All Articles Logic Pro
LogicのES2シンセのビルディングブロック
G.W. Childs IV on Wed, August 31st | 3 comments
Programming your own synth sounds in Logic's ES2 doesn't have to be scary! Using the presets under 'Tutorial Settings' can help speed up the process. It can also be very fun. Read on to learn more.

Logic Proは、そこにあるあらゆるDAWの中で最も強力なシンセの一部を外部に持っています。と、だけでなく、彼らは強力です、彼らは同様に素晴らしいサウンド。

ES2は、実際にそれらのすべての私のお気に入りのうちになってきた。それはちょうど私が行うすべてのトラックにポリッシュとパンチを加えていることを音を持っています。それは低音、パッド、アルペジオの一環として、驚くほど動作します...私は、と上に行くことができます。

ただし、非常に、非常に合成に精通youreの場合でも、デフォルトES2でパッチを作成しようとすると起動時に、それは骨の折れる作業です。そのどれだけAppleのロールでの以上のロジック男の子!彼らはあなたの時間の試練に耐えれるソフトシンセを与える。そして、それは過言ありません。

Appleが私たちにも、で動作するようにいくつかの"クリフの注意"を与えるか。あなたがシンセの第一人者ではないかもしれないが、私たちのほとんどは微調整する方法を知っている。

あなたが望むもののように聞こえるパッチを得るまで=調整ランダムノブやボタンを微調整。

いいえ、これはウェブスターの定義ではない、これは私自身です。嫌いいけない。

ホードはおそらくすでにこの数字を行います:ホードES2のプリセットパッチに消え、あなたが好きだとパッドまたは文字列、それらの線に沿って何かを発見し、少し右、それらを修正?

よく、このチュートリアルでは、Idはほとんどのシンセメーカーが含まれて何かすることを指摘したい。はなく、それらのすべてが、ほとんど。これらは時々初期化パッチと呼ばれて、時には彼らは、テンプレートと呼ばれます。 Logic Proは、そのチュートリアルのプリセットを呼び出します。

むしろ基本的な発振器、通常どおりの方法でオフに構築するよりも、このチュートリアルでは、ワークフローと構成を高速化する非常に、非常に基本的なデフォルトのパッチのオフ構築する方法を紹介する予定です。


シナリオ

最初、私はあなたに別のおなじみのシナリオを与えてみましょう。あなたがそれらを呼び出すために好きな新しい曲を作っている最中、トラック、生産、にyoureのときにそれらの瞬間を考える。あなたの溝に聞くYoureの、楽しみを持っているYoureの。突然、あなたは非常に特定であるシンセのパッチで再生されているあなたの頭の部分を聞く。

あなたは図書館を通じて周り掘り始めるが、音はどこにでも出現していない探しYoureの...と、そのようなシンプルな音。


ステップ1 - ES2の起動に

Logic Proで、空のソングプロジェクトを開いて、ソフトウェア音源トラックを作成し、楽器としてES 2をインスタンス化します。

Instantiate an ES2 on a Software Instrument track


確かに、この演習は、実際には、プロジェクトの途中で何を行うかにむけられていますが、それの厚いしていただけで想像してみてください。


ステップ2 - チュートリアルパッチを探します

プリセット選択メニューでは、12に行く

The ES2 Preset Selection menu


ご覧のように、このサブメニュー内のかなりの数のパッチが存在する。私はここで有用性のいくつかにあなたの注意を引く始めましょう。たとえば、次のようにアナログがある初期化パッチ見た。このパッチが選択されている場合、それは本質的にミキサーからyoudゼロのような多く、ES2をゼロので、これは便利です。それはあなたが基本的なパッチを入手して通過してルーティングをリセットせずに構築することができる基本的な鋸歯状のパッチを使用するを設定します。


ステップ3 - あなたのパッチを選択してください

今、 アナログユニゾンプリセットのこぎりを選択することができます。私は、その筋骨たくましいすでにこの一つのロットでスタート、しかし同時に、非常に基本的なものです。

The Analog Saw Unision preset


お使いのMIDIコントローラーやCapsLockのキーボードでいくつかのノートを再生して聴いてみてほしい。

[オーディオのid ="8395"]


ステップ4 - 適当な配列を作る

ちょうどこの簡単なパッチを持つ多くの可能性があります。それは非常に厚くなるので、それは優秀なリード、パッドとして使用することができる、などのIdは勇敢、ARP、スタッカートスタイルのパッチにこれを作るのが好き。

最初に、病気、アルペジオパターンで私は道のIdは想像にプログラムパッチを聞くことができるこの方法を描きます。

An arpeggiated pattern

[オーディオのid ="8239"]


ステップ5 - パッチを微調整

AMP 3エンベロープとアルペジエートプログラム、病気の始まりと。病気のずっと下方にサスティン下げます。スタブは非常ベルのようであり、そして我々はこのノートが演奏パートが終了する前に減衰する。

Lower the Sustain (Env 3) to 0.000


次に、よく周りの110ミリ秒のディケイをドロップダウン。

Drop the decay to 110ms


[オーディオのid ="8238"]


注意してください、私たちのアルペジオラインの外より多くの定義とedginessを得るという点でずっとよくなっていますchoppierが、方法。

そして、我々はさらにそれを取ることができます。 ES2は、hasので、一部本当に素晴らしい内蔵エフェクトも、先に行くとのそれらのいくつかを積み重ねるlets。病気に先に行くと強度のノブを使用して、フェイザーの少し上に追加し、21 Hzに速度を下げる。これは我々が現在行っている勇敢な、ちょっとシンセのパッチに微妙な空気のような効果を追加します。

Adjusting the Phaser settings


[オーディオのid ="8240"]


ステップ6 - 文字を変更する

私が判断した場合、私の迅速なサウンドデザインの操作の過程で、そのIDは私のパッチの最終的な文字を変更したい、ES2は容易に収容することができます。私が判断した場合たとえば、パッチは、病気のはそれほど多くデチューンしないようにアナログノブを後方に引いて、厚すぎる髪かもしれません。フェイザーはすでに非常にデチューンデフォルトのパッチに離調のタッチを加えたとして、微小これは、元の定義のいくつかを私達にお返しをします。

Lowering the Analog knob


[オーディオのid ="8241"]


結論

見てわかるように、ES2は、すべてのようにLogic Proのシンセ 、簡単に、あなたのライブラリを高める助けることができるブロックのタイプのサウンドを構築するの富を持っています。 idは他のチュートリアルのパッチのいくつかを試してみることをお勧め。あなた自身のための全く新しい、オリジナルのライブラリを構築することを終えるかもしれない。

Comments (3)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Nick
    I recently got Logic Pro X and I found this article very helpful. Thanks! Question though: how does one know which fader actually does what in the ES2? For example, in the image where you are adjusting the Sustain, the fader seems to be labelled "5". Similarly, in the image where you adjust the Decay, the fader is labelled as "D". Is this short hand nomenclature in audio engineering or is there a key located somewhere in the program that I'm missing? Sorry if these are silly questions. I'm new to the program and audio design in general. Thanks!
    • 4 years ago
    • By: Nick
    Reply
  • Aditk
    Hey does anybody know how to create a synth like Russ in the song what they want. Here's the link: http://m.youtube.com/watch?v=oorK4RPgZ8Q
    • 2 years ago
    • By: Aditk
    Reply
  • Tecepue
    awesome line…. "No, this isn’t the Webster definition, this is my own. Don’t hate.” lol. the ES2 IMO is Logics version of Massive. Id love to turn to the ES2 instead of massive but so many companies cater to Massive and theres just not a lot of patches for the ES2 out there. This article helps to create your own, and that’s great.
    • 7 years ago
    • By: Tecepue
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: