All Articles Logic Pro
サウンドデザイン:ブラックアイドピーズLogic Proの、パート1でのダーティビットのシンセ
Richard Lainhart on Fri, June 17th 2 comments
In Part 1 of this Quick Tutorial, we'll be looking at how to reproduce a synth sound from a recent pop hit, The Black Eyed Peas "The Time (Dirty Bit)"...

In Part 1 of this Quick Tutorial, we'll be looking at how to reproduce a synth sound from a recent pop hit, The Black Eyed Peas "The Time (Dirty Bit)": For this tutorial, we'll be using Logic's ES2 softsynth and recreating the stringy synth arpeggio sound that you hear by itself at the beginning of the song. We won't be able to reproduce it exactly, since a different synth was used for this song, but we can get quite close. Let's get started.

"時間(ダーティビット)"ブラックアイドピーズを見る

ステップ1 - ロジックのプロジェクトを設定します。

オープンロジック、およびつの空のソフトウェア音源トラックを含む新しい空のプロジェクトを開始します。


クリックしたまま、チャンネルストリップのI / Oセクションの最上部のデフォルトEVP88ボタンを、01を選択します。


...デフォルトのES 2ウィンドウを開くには:


ステップ2 - サウンドを分析

瞬間を取り、幸いにも完全に曲のイントロで公開されている音、耳を傾ける:それは明るい、上部高調波がたくさんで、オクターブで非常に鋭い、短い酔っぱらった低音のトーンとして開始されます。アルペジオ和音を開始する前にし、音のアタックとディケイの両方が少し長くなる。それは、文字列のシンセの音のように多少だが、明るく、そしてそれはその背後にあるコーラスと長いリバーブを少し持っています。アルペジオの図の最初の部分の間に、アタックとディケイは再び短いですが、徐々にフレーズの経過中に長く。


ステップ3 - サウンドを作成する

そう、前置きはここに私のES2のパッチは次のとおりです。


として密接にすることができますよう、これらの設定を再現してみてください - あなたが行うのであれば、そこに道のほとんどのはず、と私は残りの部分を説明します。

最初に、ModWhl(モジュレーションホイール)コントローラは、オープニングの低音のパルスを演奏しながらエンベロープ3のディケイと攻撃(これはルータの最初の二つのスロットに搭載されている。)の両方にマップされていることに注意して、あなたのモジュレーションホイールですべて始めるウェイダウン、その後徐々に開口部の3番目と4番目のバーでそれを開くしてください:

[オーディオのid ="6917"]


また、これは音の明るい、糸状のソートなので、我々は明るい文字列のような話題を持っている傾向がある、全体にノコギリ波を使用していることに注意してください。第1の発振器は、音にアッパーオクターブバズの少量を提供していますが、ボディは若干ピッチに若干のコーラスを与えるためにデチューンされている2番目と3番目の発振器、から来ている。

他のポイント:我々は、必要に応じて私たちは一度に複数のノートを再生できるが、いくつかの厚さを追加するためにノートを倍増するポリユニゾンモード、にいる。そして、我々はより低い高調波の一部を削除すると上限を強調するハイパスフィルター、で混合発振器を渡して、我々はフィルタステージの後、コーラスを少し追加している、および他のほとんどの関数は無効になります。

彼らはおそらく読みにくいだと私は、指摘する2つの特定の値:私達の音の振幅を制御するエンベロープ3のアタックは、、ちょうどゼロ、0.16msの上に設定されている。これは、我々はモジュレーションホイールのコントロールを追加するときに長くする余地があるようです。


ステップ4 - 最後の仕上げ

最後のステップは、PlatinumVerbの"ブライトロング動詞"のような、長いリバーブを追加し、そのウェットミックスが非常に低く設定することです。


そしてそれらは基本です。いつものように、これらの設定を試す必要があります。しかし、すべてのほとんどは、楽しい時を過す!

LogicのES2でサウンドデザインをより深く取得したいですか? SteveHのチェックアウトES2露出-ロジック206を

Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • Greg M
    Nice tutorial Richard, slightly confused though as you say you use sawtooth waves throughout but OSC 2 + 3 are set to Pulse width modulated square waves in the image.
    • 7 years ago
    • By: Greg M
    Reply
  • jorgefilemon
    hey amazing tutorial, confused as well with the pulse wave though but yeah i used the pulse wave instead of the saw as the picture shows. Also, do you happen to know how do they do that effect where they change the pitch of the vocals, they use it a lot. they even do like melodies with the vocal pitch shifting ..can't figure out, i tried with autotune and by playing autotune's keys, but it doesnt work.
    • 7 years ago
    • By: jorgefilemon
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: