All Articles Logic Pro
サウンドデザイン:ブラックアイドピーズ"ダーティビットのシンセ、パート2
Richard Lainhart on Wed, June 22nd 4 comments
In Part 2 of this Quick Tutorial, we'll be looking at how to reproduce another synth sound from a recent pop hit...

このクイックチュートリアルのパート2では、我々は最近のポップヒットから別のシンセ音、ブラックアイドピーズ""時間(ダーティビット)"を再現する方法を見ることになります。


このチュートリアルでは、我々が使うことにLogicのES2のソフトシンセを 1時に来るセクシーなリードサウンドを再現する。


ステップ1 - ロジックのプロジェクトを設定します。

オープンロジック、および1つのソフトウェア音源のトラックを含む新しい空のプロジェクトを開始します。


クリックして、チャンネルストリップのI / OセクションのデフォルトEVP88楽器を持って、01を選択します。


デフォルトES 2ウィンドウを開くには:


ステップ2 - サウンドを分析

いつものように、我々は音を再作成する必要があるとき、私たちは、音そのものに密接に耳を傾け、それが一緒に置かれたか把握することを試みる必要があります。この音で演奏の図で、上のピッチは、#とBの間で上下にスライドしますが、上部のピッチオクターブと5番目以下に、グライダー以下の低いピッチでもあります:まず、音の2つのピッチがあることに注意してくださいD#とEの間だから我々は、少なくとも2つの発振器が必要になるだろう、と私たちは簡単にノートの間で滑ることができるので、それらを設定したい。底部のピッチの音がミックスで作るために少し難しいですが、単純な波形のようです。 dirtierinが曲のtitleandで維持され、上部のピッチは、いくつかの歪みやグリットを追加するいくつかの他の変調のいずれかを持っているようだ。我々は何ができるか見てみましょう。


ステップ3 - サウンドを作成する

OK、ここではあなたと一緒にフォローするためのパッチの私のバージョンです:


最初、私は1に設定ベンドレンジを持っていることに注意してください。この音はちょうど#キーと再びダウンし、ピッチホイールでBまで曲げ、繰り返しを押すことで演奏されるようにそれは私に聞こえる。 1のベンドレンジを設定することによって、我々は音を再生するためにしなければならないすべてが時間内に#を押すとBを取得するために、すべての方法を車輪を押し上げているので、それが#のために再び落とす。

次に、発振器1は、自身が聞いたことがないですオシレータ2、によってFM変調されることに注意してください。私は、発振器2からのパルス波で変調することにより、発振器1の汚れの波形を​​得ることができた。また、オシレータ3は、比較的軽度の三角波に設定されていることに気づく、そしてそれはオクターブとオシレーター1以下の五分の一をチューニングしている。発振器1と3はそれぞれ、私たちの上側と下側のピッチになります。

我々はまた、発振器1と3の​​組み合わせでいくつかのローパスフィルタを持っている。その同じフィルタも同様にエンベロープ1によるルータのスロット2に設定された高音域、ルータの最初のスロットにカット1に設定された"KYBD"モジュレーションのおかげで、のために少し開かれている。それ以外は、パッチが非常に単純です。私はアッパーなサウンドにはかなり右の波形を取得することができませんでしたが、全体的に、それはかなり近いです。

[オーディオのid ="6946"]


そしてそれはこれだけです。いつものように、、聞いて実験し、楽しい時を過す!

合成のより深い理解が必要ですか?ウォッチリチャードはの基礎を巡る

Comments (4)

You must be logged in to comment.

  • Pytoche
    sounds great, maybe need some fx, compression, EQing. etc... but the Base is weel done.. ia ssumed that you show us the es2 "clean" output? Little question: if i follow the tutorial and get a sound simmilar to this, can i post the sound here? i mean, in this post? to encourage people to post? Thanks for this great tutorial!
    • 7 years ago
    • By: Pytoche
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Pytoche, Glad to know you liked this article - I'll let Richard Lainhart know. The mixing and mastering elements are, of course, beyond the scope of this tutorial - but you've got access to all the tools on this site to add the polish to the sound - which you now know how to program :) The Hub tutorials don't have a way to host users files yet... but you could host the file on Soundcloud or MySpace or another sharing space and then post the link here... Best Rounik
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
  • Pytoche
    Thanks Rounik, you got a great idea... I will be working hard this weekend to make a similar synthlead and i will post the tutorial and paste the link here! great idea! of course i hope a lot of people begin to make their own sound.. instead of downloading gigs and gigs of samples and presets from internet! Thanks Richard. and i must say Thanks to Steve H. who cure my sample-itis with his great video of the es2 inside-out!...
    • 7 years ago
    • By: Pytoche
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi Pytoche, Actually, even better (and easier to follow) can you post your tips and links in a new thread on the MPV Logic forums? You can also add images to your posts and URL links more easily on the forums. The Hub isn't yet setup for that purpose. Really glad to know you've been so inspired by RIchard and SteveH! Thanks :) Rounik
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: