All Articles Logic Pro
ロジックのスクリーンセット - パート2
Tobias Escher on Wed, December 1st 1 comments
In the first part of this tutorial about using Screensets in Logic we had a look at the general concept of Screensets and how you can use them to have important information visible at all times. This

In このチュートリアルの最初の部分ロジックでのスクリーンセットの使用について当社は、スクリーンセットとどのようにあなたが常に目に見える重要な情報を持っているそれらを使用できる一般的な概念を見ていた。この第二部は、スクリーンセットが有用である他の多くの分野と密接なとお得なチュートリアルをもたらします。

スコアエディタ

Logicのスコアエディタは、しばしば過小評価されている。番号書かれた交響曲のスコアを(何のためのものかシベリウスと同類だと)生産するための選択肢の1つとしていない確かにしながら、それは確かに、ライブ録音用に書かれた部品を製造するための十分以上です。しかし、ライブスコアを準備していなくても、それはまだ特に記録、スコアエディタが開いてすることは有益です。訓練のビットを使用すると、他の線をオーバーダブする時に一緒に読むことができるようになる。ときに、レコードだけスコアエディタは、重要な部分を示している。これはおそらくあなたの音楽の紙にメモやスケッチがたくさん保存されます?

It may be obvious, but I have found the Score Editor one of the few windows that are best used fullscreen. So put the Score Editor maximised in a new screenset so you have it ready when you need it.
As with the Screensets I showed you in the first part, I find it best to leave the arrange on the primary screen untouched. This way you can switch between Screensets while recording without getting confused by the arrange changing.

MIDIの編集

ロジックは、はるかにMIDIが行くように非常に強力なアプリケーションです - ちょうど環境でほぼ無限の可能性を考える! MIDI編集のために、画面上に持っている基本的なことは、ピアノロールです。それをメディアサイズを作るので、楽器やおMotifまたはファントムのワークステーションなどの外部機器用のテンプレートへのアクセスを迅速に作成するために、その隣の小さな環境のウィンドウを詰め込むためにチャンスがある。

あなたがアレンジで複数の領域を選択すると、ピアノロールでは、音符のタイミングを補正するための大きなである1つのウィンドウにその内容が表示されます。それは非常に機械的なので私は手で可能な限り多くのタイミング補正を行うように助言すると量子化をあまり使用しません。

シベリウスのようなサードパーティのソフトウェアから読み込んだMIDIファイルを扱う場合は特に、またパンの情報や他のコントローラの迅速な除去のためのMIDI screensetのハイパーエディタが必要です。ほとんどのMIDIファイルには、事前にパンを来て、あなたはおそらくあなたがロジックで使用するライブラリにパンを適応させることになるでしょう。ハイパーエディタでも、ボリュームの情報を取り除く唯一の場所だ!そうでない場合は、トラックを再生すると常にフェーダーをリセットします。

Here is an example of how a MIDI editing screen could look like:

オーディオ編集

ソフトウェアインストゥルメントや外部MIDI機器はもちろん、いわば論理の半分だけ、である;待っている"本当の"オーディオの全世界があります。単にMIDIの編集と同じように、ワークフローは番目の画面上にオーディオ操作の権利のためのツールのセットを持っていることから恩恵を受ける。

だけでなく、編集のためでなく、何が起こっているのを見のために - MIDIのピアノロールと同様に、サンプルエディタでオーディオを扱う必要不可欠なツールです。あなたが"ヒットポイント"を参照してくださいので波形を見ることで、少し練習では、より正確に記録することができるようになります。

最終的なプロジェクトの印象を得るために、私は、記録されたファイルから不要な部分をカットするために大きな価値がそれを発見した。おそらく、開始時に沈黙の数秒を持っている。時には、これらの部品は多くのノイズを注入、ポップして録音するクラックル。さらに、彼らは、ミックスが乱雑ので、接続する部品をカットすることを確認してください。

ミキシング

あなたが主にミックスの方法は、あなたの好みや機器に依存します。あなたが混合するための専用コンソールを使用する場合は、おそらく混合するためのscreensetを必要としません。しかし、ロジックに混在する場合には、なります。

私は最後にミキシングを行うことをお勧めします。当然、あなたは、録音中はラフミックス(ソフトウェアインストゥルメントを扱う場合は特に)にダイヤルが、最後のために本物を保存する必要があります。 2台目のモニタに配置し、その目の前で持っているように、メイン画面の大きなミキサーに入れて移動する。これには2つの利点があります:あなたは目の前にミキサーを参照してくださいとの番目の画面のソートに配置の配置は、配置で物事を編集するには、心理的障壁を作成します。この段階では、ミックスではなく、配置についてです。)

私はこのscreenset内の2つの別々のミキサーウィンドウを持つ傾向にあります。

- My lower and main mixer has all the audio and SI tracks (as well as External MIDI, where applicable), but no busses, auxes and other "special" tracks. This is where you mix the individual tracks by drawing automation data.
- The "console mixer", as I call it, at the top has the auxes, busses and the master output. The latter stays at 0.0, while the busses are used to balance individual sections. I rarely use automation with these, you should have your levels near perfect in Mixer 1. This Mixer really is for the fine tuning and balancing of sections. Colour-coded tracks help with not getting lost too.

だけ低いミキサーをアレンジにリンクされていることに注意してください。上部のミキサーはauxesとバスのどれも実際にそこに表示されていないので、アレンジで選択されているものに従っていません。それをリンクしないことによって、ロジックは不必要にトラック、コントロールサーフェスの間をジャンプしていないが混乱しないでください。

Here's a screenshot:

この大規模なフルスクリーンミキサーScreensetはあなたに本当のアナログコンソールの感触を与え、私の経験では大幅にとしてちょうどアレンジでインスペクタ内のすべての単一のトラックを調整することに比べて、ミックスを高めることができます。それをお試しください!

ポストプロダクション

For post-production, the windows you need on your screen largely depend on what you define as post-production. You should try to avoid making any changes to the actual audio / MIDI material anymore, but only put the finishing touches on your track. Mixing should be complete, with only Mastering left.
When Mastering, you will likely need a number of plugins open, the exact plugins used depending on what you prefer to work with and last but not least on what you have to work with.
In the best case, all you need are a few plugins on the master output and possibly on the section busses - if you have to touch the individual tracks during this last phase, chances are high that you try to fix something in the master that should actually have been fixed in the mix.

ここにあなたのポストプロダクションScreensetに持っておくべきことのリストは、次のとおりです。

  1. Output level meter: Similarly to the output meter on the recording screenset, a big level meter showing you what comes out of your monitors is a good thing to have. You can easily see when you track is either too quiet or already clipping.
  2. Spectral analyzer: It goes without saying that an array of plugins showing you in a graphical way what is happening in your track are important.
  3. Plugin Windows: I recommend keeping the most important post-production plugins open, so you can edit their parameters with ease and compare the sound.

私は何をスクリーンセットのこの概要では便利だった自分にできることを願っています。ご質問を持っている場合やコメントにしまい撃つそしてあなたの知識本をチェックストレッチ行くto

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Fulawie
    Hi! I learned a lot from this and your other tutorial on Screensets. I'm a little confused though, regarding the mixer, you stated that "My lower and main mixer has all the audio and SI tracks (as well as External MIDI, where applicable), but no busses, auxes and other "special" tracks. The "console mixer", as I call it, at the top has the auxes, busses and the master output." In the picture you provided, it looks like this has been reversed. Was this a typo? I have another question, what do you mean by "This is where you mix the individual tracks by drawing automation data." I don't understand the 'by drawing automation data' bit. Please elaborate?
    • 5 years ago
    • By: Fulawie
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: