインターフェースの下縁を越えてアクセスし、かなり簡単です。開始する前に、あなたのキットでロードされた任意のパターンを初期化することができます。これは、Controlキーを押しながらクリックパターンのメニューを、クリアを選択することによって行われます。

Clearing the step sequencer

ステップシーケンサーをクリア。


手順は簡単に提供するスライダーで変更される追加またはシングルクリックし、ステップの速度で削除することができます。あなたがプログラミングの手順を選択右の音を持っていることを確認することを忘れないでください。

Programming some initial steps

いくつかの初期のステップをプログラミング。


私はまたそれをより多くの人間の感じを与えるために、ループにいくつかのスイングを追加しました。あなたが満足しているループがあるまでこれらのステップを繰り返し続ける。あなたは、私は以下思い付いたものを聞くことができます。

The sequence in full view

完全なビューのシーケンス。

[オーディオのid ="8484"]


ステップ4 - メインアレンジページにパターンを移動する

あなたのパターンを使えば、現在のページを配置する主な論理にUBSのステップシーケンサーから作業を移動することができます完了。これは、MIDIデータを編集し、簡単に現在のプロジェクトに追加できることを意味します。

The part is dragged into Logic’s arrange window

部分は、ウィンドウを配置ロジックスにドラッグされます。


これで、MIDIイベントとして、新しいループが表示されるはずですし、これは他と同じように、カットコピーして塩基配列を決定することができます。独自のビートを作るために取得し、あなたと何ができるかを参照してください

The part in Logic’s piano roll editor

ロジックスのピアノロールエディタの一部。


あなたのロジックの巨大なドラムサンプラー/シンセ楽器について知っておく必要があるすべてを学ぶロジック204:Ultrabeatは耽美な

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • RJung
    Can i download this Tutorial as a Video somewhere?
    • 7 years ago
    • By: RJung
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: