All Articles Logic Pro
エンベロープフォロワーとロジックとの理由で自動フィルタの使用
Mo Volans on Sat, March 5th 0 comments
Filtering is a great way to add life and attitude to your audio but sometimes the results can be a little static. Aside from adding time consuming automation to introduce movement you have the option

フィルタリングは、オーディオに人生と態度を追加することが、時々の結果は少し静的であることができる素晴らしい方法です。脇の動きを紹介する時間のかかる自動化が追加されるのは、オートフィルターやエンベロープフォロワーを使用するオプションがあります。

Quite a few DAW's feature these as bundled plug-in's but I'm going to focus on two in particular, Logic's 'AutoFilter' and Reason's Simpler Envelope controlled filter.

ステップ1 - "オートフィルタ"をアップロード

Logicのオートフィルタプラグインは、右のフィルタフォルダの上部に記載されています。いったん読み込まれると、それは非常に複雑であり、機能が豊富なものに気付くでしょう。それが分解し、多くの楽しみがかなり使いやすいですけれども心配しないでください。

選択したトラックのインサートとしてロードオートフィルタを使えば、音はすぐに変更されていることに気付くでしょう。これはデフォルトの設定が渡さかなり重いという事実によるものです。

私はいつものプラグインを初期化して、あなたは私が下のスクリーンショットで使用する設定を見ることができます。この方法で起動すると、ちょうどあなたがあなたのオーディオ未処理を聞くことができます。

ステップ2 - いくつかの基本的なフィルタ設定を適用する

今あなたがコアフィルタコントロールを見つけるのプラグインインタフェースの右上に向かう。少し共鳴を稼働させると、カットオフ周波数を操作してみてください。この例では、私は、ローパスモードでフィルタを残しているが、それは他のモードをチェックアウトする価値は十分です。

肥満のコントロールは、ここでは、面白い趣向だとあまりにも多くの信号のローエンドを低下させることなく共振の多くを追加できるようになります。原則として私はちょうど100%でこのまま!

ステップ3 - エンベロープの設定

フィルターセクションの場所でいくつかの基本的な設定で我々は現在のエンベロープフォロワーで混乱を開始することができます。エンベロープベースのすべての設定は、フィルタの左にあります。私はここに示唆する最初の事はまともな金額に"カットオフモジュレーション"を起動するために、これはあなたがリアルタイムで効果をあらわすよう、調整を聞くことを意味します。

もし効果が根付く音がするまで今のしきい値量をダウンさせる。これはエンベロープフォロワーであることを覚えて、それはあなたの信号の受信ダイナミクスを感知して動作するので、当然それは他よりいくつかの信号にした方が良いでしょう。

もし好みにエンベロープの設定を変更することができる、実験はここで重要ですが、私はその崩壊を見つけるために傾向がある

乾燥した未処理のループを聴く:

[オーディオのid ="1942"]

適用されるエンベロープフィルターと同じループを聴く:

[オーディオID ="1943"]

ステップ4 - オートフィルタのLFOを設定する

エンベロープセクションでは、あなたのための少し余りに予測不可能である、またはちょうどあなたがLFO(低周波発振器)と手を染めて試みることができる個別の動的な署名を持っていないオーディオを使用している。場合

これはシンセのLFOとほぼ同じ方法で動作し、それは、変調フィルタのカットオフが可能です。 LFOは波形の数を使用して、DAWのBPMに同期することができます。私はここにLFOをベースに正弦波を使用している。

また、非常にまっすぐ進むオートパンエフェクトを作成するステレオ位相制御を使用することができます。

アクション内に追加可能なLFOを持つループを聴く:

[オーディオのid ="1945"]

ステップ5 - 単純な代替

あなたが理由のユーザーである、または単に空想少しシンプルなものをしようとすると、Reasonの"ECF - 42エンベロープ制御フィルタ"を見てみ〜するのも悪くない。それは非常に少数のコントロールを備えたハーフラックの事件気難しいです。

基本的に、この小さなユニットは、エンベロープフォロワータイプのエフェクトが可能であり、2つのローパス一バンドパスモードを持つ、非常に素敵な共振フィルタを備えています。 Logicのオートフィルタは、間違いなく、より機能が豊富ですが、

Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: