All Articles Logic Pro
サウンドデザイン:ロジックを再作成ダフトパンクの"ロボットのロック"シンセサウンド
Peter Schwartz on Wed, May 18th 6 comments
Daft Punk's synth sounds, simply rule (a comment I'd like to make about their music in general). Let's find out how to re-create the sound used in Robot Rock using Logic's ES2 analog synth plugin.

私は何を言うことができる?ダフトパンクのシンセは、単にルールを(私は一般的に彼らの音楽について確認したいコメント)に聞こえる。音が象徴的です。古典的な。非常に記憶に残る。私はファンです。いつRounikがサウンドデザインイン書き込みに頼まロジックの私のアナログシンセのマスタークラスのいずれかにおいて、学生はダフトパンクの中で聞いたシンセ音を作成する方法を聞くと、ハブの記事を、私は時間を思い出しました"ロボットのロック"。それはそれを試してして再作成するためにとても楽しいでしたが、波形の同期を使ってサウンドれる他の古典的な記録のことを思い出しただけではなく - よりよい"同期"として知られるようにが - 均等に決定的なシンセのフックのための基礎として使用された。それらのレコードがNenehチェリーの"バッファロースタンス"と車である中で、"レッツゴー"。

しかし、十分に私は思い出をたどる旅を撮る。どのように使用してロボットロックで使用されている音を再作成するために調べてみましょうLogicのES2アナログシンセのプラグインを!


苦情の部門、すでに?

私はこの記事を書いているように、電子メールは既に私はこの音を作る方法を示すためにロジックの最も複雑なバーチャルアナログシンセのプラグインを選択しなければならなかった理由を尋ねに殺到している。よく、私は二つの理由があります。彼らも良いものかもしれません!私はあなたを裁判官とするよ...

最初に、それは同期波形を生成する能力を提供するロジックのアナログシンセのプラグの一方のみです。そして第二に我々は唯一のロボットのロックで使用されているサウンドを実現するためにに若干の修正を行う必要がある"チュートリアルの設定"フォルダ内の音があります。


同期:ステップ1

ES2のインスタンスをロードしてから、非常に穏やかな響きの"チュートリアルの設定"フォルダ内から設定する"Syncがスタート"を選択します。


いったん読み込まれると、音を演奏としてはかなり急速にモジュレーションホイールを上下に移動し、sync'd発振器の特性リッピング音が聞こえます。あなたがモジュレーションマトリックスのスロット1に見られるように、それはあなたがホイールの動きとオシレータ2のピッチを掃引できるように予めプログラムされている、ので、モジュレーションホイールには、このアクションが発生します。しかし、何がそのリッピング音の原因は何ですか?

- 発振器(この場合はOsc. 2)のピッチ(周波数)が変更されているときに、その波形は、そのサイクルの先頭にリセットするために強制されている間も、これは毎回別のオシレーター("マスタ発振器を"発生オシレーター1)は、独自のサイクルを完了します。と別の発振器で、スタート地点に1オシレーターの波形のこの同期は、単語の"同期"がから派生されている場所です。そしてそう、OSCと。あなたがそのピッチを変更すると2の波形が常にリセットされ、波形は文字通りその古典的なリッピングサウンドを生成、プロセスでフラフラになってさ。

あなたが理論を知っているので、に移りましょう...


同期:ステップ2

ゼロにモジュレーションホイールを返し、そして第2の変調スロットで、0.93(おそらくこの値を達成するためにShiftキーを押したままにする必要があります)に深さを増加させる。これは、ENV1(エンベロープジェネレーター1)によりオシレータ2、この時点で発生して起こっているのピッチの変化量を設定します。今我々がしなければならないすべては、ロボットロックで聞いたの同期掃引と同じ"形"を達成するためにENV1のアタックとディケイの値を調整です。

  • Set Env 1 attack to 46.0 ms
  • Set Env 1 decay to 2500 ms

出来上がり!我々は、ロボットのロックから音を実現しました!そしてこの時点で、私は以前の記事で説明した他の曲で使われているものにこの音を比較することは興味深いかもしれません。彼らは非常によく似ている!


最後の仕上げ

各シンセのフレーズの最後には、音のいくつかのビブラート(ピッチ揺れを)聞くことができます。モジュレーションホイールを使ってこの効果を達成するために、次の手順を実行します。


  • Set LFO1's rate to 4.800 Hz
  • Set up modulation Slot 3 as you see in Figure 2 below, setting the modulation depth (orange triangle) to .18
  • Finally, click the b/p button on modulation slot 1 (bypass)

最後になりましたが、あなたは-2半音(- 2S、0C)にオシレータ2の粗調整を設定することにより、正確なロボットのロックサウンドをエミュレートするために近い小さなビットを来る。



いくつかのメモ...

セブンイレブンは、正確に言えば - ロボットロックのフックでノートの数。下の画像では、ピアノロールおよびそれらのメモを表示スコアエディタを見ることができます。著作権上の理由から、私は一部の正確なリズムを転記していないが、ノートは公正なゲームです。

一つのことに、気づくかもしれません:あなたがトラックと一緒にこれらのノートを再生した場合、音がチューニング不足になります。それは、私はトラックのピッチが約四分の一音でオフになっていることをロボットのロックを聞いたことがあるすべての記録のケースのようです。これは、ピッチの音を得るために48セント(ほぼ4分の1の音)でチューニングES2鋭いによって改善することができます。

この音を出す楽しんでね!

チェックアウトして使用する方法に関するより詳しいチュートリアルLogicのES2を

Comments (6)

You must be logged in to comment.

  • Christian L
    Thanks for another great post! :) What's funny is that Daft Punk didn't program that synth sound at all. The whole riff is a sample of "Release the Beast" by Breakwater : http://www.youtube.com/watch?v=eVVfZAZdIUs Great 80's funk tune! Christian
    • 8 years ago
    • By: Christian L
    Reply
  • Peter Schwartz
    Thanks Christian! Had no idea they ripped that. So maybe we should re-title this post to "The Release the Beast Sound Copped by Daft Punk (who still totally rule)"? I'll check with Rounik on that one... : - )
    • 8 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • Peter Schwartz
    But then again... after all, it IS the Robot Rock hook. Christian, I was happy to live in ignorance but now look at what you've done! ; - ) Thanks for providing the background on the source of the part, Christian. Makes for an interesting epilogue to the article! Cheers, Peter
    • 8 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • Rounik Admin
    That is really interesting! Had no idea it was sampled! Peter, excellent article regardless of who created the original! :)
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • lostnthesound
    Once again Peter, you've opened up my eyes to a new range of possibilities with the ES2. And now the creative rabbit hole that is Logic grows deeper. Thanks for the splendid tutorial.
    • 8 years ago
    • By: lostnthesound
    Reply
  • alalal
    its also factory preset on a hardware Prophet 5.
    • 8 years ago
    • By: alalal
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: