All Articles Logic Pro
Logic Proの中のダイナミックエフェクトバスの作成
Mo Volans on Mon, May 16th | 2 comments
Creating Dynamic Effects Busses This tutorial looks at a few different techniques you can use to make your effects returns live and breathe. I’m using Logic Pro here but

私たちのほとんどは、我々のプロジェクトの効果をセンド/リターン使用と彼らは我々のミックスで数多くのさまざまな部分に空間的な効果を追加するのに優れた方法です。ほとんどの時間、これらのエフェクトバスは、単一のディレイやリバーブプラグインで構成されていますが、我々は訴訟にスパイスを効かせることができることがいくつかあります。

このチュートリアルでは、エフェクトリターンが生活し、呼吸するために使用できるいくつかの異なる手法を見て。イム使用して、Logic Proをここでが、非常に少ない手間で、お気に入りのDAWに使用されるすべてのテクニックを変換することができます。


01 - 標準エフェクトリターンを設定する

我々は、新しい加工技術に入る前にも伝統的なセットアップセンド/リターンが必要です。原因事実に我々は、このプロセスはまっすぐ前方に実際にあるアプリケーションの動的割り当てのシステムのおかげでロジックを使用しています。

とすぐに新しい送信は、チャンネルストリップのロジックに追加されると自動的に対応するリターンチャンネルが作成されます。これにより、プロセス全体が良いと無痛です。今必要なのは、リターンチャンネルに挿入されるリバーブやディレイエフェクトです。

Setting up the initial send / return

最初のセンド/リターンの設定

私は設定誇張されたリバーブベースのリターンを作成して、このチュートリアルの目的のために、うまくいけばこれは効果が使用してIMを示すのに役立ちます。私はすぐに可能な限り明確に物事を維持するために使用するギターのループとリバーブ両方からローエンドをフィルタリングしている。

The VERY big reverb we’ll be using

非常に大きなリバーブは、よく使用される

乾いたギターはよく音源として使用している。

[オーディオのid ="6221"]


同じギターでは、我々の大規模なリバーブで処理した。

[オーディオのid ="6223"]


02 - いくつかのサイドチェーンの圧縮を追加する

他のミックスの要素と相互作用するために、リバーブやディレイの効果を得るために最も簡単な方法の一つは、いくつかの側鎖の圧縮を使用することです。この手法では、リターンチャンネルのゲインリダクションをトリガするように、ミックス内の任意の要素を選択することができます。

この効果を達成するためには、単に直接メインエフェクトインサート後、あなたのリターンチャンネルにコンプレッサーを挿入する必要があります。ミックス内の任意の要素は、サイドチェーン入力として使用することができます。彼らは明らかにダイナミックシグニチャを定義したとして、パーカッションの音がここに非常にうまく動作する傾向がある。


A compressor is instated and routed for side chaining

コンプレッサーはinstatedとサイドチェーン用にルーティングされます


この場合、私はダッキング効果を作成するためにキックドラムを使用していては明確に以下の前後の例の違いを聞くことができます。だけでなく、これは動的に作成しない


リバーブのリターンで、いくつかのゲインリダクションをトリガーキックド​​ラム:

[オーディオのid ="6222"]


ミックスでキックすることなく同じ効果。

[オーディオのid ="6224"]


03 - モジュレーションエフェクトを使う

あなたのエフェクトリターンに動きを導入するもう一つの大きな方法は、変調ベースの効果のいくつかの並べ替えを使用することです。ここでお気に入りは、フェイザーやフランジャーなどがあります。これらのフィードバック対応プロセッサは、最も多様な音を作成し、重いリバーブと混合したときに、かなり特別なことが起こります!

もう一度だけで直接、気の利いた強烈な設定で、リターンの効果とダイヤル後にこれらのプラグインのいずれかを挿入する。プラグインは、ウェット/ドライミックスを持っている場合には戻って常に爪これを使用して純粋なリバーブをかけた信号のいくつかをすることができます。

また、これは合理的に高いフィードバック設定を持つディレイエフェクトは非常にうまくいく。強烈なフェイザーで治療この種のディレイラインは、非常に自然でサイケデリックなギターとシンセのシーケンスで使用するための素晴らしいことができます。


Logic’s phaser adding some intense modulation to the reverb buss

論理フェイザー、リバーブキスにいくつか強烈なモジュレーションを追加

したら、主要なパラメータのいくつかを自動で実験して変調されたエフェクトリターンに満足している。この自動化は、プロジェクトと同期されている場合は効果が再び紛れもなく、ミックス内の音楽的要素とリンクになります。

あなたは、以下の例で高いフィードバックのフェイザーで作成された動きを聞くことができます...

フェイザーのスプリングアクションに:

[オーディオのid ="6225"]


04 - フィルタリングと自動化

このステップではストレートリターンエフェクトの後に共振フィルタを追加してみてください。これは明らかに我々がこれまで見てきたが、結果は非常にクールになることができる何か他のものより少し破壊的です。

かつて私の好きな​​フィルタのFabfiltersシンプロンは、プラグインです。リバーブやディレイの後にこれの投与量は、空間に何かを送ることができます。あなたの動きが音楽を一致させることを試みるも、いくつかの動きのカットオフ周波数とレゾナンスを自動化してみてくださいと。私はあなたが以下に聞くことができるいくつかのアクションでフィルタリングの小さなクリップを、作成している...


Fabfilter’s Simplon is automated to generate a dynamic filter effect

Fabfiltersシンプロンは、動的フィルタの効果を生成するために自動化されています


そのことをしている自動化されたFabfilter:

[オーディオのid ="6226"]

あなたの効果をフィルタリングの結果が少し過ぎるサブトラクティブになった場合、時には、あなたはいつも一人で結果をエクスポートして、独自の独立したオーディオトラックにそれらを戻すことができます。このオーディオは、その後花茎全く新しいサウンドを作成するために編集することができます。



05 - 動的なゲーティングを使用する

あなたのエフェクトリターンに側鎖の圧縮を使用するようなテクニックは、ダイナミックゲートを使用しています。これは本当に伝統的な意味でのゲーティングが、実際に側鎖活性化ゲーではない。

側鎖の圧縮と同様に、ゲートはミックスで文字通り任意の要素を供給することができます。これは、ゲートが開き、そしてリズミカルに閉じて、途切れが発生します、時にはシーケンスをstutteredなります。


Logic’s noise gate is triggered by a percussion loop

論理のノイズゲートは、パーカッションのループによって引き起こされている


ミックスでトリガパーカッションのループとゲーティング:

[オーディオのid ="6227"]


トリガループせずに同じ効果:

[オーディオのid ="6228"]

これは、リバーブとディレイの両方でうまく動作すると私はしばしばこのようなボンゴやスティックなどの高速なパーカッションのパートが最高の側鎖の源であることがわかります。常にあなたの側鎖アクティブエフェクトリターンをトリガするためのカスタムパーツを作ることができることに注意してください。この部分は、リズミカルな、動的なエフェクトリターンを残すミュートすることができます。

Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Upstreamer
    Simple, but very hot, tips. Thank you Mo
    • 7 years ago
    • By: Upstreamer
    Reply
  • PDXstudio
    If you don't have an isolated kick (or other element) to use as a sidechain input on Logic's compressor, you can use a full drum (or other) mix as the sidechain signal, but use the sidechain filter (accessible via disclosure triangle in lower left corner of the compressor GUI) to isolate the portion of the sidechain signal that you'd like to use to trigger the compressor. For example, say I had a drum break with a great feel, but I want my FX to breathe with just the kick. I could use the full drum break as the sidechain input, but activate the lowpass filter on the sidechain input, and put the cutoff around 80 HZ. That way, the comp would ignore everything but the KK.
    • 7 years ago
    • By: PDXstudio
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: