All Articles Logic Pro
Logic ProのでのマスタリングにMoの飛魚座ガイド
Mo Volans on Thu, May 26th | 5 comments
Mastering is an essential part of the production process but many still remain in the dark about how to produce a professional sounding master at home. The truth is it’s really not that difficult to g

マスタリングは、製造工程の不可欠な部分ですが、多くはまだ自宅でプロフェッショナルなサウンドのマスターを作成する方法については暗闇の中で残る。真実は難しいが、実際にも最新のハードウェアまたは最も高価なプラグインなしで、結果を喜ば取得することは本当にないです。

病気のみ使用してプロジェクトにいくつかのマスタリング処理を適用する方法を示すことを開始するためのプラグインをバンドルロジックの長所を 。これでのみ含まれるプラグインを使用して、任意のDAWについてだけで非常によく似た結果を得ることができます。うまくいけばこれは関係なく、使用しているソフトウェアの軌道に乗るだろう。


01 - 最初のインポートとプリフライトチェック

いずれかの処理が適用される前のIdは強く、あなたが作業しているオーディオをよく見て助言する。あなたは、サードパーティのオーディオエディタでこれを行います(このようなサウンドトラックProまたはピークProなど)または論理自体で、品質管理のセッションのこの種のは本当にオフに支払うことができるかどうか。

Youは、障害、クリック、ポップノイズやプリマスタ内に存在するクリップを探してください。理想的にはファイルは、ヘッドルームの少なくとも3〜4デシベルを持っており、高いビット深度にする必要があります。 24ビット/ 44.1kHzのはで動作する優れた解像度、ファイルサイズと忠実度の間の良い妥協点を提供しています。

そのまた、ファイルの開始時と終了時に、理想的にどんな大きく制限されたり圧縮されたオーディオが拒否以上の透明な代替のためにエクスポートを再度する必要がある沈黙の少量で構成されるバッファを持つことは良い考え。

ここでは、このチュートリアルの目的のために使用してドラムとベーストラックのImのクリップを見ることができます。私はピークProでそれを開いているし、これまでのところすべてがよさそうだ。私のプロセッサの適用を開始する準備ができてイム。


Our audio is checked in Peak Pro for faults and levels

私たちのオーディオが故障し、レベルのピークProでチェックされます


修得されていないオーディオではよく使用される。

[オーディオのid ="6239"]


02 - ダイナミクスコントロール

それは処理に来るときあなたのマスターダイナミクスは間違いなく、実際には、リストの一番上にマスタリングの最も重要な側面右側にする必要があります。ここに約考えるために最初にキス圧縮まであるストレートです。

すべて完了すると、論理は標準的なコンプレッサーのいずれかを取得され、IVEおよびミックス全体にわたって、それを紐で縛ら。圧縮とは、ミックスプロセスの中に適用される処理は、この種の主な違いは、設定は一般的にはるかに微妙なものです。

youllのが私のアタックとリリースの設定が非常に長いものに気づく、これはコンプレッサーはカントどんなわがままなトランジェントに早すぎる取り締まりしないとポンプは人工的に導入すべきであることを意味します。その結果、透明で効果的なはずです。

比としきい値の設定は、これに伴いにも記載されています以下は、より多くの哲学、わずか2または3デシベルのゲインリダクションのがここで適用されている。あなたのトラックの最大音量の点でより多くのタッチで済むこともあります。もちろん、これは石で書かれていない、この過去のちょうどその何か明らかに圧縮されたマスターになります。これを達成するために探してyoureのものであるなら、あなたはもう少し物事をプッシュすることができます。

以下に、あなたのマスタリングのキスのコンプレッサーを偽装の優れた仕事をして基本的なコンプレッサーを参照してくださいと論理を聞くことができます。このようにコンプレッサを使用する場合、結合力の質が追加され、任意のわがままなピークがきれいに出アイロン掛けする必要があります。


Logic’s compressor performing as a buss compressor

キスのコンプレッサーとして実行するロジックのコンプレッサー


圧縮された音声が再生されます。

[オーディオのid ="6242"]


03 - 大イコライザー

youllの最高次は、ミックスの音質に目を通してください。あなたがミックスする前の画面に戻って、あなたがしなければならない、それを修正することができれば、すべては混合プロセス中に計画に沿っていけば、ここでやらなければならないことの膨大な量を含んではならない、とに対処するため、実際の問題の頻度があるかどうか覚えている。

あなたが傾ける変更されるミックスを使用している場合を除き、ここで行った変更は、本当に微妙なことができ、再び、透明性は、我々が目指しているものです。ここでの本当のキーは大きい、幅広いブラシのストロークを使用しています。一度に非常に低いQポイントや追加またはわずか数デシベルの減算。

あなたは、全体のミックスを使用しているとしても、これらの小さな変化は、全体的な音でかなり抜本的な違いを作ることができます。この方法で追加された高周波の2または3デシベルは、元の文字上の任意の侵入することなく、空気と透明度を追加して全体のミックスを持ち上げることができます。

私はいくつかの余分なハイエンドを誘導し、また、サブベースのタッチに論理は、高品質のリニアフェーズイコライザを使用している。効果はかなり楽しく、自然の中で非常に透明である。不要な超低サブ周波数を除去する2h0zで設定されたローカットもあります。


Our very subtle EQ settings are dialled in

私たちの非常に微妙なEQの設定は、ダイヤルされています


EQは、チェーンに追加されます。

[オーディオのid ="6244"]


04 - 遠くまで広がって

ステレオエンハンスメントではの大ファンイムものではありませんが、私はそれを使う人が知っている。あなたのマスターで処理のこの種を使用する必要がある場合、それは制御された方法に含まれている必要があります、それは実際に周波数が特定する必要があります。

幸いにも、論理はステレオエンハンサープラグインは、マスタリングプロセスの最適ないくつかの微妙な効果が可能です。ではないだけに、ウェットとドライ信号を混在させることができますが、周波数の範囲で拡大が行われる場所を正確にすることもでダイヤルできます。


The high frequencies are expanded

高音域が展開されます


低い周波数の任意のステレオ拡大が明瞭と位相の問題の損失を含む現実の問題を引き起こしかねないので、これは不可欠です。高域を広げることはもう少しばかの証拠です。あなたが私の例からわかるように私は私のクリップのハイエンドでいくつかの微妙な拡張を使用している。


ステレオ処理されたオーディオ。

[オーディオのid ="6246"]


05 - あなたの限界を知っている

anyonesのマスタリングチェーンの最終的なものはリミッターになります。私たちのマスタリングリミッターは、二つの実の仕事をする、それが最終的なレベルが所定の点の上に行くdoesntのが、それはまた私達のマスターの知覚ボリュームを増加させることが可能であることを保証します。

制限マスタリンググレードのこの種はしばしば制限レンガの壁として知られている、これは単にそれが課す絶対的な限界を指します。いくつか他のリミッターは、厳格ではないと、おそらくマスタリングの作業のための十分な予測可能ではない場合があります。

これらのマスタリングリミッターは通常、信号はゲインリダクションが発生したレンガの壁(リミッターの出力段での)に押し付けされると、それらの入力段で駆動されることによって動作します。このゲインリダクション、ダイナミックレンジの損失を引き起こすとの知覚ボリュームの増加を回します。


Logic’s Adaptive Limiter doing it’s thing

論理では、Adaptive Limiterは、そのことをやって


論理アダプティブリミッターは、マスターを制限するのは素晴らしい仕事を行い、非常にシンプルなインターフェイスを備えています。私は、入力の段階で余分なゲインの約4 dbにダイヤルされている。常にあなたがダイナミックレンジを破壊されていないことに注意してくださいと、最終的なマスター息をする余地ができます。

The final mastering chain

最終的なマスタリングチェーン


アクションの最後のマスターオーディオ。

[オーディオのid ="6248"]


上SteveH方法を学びますLogicでマスタリングを

Comments (5)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Ominous Red
    Awesome. Can't ever get enough info regarding Mastering audio.
    • 8 years ago
    • By: Ominous Red
    Reply
  • Dekuruy
    Thanks, Mo. The audio examples, along with the screen shots of the plugins, really helped clarify what you were talking about.
    • 8 years ago
    • By: Dekuruy
    Reply
  • GaryHiebner
    Great tutorial!
    • 8 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
  • Gorynui
    Great tutorial, but one question: Why did you add the plug-ins where you did, as opposed to on the output channel?
    • 7 years ago
    • By: Gorynui
    Reply
  • movolans
    Hey sammydave. In all honesty this was a mistake! The plug-ins should most definitely be on the master output. Of course the result here was the same but I'll actually get the screen shot updated.
    • 7 years ago
    • By: movolans
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: