All Articles Logic Pro
ロジックProとPro Toolsのオートメーションのスケーリングおよびトリミング
Mike Watkinson on Thu, July 14th | 0 comments
Automation can add life and a dynamic quality to a mix. Knowing how to edit, scale and trim this data after the fact is essential. Mike Watkinson shows you how to do just this in Logic and Pro Tools.

トラックオートメーションは、ボリュームなどのパラメータがフィルターのカットオフなどのようなリアルタイムのパフォーマンスパラメータを取り込むための、あまりにもダイナミックなパフォーマンスの微調整のために、動的なミックスを作成するための素晴らしいツールです。しかし、トラックのオートメーションが書き込まれたあと、それは時々あなたがそのパラメータの全体的なレベルを調整する必要があるケースです。例えば、ボーカルの全体的なレベルを始動するが、記述された自動化の変化はそのままに。これは、自動化の拡大縮小やトリミングと呼ばれ、ロジックProとPro Toolsでこれを達成する方法この簡単なヒントを紹介します。


ロジックの自動化

スケーリングの自動化は、(ではないミキサーで)アレンジ領域で達成される。オートメーションのビューでは、Commandキーを押しながら、自動化を拡張するためのオートメーションフェーダー(トラックヘッダ上で黄色の垂直スケール)を調整有効になっています。コントロールキーを追加すると、より細かく制御することができます。


また、トラックのヘッダ内の数値フィールドにコマンドキーを押しながらドラッグすることで、この影響を受けるを達成することができます。Command -クリックトラックヘッダの数値フィールドと、そのトラックのすべての自動化を選択します。


ロジックの圧縮オートメーション

ユーザーが頻繁にここにこの問題を回避するには、選択することですので自動選択ツールでは、自動化のちょうど下のノードを選択することができないことそれは常に、それらすべてを(あなたがGarageBandでこれを行うことができますように奇数である!)が選択されるされるロジックの長所と文句を言うことの一つすべてのオートメーションノード、その後スケーリングによって(またはダウン)、オートメーションを上に移動。アッパーで(または下)自動化の範囲に圧縮し、その後スケーリングによって適切なレベルに戻って圧縮されたバージョンを移動することができます制限する。

Push the automation up to the top to compress it it, then scale it back down again

それをそれを圧縮するために上部への自動化を押し上げ、その後は再び減少し、それを縮小


Pro Toolsのオートメーション

のProToolsでは、ご想像のように、いくつかのオプションがあります。我々はここで達成しようとしているのか、起動するには、ミキシングデスクで育ったオーディオ専門家がすなわちトリムを認識する名前を持っています。我々はLogic Proのに見たプロセスの直接対応するものがトリミングしたいすべての自動化を(適切なトラックビューで)選択する場合、それを上下に移動するトリマーツールを使用してください。

Using the Trimmer tool to ‘scale’ automation

自動化を拡張するためにトリマーツールを使用する


Pro Toolsのボリュームトリム

問題の自動化がボリュームの場合、Pro Toolsでは、追加の行を(黄色である)を編集することにより、既存の自動化を調整することができるボリュームトリムと呼ばれるトラックビューを提供しています。編集は、グラバーツールでブレークポイントを追加したり、トリマーツールでトリミングすることで、つまり通常の方法で行うことができます。結果の自動化は、ボリュームの自動化とボリュームのトリムの合計になります。

Volume trim track view - the original automation is in blue, the trim in yellow

ボリュームトリムトラックビュー - オリジナルの自動化は、青色に黄色のトリムです。


Pro Toolsのトリムモード

あなたが完全な生産のツールキット2をインストールやProTools HDを持っているなら、あなたはまた、オートメーションモードセレクタから利用可能なトリムモードを持っている。これは、ProToolsの再既存の自動化に追加のモードを、書き込みが、独立して編集することができるのいずれかを使用してトリムオートメーションを記録することができます。そこにオートメーションを編集するのは、このメソッドに関連付けられている高度なアクションのシリーズ全体があり、これらは今後のチュートリアルの主題を形成することになる。

Automation in Trim mode - note the fader button is yellow

トリムモードでオートメーション - フェーダーボタンが黄色であることに注意


Pro Toolsの詳細についてはする必要がありますか?これらのチェックアウトのPro Tools 9つのビデオチュートリアルを今。

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: