All Articles Logic Pro
クイックヒント:アップルロジックのAuxチャンネルを自動化する方法
Rounik Sethi on Sun, June 27th | 0 comments
If you use Multiple-Outputs in Ultrabeat or EXS24, or you like to send to Auxiliary channels, then today's tips may be extremely useful! Adding track automation to tracks in the Arrange window is a

あなたの複数の出力を使用する場合UltrabeatのEXS24を 、またはあなたが補助チャネルに送信したい、そして今日のヒントは非常に有用である可能性があります。

アレンジウインドウでトラックにトラックのオートメーションを追加すると、まっすぐ進むプロセスです。どちらのオートメーションを表示したり、 ビューを選択するキーボード上の""を押して

ここから、選択のオフラインのあなたのトラックのオートメーションを描いたり、リアルタイムでトラックのオートメーションを記録するロジックの自動化モードのいずれかを使用することを選択できます。

あなたが補助トラックの音量、パン、ミュート、ソロ(または任意の効果の任意のパラメータ)を自動化する場合ので、あなたはどうすればよいのでしょうか。補助チャネルは、アレンジ領域で、デフォルトでは表示されません。しかし、これを達成するためにいくつかの簡単な方法があります....とロジックのほぼすべての関数のように、それはあなたのワークフローに合った方法を選ぶと選択の問題だ!より多くの個所を読んで...


ヒント1 -アレンジに追加する

ので、アレンジにはAuxのチャンネルはありません...いずれかを追加するには?さて、あなたは、アレンジ領域のトラックリストが機能するのボタン、"トラックの追加"と思うかもしれませんが、それは唯一のオーディオ、ソフトウェア音源や外部のトラックを作成するオプションを提供します...補助チャネルを見ることができる場所のは、ミキサーで見てみましょう。

ミキサーを表示し、選択のAuxチャンネルストリップ(s)を選択するためには、 ミキサーのタブをクリックします。

From the Mixer's local menu choose:
Options > Create Arrange Tracks for Selected Channel Strips

エリアをアレンジするチャンネルストリップを追加するには、他の方法があります。

あなたは、(上記のコマンドのためにキーコマンドの割り当てを確認する)キーコマンドを使用することができます。地雷は、Control - Tに設定されています。

右/ミキサー、またはインスペクターで、チャンネルストリップをControl -クリックして、 トラックをアレンジ選択/作成]を選択します。

Alternatively, you can select (or create) an extra track in the Arrange area and reassign it by control/right-clicking on the Track Header and choosing:
Reassign Track > Mixer > Aux >

アレンジ領域にAUXトラックを追加することを選択したどちらの方法で、今すぐオートメーションビューをオンにし、必要に応じてオートメーションモード(書き込み、、タッチ、ラッチを読む)のいずれかにAuxトラックを配置することができます。


ヒント2 -アレンジに追加する

あなたがロジックのノウハウを持っている場合、それはプロセスのステップをカットすることが可能です。これらの時間節約のヒントは、金で自分の体重の価値がある...ここで私はあなたと共有したい一つだ - それは非常に単純な、しかし非常に効果的です。

アレンジ領域のインスペクタであなたの補助チャネルを見ることができる場合にはミキサーのいずれかでこれを行うかができます、これはあまりにもそこに動作します。

Auxチャンネルストリップの自動選択エリアをクリックし、任意のオートメーションモードを選択します。そのチャンネルストリップは、アレンジ領域に追加して自動化できるように準備されます。それは、これがさらにミキサーを開くことなく行うことができるのは素晴らしいことだ!


ヒント3 -最終的な考え

考慮すべき点のいくつか...領域がアレンジ領域でのAuxトラック上に配置することができますが、彼らがどんな音を生成しません/ Auxチャンネルで読み取ることができます。ので、Auxトラックは、地域のための便利なストレージ領域を提供することができる...

上記のこの方法は、(ヒント1と2)補助チャンネル、出力チャンネル(複数可)と実際には任意のチャンネルストリップの両方で動作します。アレンジに出力チャンネルストリップを追加すると、すぐにマルチトラックプロジェクトのトラックのオートメーションを使用して、曲の始めと終わりにフェードを追加するのにはとても良い方法だろう。

あなたがさらにこのまたは他のロジックやMacのソフトウェアの問題に関するヘルプが必要な場合をご参照くださいwww.macprovideo.com/forum/


Interested in learning more about Logic? These tutorials will help you to become proficient whether you are starting out or looking for advanced tips, tricks and techniques! We'd love to hear from your. Let us know what you think by writing a comment below!

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: