All Articles Logic Pro
Logicのオートメーションモードの説明
Mo Volans on Thu, February 10th 10 comments
Automation is literally one of the best things about modern music production software. Hopefully I don't sound old when I say that I can clearly remember using systems that had zero automation or call

オートメーションは、文字通り現代的な音楽制作ソフトウェアの長所の一つです。私は明らかにゼロ自動化またはコールバックを持っていて、それがよく、あったシステムを使用して覚えることができると言うときにうまくいけば、私は古い音がない...悪夢!

Now we can record, automate and edit any movements we make on just about any parameter in our DAW. This is truly a great thing but there are a few pitfalls that you have to look out for. Here we take a look at understanding the various automation modes in Logic Pro.

オートメーションの書き込み

新鮮な記録またはプログラムされたトラックにあなたの一番最初のオートメーションデータを書き込むときは、次の3つのオートメーションモード(書き込み、ラッチおよびタッチ)のいずれかを使用することができます。これらのモードのいずれかが喜んで適切なオートメーショントラックにあなたの動きを記録します。

だから、あなたのプロジェクトの演奏を取得、書き込みモードに入るとプラグインパラメータ、レベル、パンと移動を開始。設定が完了したら、そのすべてが記録されて見つけると、それは使用準備は完了です。

なぜラッチ対書き込みモードを使用するのか?

では、なぜその後、あなたが尋ねる、ロジックは3つの書き込みモードを持っているとしたとき私たちはそれらを使うのですか?それはロジックが再生されているときにオートメーションデータを記録して、パラメータ/フェーダーを移動したら続けても、 ラッチモードでは、最も便利なモードの1つです。お使いのコントローラやマウスでパラメータを移動した後まで、また、任意の既存のオートメーションデータを上書きしません。

より多くの破壊的な書き込みモードは、一般的疫病のように避けるべきである。

それは、伝統的な意味でのオートメーションデータを書き込むありませんが、全てのトラックに記録されている何かを消去します。あなたがそれを必要とせず、"それはオートメーションモードを完了するためにのみ存在する"ことはめったになることそれらのマニュアルでさえ、Appleは状態。

タッチモードとは何ですか?

タッチモード 、実際に使用可能なモードであり、それが破壊的でない場合や、問題のパラメータを調整していないときに記録されたデータはそのまま残りますという点でモードをラッチするために非常に似ています。

エディタのヒント:タッチモードは、本質的に読み取りモードと同じように動作します。あなたがタッチコントローラまたはマウスを使用してパラメータを変更するまで、すべての既存のオートメーションデータが読み込まれます。したら、マウスボタンやコントローラの既存のオートメーションデータが読み込まれるを離します。

例えば、あなたが唯一のサビの部分でボリュームを自動化する、場合は、タッチモードは素晴らしいです...その後、すぐに、ボリュームレベルフェーダーを離すと、フェーダーは、オートメーションを適用開始する前に既存の値が何であれにジャンプして戻ります。

戻る事を再生する

一度戻ってそれを再生して、オートメーションを記録したことは" 読み取り "モードに曲を入れるのと同じくらい簡単です。記録されたものは、あなたのプロジェクトが行うように再生されます。シンプル。

もちろん、それはときにラッチまたはタッチモードでのデータが再生もされることを思い出し価値があるので、これはまだ多くの余分な書き込みモードを介してこれらのモードを使用する別の理由です。

チェックアウトロジック101:コアLogic 9のチュートリアルより多くの自動化のヒントとトリックのためと、このブログのチュートリアルのLogic Proの5オートメーションパワーユーザーのヒントとテクニックを

Comments (10)

You must be logged in to comment.

  • Steve
    I know this article is about 1000 years old in internet years, but what is the next step? My automation is in and where I want it. Do I need to bounce tracks, bounce tracks in place, etc? Thanks.
    • 6 months ago
    • By: Steve
    Reply
  • So when would be a good situation to use write mode? Thanks
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
  • Rounik Admin
    Hey Ben, 'Write' mode is great to use when you're 'recording' automation to a track for the first time. Also, if you decide you wish to delete / overwrite all automation on all tracks... then use write mode! (It's safe to say I don't use write mode much!!)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • movolans
    Hi Ben... The simple answer to your question is 'never' ;) To be honest it's only really there for legacy reasons and to tie in with controls on some dedicated control surfaces. Even the Logic manual suggests "it is only there to complete the automation modes"
    • 8 years ago
    • By: movolans
    Reply
  • movolans
    Haha, obviously Rounik and I disagree slightly here but he certainly makes a good point... saying that I think my 'write' mode will remain unused.
    • 8 years ago
    • By: movolans
    Reply
  • Thanks guys, very helpful! I've been using logic through college for the past year but there's so much to learn! Need to set aside more time for these tutorials me thinks!
    • 8 years ago
    • By:
    Reply
  • Rounik Admin
    Glad you're finding these tuts useful Ben! Keep checking back daily - there's lots of good stuff in the pipeline... @ Mo... I should've said "I don't use write mode EVER!!" Ha! Well, I'm sure I used it the once when I first used track automation in Logic and to my dismay the rest of the automation on my tracks disappeared ;-)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Peter Schwartz
    I second the emotion of avoiding Write mode. I never use it. If you're starting a track and you want to write in initial volume levels, Latch is fine for that. And if you want to delete automation, there are much faster ways of doing that where you don't have to wait for your entire track to play down.
    • 8 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • GaryHiebner
    Thanks for the great tut, Mo! Definitely be careful with write mode. Very easy to overwrite automation you may have spent hours doing.
    • 8 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Sullyblime
    Hi Mo. If I automate the volume on a track, but then want to adjust the 'original' overall volume of the track, how can I do this while still maintaining the automation pattern? For example, I automate a track to go up in volume that orignally started on -5. But then I decide to move the fader down to -8. But when I try that, the automation automatically snaps back to -5 every time. Thanks!
    • 7 years ago
    • By: Sullyblime
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: