All Articles Logic Pro
ロジック、パート2で外部インストゥルメントの設定
Richard Lainhart on Wed, June 15th 0 comments
In the first part of this Feature Tutorial we discussed how to configure external MIDI instruments in Logic that is, setting up a hardware MIDI keyboard or drum machine as both a MIDI controller...

で、 この機能のチュートリアルの最初の部分私たちは、あなたがMIDI情報を記録できるMIDIコントローラー、、とMIDI音源の両方としてハードウェアMIDIキーボードやドラムマシンをセットアップする、あるロジックで外部MIDI機器を設定する方法について説明しましたもしロジックからMIDIデータを送信できるまで。その構成は、MIDIインストゥルメントが外部ミキサーに接続されていたと仮定し、MIDIシーケンサーとして厳密にロジックを使用していたこと。

Logicはオーディオワークステーションではなく、もちろん単なるMIDIシーケンサー、そしてシンプルな外部MIDI機器がすべて強力なからあなたをシャットアウトするようにMIDIキーボードを設定するプラグインエフェクトプロセッサ、ロジックで使用可能な他のオーディオ機能です。ロジックのオーディオインストゥルメントとしてMIDIデバイスを使用し、それにロジックの内部オーディオプロセッシングプラグインとデバイスのオーディオ出力を処理し、さらにバウンスを含めて、内部のソフトウェアインストゥルメントと同じ方法を、治療する方法が、しかし、あるオーディオトラックにMIDIトラックを録音。あなたは、ロジックの外部インストゥルメントプラグインを使用してこれを行うと、このチュートリアルでは、それを設定する方法を説明します。


ステップ1 - 初期設定

我々は、で説明したように、Audio MIDI設定でMIDIデバイスを構成したと仮定してスタートさせるつもりだその1 。私のケースでは、私のカーツワイルK2500の鍵盤のMIDI入力と出力は、ポート8日に私のMOTUエクスプレス128に接続されています:


我々はまた、キーボードのローカルコントロールが(ローカルコントロール: オフ )が無効になっていることを確認したいので、我々は再生するときに我々は、ダブルトリガーのノートにはなりません。次に、しかし、代わりにミキサーにあなたのキーボードを差し込むと、お使いのオーディオインターフェースのオーディオ入力端子のペアに接続する必要があります。これはとてもロジックがデバイスからオーディオを処理し、制御することです。私のケースでは、私の2500は私のMOTU 896HDインタフェース3-4の入力に接続されています。それはお互いに対応するMIDIポートとオーディオ入力は不要です。あなたは自分のデバイスが接続されているポートと、入力を覚えておく必要があります。


ステップ2 - ロジックを起動し、新しい空のプロジェクトを作成します。

次に、ロジックを起動し、新しい空のプロジェクトを作成し、あなたが新規トラックを作成するように要求しているとき、1つのソフトウェアインストゥルメントトラックを選択します。


"オープンライブラリ'オプションにもチェックが入っていることを確認してください。標準的なアレンジウインドウには、最初のチャンネルストリップに設定されているデフォルトEVP88楽器で開き、そして、メインウィンドウに新しいオーディオトラックが表示されます。


ステップ3 - 外部インストゥルメントプラグインをロード

次に、をクリックし、左側のチャンネルストリップのI / OセクションのEVP88ボタンを押したままにし、01を選択します。


ステップ4 - 環境でのMIDIインストゥルメントの設定

あなたがそれを選択したときに外部インストゥルメントのプラグインウィンドウが開いたら、閉じてください。我々は、外部インストゥルメントプラグインでそれを使用する環境でのMIDI機器を構成する必要があります。あなたが前にそれを使用していない場合の環境は少々手ごわいように見えることができますが、私たちの構成は、実際には非常に簡単ですし、ちょうどしばらく時間がかかります。

環境ウィンドウ( ウィンドウを開きます。


次の"新規"のローカルメニューをクリックして、新しいマルチインストゥルメントオブジェクトをロードする"マルチインストゥルメントを"(あなたがK2500のようなマルチティンバー、マルチチャンネルのキーボードを操作していると仮定して)選択します。


今、あなたの楽器は全16チャンネルのMIDIデータを受信できる場合、必要​​な操作は、ウィンドウの左側にある"ポート"ポップアップをクリックし、どのデバイスが接続されているインターフェイス上でMIDIポートを選択している。


これは全16チャネル用のグローバルインストゥルメントのMIDI設定を設定します。一方、あなたの楽器はマルチチャンネルであり、場合が、すべての16を使用していないと、マルチインストゥルメントのリストで、各チャンネル番号をクリックして、チャネルごとにMIDIポートを指定する必要がありますオブジェクトとインスペクタ内の左側にそれを設定する:


最後に、名前が左側の列の一番上に(。マルチInStr関数)のジェネリックをダブルクリックして、楽器のnamein私の場合、K2500に変更します。 [環境]ウィンドウを閉じて、つまりは、そこを実行する必要があるのです。


ステップ5 - 外部インストゥルメントプラグインを設定

今あなたが環境にMIDIインストゥルメントを定義したので、外部インストゥルメントプラグインを設定することができます。プラグインウィンドウを開くために入力インサート(直接I / Oラベル下)における外部インストゥルメントプラグインをダブルクリックします。


MIDI接続先のプルダウンメニューをクリックし、リストからお使いのMIDIインストゥルメントを選択します。


次に、プルダウンメニュー入力を展開し、MIDIデバイスが接続されているオーディオインターフェースのインプットを選択します。私の場合は、それは3-4入力です。


あなたの外部インストゥルメントは、これで準備完了です!外部インストゥルメントトラックを録音可能な状態といくつかの音符を演奏し、楽器が聞こえるはずです。チャンネルストリップの入力レベルのスライダを調整しながら再生し続ける、そして、あなたのハードウェア機器は、それは内部のソフトウェアインストゥルメントと同じようにフェードアップダウンが聞こえます。現在のチャンネルストリップのインサートにいくつかのエフェクトプロセッサープラグインをロードし、そしてあなたにもあなたの楽器は、それらによって影響を聞くことができます。最後に、記録対応のトラックに何か、そしてあなたは、そうでない場合はオーディオトラックと思われるものにMIDIデータを記録できます。あなたも、さらなる処理または配布のための実際のオーディオデータにこのトラックをバウンスすることができます。ちょうどあなたが外部インストゥルメントトラックをバウンスするときは、リアルタイムモード、代わりにオフラインモードを使用する必要があることに注意してください。外部インストゥルメントトラックをバウンスするときにオフラインモードを使用することができないからだ。

そして、それはこれだけです!あなたは、外部インストゥルメントのセットアップを使用すると、標準のMIDIインストゥルメントを介してあなたを与える力を見ることができます。常にとして、実験、そして楽しい時を過す!

ロジックの環境に戸惑う?これら二つのチュートリアルをチェックアウト。

ロジック101 -コアロジック

ロジック304 -ロジックTNT 3:リローデッド

ゼロからMIDIを理解する必要がありますか?ピーターシュワルツすることにより、このチュートリアルをチェックアウト。

MIDI 101 - Demystified MIDI

Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: