All Articles Logic Pro
Logic Proの中の過渡にタブ
Mike Watkinson on Tue, April 19th | 3 comments
The Tab to Transient selection feature in Pro Tools is an easy way to navigate and edit audio. Logic Pro has similar functionality too! Mike Wakinson shows you how to navigate transients effortlessly.

の一つ、Pro Toolsの "過渡的にタブ最も有用な編集選択機能では、基本的に持っています"。 Tabキーを押すことによって、一時的に過渡から編集カーソルを移動させることができる有効な場合。後方に移動するにはOptionキーを押したまま、選択範囲を作成および拡張するには、Shiftキーを押したまま。それは一時的な系材料の高速で直感的な選択と編集のために素晴らしいことだ。しかし、どのようにこの操作を行うことができますLogic Proの

Let's take a look...

アレンジ領域で

ここでは、マーキーツールを使用して(むしろスワイプ/ドラッグ以外)をクリックして、編集の挿入に相当することができます。あなたのCommandキーを押しながらクリックツールとしてマーキーのツールセットを持つことは、常にこの設定を迅速に行うことができます。ため、それらをカスタマイズしている場合を除き、デフォルトのキーコマンド

これらのコマンドは、再生ヘッドの位置に関連して"一時的なことによって巻き戻し"と"一時的なことでフォワード"と混同しないようにしていることに注意してください。


選択

Shiftキーを押したままで矢印キーは、選択範囲が前後に開始移動。無Shiftキーと矢印キーは、前後に選択終了位置へ移動。紛らわしいことに、おそらく、選択は前に選択範囲のエンドの選択開始を移動することによっても行うことができます。 (とサンプルエディタではっきりと動作をリンクするために-下記参照)の混乱を避けるためのベストプラクティスは、先に選択範囲がその点に後方を開始し、 右矢印 (意図ファーストトランジェント、次にShiftキーを押しながら左矢印のマーキーの挿入をクリックすることですはShiftキーなし)前方に選択終了。別の方法として、単純に上記のように調整して、マーキーの選択を開始することができます。

Logicのアレンジ領域での過渡ベースの選択

しかし、これは良いですか?

ダイハードPro Toolsユーザーは一時的な選択にタブの主な制限は、オーバーシュートのマークをした場合、選択の右端が、(これは簡単ではなく、後方にそれを少しずつ動かしによって克服することができますが)逆方向に移動できないことであることを認識しますそのロジックのマーキーの選択は両方の方向で調整し、右側のエッジを持つことができるという事実はそれに優位を与える。

感度

Pro Toolsのトランジェントにタブの別の批判は、Pro Toolsは、トランジェントを分析していると感度を調整することができないことである。それはほとんどの場合で十分動作しますが、Logic Proは、ユーザが検出されたトランジェントの数を制御できるようにすることで、どちらがいい行く。グローバルトラックでビートマッピングのトラックを開くと、"明らかに 'と' - 'は、ユーザーが表示されて検出されたトランジェントの量を増減させることができるボタン。もう一度矢印キーを使用して、その後、マーキーツールを使用して波形に戻ってクリックすると、彼らは今、過渡の洗練されたセットに従うことが明らかになった。

トランジェントマーカーの数を増減するためのデフォルトのキーボードショートカットは、 コマンド=コマンドがあります- 。それは有用な視覚的なガイドを提供することができますが、この方法はは、ビートマッピングのトラックにアクセスする必要は、ない!

トランジェントの感度の検出を増減

サンプルエディタで

同じトランジェントマーカーは、Logic Proのサンプルエディタのウィンドウに表示することができます。ツールバーの過渡編集モードのボタンをクリックすると、過渡状態を明らかにし、"をクリック 'と' - 'は、ビートマッピングのトラックでの対応をクリックするのと同じ効果を持つの横にあるボタン。

サンプルエディタで一時的な調整

ポインタツールを使用して波形でクリックすると、矢印キ​​ーの使用と選択になると"編集の挿入"を作成します。再び、それは選択の末尾を(これらは、前/次のトランジェントに"セットの選択の開始/終了のためのデフォルトのキーボードコマンドです)調整シフトキーがないと、起動し選択を調整するためにShiftキーと右と左矢印キーを押してください。アレンジ領域で動作する唯一の違いは、選択の終了の前に選択範囲のスタートを移動すると、選択する結果になっていないことです。おそらく微妙な点が、混乱を避けるために覚えておく価値がある!

になりたいと思うのLogic Proのエキスパート

Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Dekuruy
    Thanks, Mike. I especially like that you're giving the key commands for these great tips. Question: If you edit transients via the Sample Editor, are those edits non-destructive, as they are in the Arrange?
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • thirdspace
    If I understand your question, carrying out actions in the Sample Editor's Process menu on a selection (whether or not this is created using transient-based selection) is termed 'destructive editing' as it makes alterations to the audio file that you are listening to, as opposed to performing alterations in real-time. However, this is undo-able. Note that the number of undo steps in the sample editor is different to those in the rest of the application, and is set in Preferences>Audio, then select the Sample Editor tab. Hope that clarifies it - let us know if not!
    • 8 years ago
    • By: thirdspace
    Reply
  • Dekuruy
    Got it. Thanks, Mike, for your clear answer.
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: