All Articles Logic Pro
サウンドデザインチュートリアル:ロジックの作成キックドラム
G.W. Childs IV on Fri, April 1st 4 comments
There are some who play music, there are some who create music. There are some who use sound to create music, then finally, there are some who create sound to create music. I, honestly, haven't figure

音楽を再生する一部の人がある、音楽を作る人の一部があります。音楽を作成するためにサウンドを使用する一部の人がある、そして最後に、音楽を作成するために音を作る人の一部があります。

私は、正直、最後のカテゴリは強迫神経症のあるミュージシャンの支流である場合考え出したしていない。人々は彼らのタオルのすべてを持っている心の状態は完全に折り畳まれた?このような場合は、その後私は近い将来、自宅で自分自身をタオルの折りたたみのコンテストを持っていることから遠くなる場合があります。

All jokes aside, sound design has been a passion of mine since I was 11 years old, when I got my Korg Poly-800 for Christmas. I spent hours creating new pads, leads, etc. It was just as fun as playing music, and just as challenging.

パーフェクトキックドラムを-私はより多くの音楽制作における進行性と生産性を得たとして、1つの'聖杯'の検索は、自分自身を提示し始めた!それは私の強迫観念となった。私は、相次いでキックドラムを作成する時間によって時間をかけて覚えている。その後、一度、私は完璧なキックと思っていたものを使い終わったら、私は車にそれらをもたらすだろうと個別にそれらのそれぞれに聞く。

これは何年も続いた。私一日は、キックドラムが私のソニックcrackpipeになっていた、と私はこれらのthumpsを作る代わりに音楽制作をスタジオに縮小されたことに気づいた。この時点で私は明らかに悟りの真理を実現 - 完璧なキックはありません。彼らは独自の方法ですべてのクールです。あなたは、音響トラック、またはブレイクビートのためのくぐもったキックが必要な場合があります。あなたがテクノのための騒々しい、厚い大胆なキックが必要になる場合、リストは延々と続く。

しかし、私のキックのサウンドデザインの強制の中で、私は多くのことを学びましたか?

このチュートリアルでは、私はあなたにキックドラムと私の労働の成果について少しを表示するつもりです。これを行うには、我々は、Logic Proを使用するつもりです。ただし、実際にリアルタイム合成とオーディオのエクスポートを持つ任意のDAWでこのメソッドを使用することができます...実際に、それはこれらの機能を自慢していないDAWを見つけるために大きな課題があります。

ステップ1 - サウンドソースの選択

何かいい音は常にソースから生じています。たとえば、シンセサイザーのパッチを行っている場合、どのように選択した最初のことだ?オシレーターの波形。このケースでは、我々の音源、または発振器として全体シンセ、または2つを使用している。

ロジックの1つのKlopfgeistを作成し、床に4を演奏C2の単音をループ全体の測定のための"サイクル"にロジックを設定するとともに、以下の図内に表示される設定をエミュレート。

最初のステップの全体のポイントは私達のキックのミッドレンジの部分を作成し、基準として音のループを設定することです。それは反復する、反復から移動すると、それを彫ることができるよう、それは、音の繰り返しを聞くために便利です。 "低"このトラックにラベルを付けます。

ローキックを聴く:(ヘッドフォンを推奨!)

[オーディオのid ="2349"]

ステップ2 - サウンドソースの複製

あなたの新しいKlopfgeistのトラックを選択した状態で、コマンドボタンを押したまま、'D'(コマンドD)をタップします。これはKlopfgeistの設定を複製し、新しいトラックにプラグインを挿入します。また、私たちのサウンドが再生する原因となるMIDIリージョンを複製することをお勧めします。 (新しいトラックにリージョンをOption -ドラッグ)。

第二次Klopfgeistトラックに、我々はチューンと色調を調整するつもりです。 Thisは、キックいくつかのハイエンドを与えるために使われる、非常にhighポップを、作成し、そのスペクトルの上端に認識できるようになります。また、実際のキックと同じように、ビーターで最初のスラップをエミュレートします。

あなたが下の図2で表示される内容が重複して"ハイ"このトラックにラベルを付ける。


The High Kick:

[オーディオのid ="2351"]

ステップ3 - ミッドを追加する

最後に、キックを少し体を与えるためにミッドレンジを少し追加してみましょう。再び、トラックを複製し、MIDIリージョンを複製してみましょう。新しく作成されたKlopfgeistを開き、これらの設定をコピーします。再び、それは曲や調性でちょうどわずかなバリエーションです。に大きなが編集されていません。


The Mid Kick:

[オーディオのid ="2353"]

ステップ4 - それをミックスダウン

さて、我々はそれをミックスダウンしてみましょう、一緒にキックドラムのすべての要素を持っている。ロジックのミキサーを開くを押して'X'。

バス1に"ハイ、ローミッド、および'の出力を設定します。これは、作成する新しい補助バス1トラックを招き、ドラムトラックのすべては、単一の補助を通過する。これは簡単に私達のキックの音を彫刻するようになります。


Kick without FX:

[オーディオのid ="2355"]

ステップ5 - エフェクト

以下の設定との補助トラックにオーバードライブ、スペースデザイナーとコンプレッサーを(この順序で)挿入します。これは、私たちのキックは大きく、そしてより多くの定数になります。


Final Kick with FX:

[オーディオのid ="2357"]

私たちは、キックに、いくつかのクランチと文字を与えるためにオーバードライブを使用している。リバーブは、帰化を供給してキックが"部屋"のタイプに座って作成し、コン​​プレッサーはそれを押しつぶしている、それがパンチとなって、それがリミッターだと全体の音量を制御しています。

あなたが図に気づく、私はまたキックドラムの各部分のミックスレベルを調整しました。こんにちは上で少し、それは少しピアスをすることができますので。しかしあなたの好みに合わせて調整!

ステップ6 - バウンス

今さてさて、最終的には微調整。第一小節のちょうど四半期にシーケンサーのサイクルの設定を調整してみましょう。その後、選択: ファイル

インターリーブに設定すると、ステレオのパスを分割し、私達2つのモノのコピーを与える。我々はとにかくステレオキックドラムをしたくないので、これは素晴らしいです。そこにバウンスのこの種を行うには、他の方法がありますが、今のところはそれは楽しさとシンプルにしてみましょう。

また、測定の四半期に周期を設定すると、我々は唯一のキックドラムの一回の反復を取得することを意味します。それは本当に私たちは、オーディオエディタでエクスポートしたオーディオファイルを持参する必要がないため、これは素晴らしいです。それは、Ultrabeatのためにスローされるように今準備だ、あるいはあなたのドラムサンプラーです!

ロジックとキックドラムのサウンドデザインに興味がありますか?チェックアウトロジック404ミキシングエレクトロニカのチュートリアルを!

Comments (4)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Hamish H
    Hi GW This is Awesome. Thanks very much! Hamish
    • 8 years ago
    • By: Hamish H
    Reply
  • BPGeez
    Haha... sonic crackpipe:) Good Stuff
    • 8 years ago
    • By: BPGeez
    Reply
  • bunda
    In the last sentence you mentioned that there are other ways to do the bounce. Can you elaborate or point me/us in the direction where we can learn more about this?
    • 8 years ago
    • By: bunda
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi evs, There are a few ways to "Bounce", export tracks and even route the audio signal via an Aux channel to a new audio track. You can find out about "Bounce In Place" in this article (Heading 4): http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/5-favourite-logic-keyboard-shortcuts and more about exporting your music in Logic here: http://www.macprovideo.com/blog/logic-pro/logic-9-howto-export-music-logic HTH Rounik
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: