All Articles Logic Pro
ロジックProでArpeggiationsを追加するためにiPadを使用して
Darren Burgos on Mon, July 8th 0 comments
Want to get arpeggiating in Logic Pro? There's two main ways to set this up inside Logic... but wait, with an iPad you can get hands-on thanks to StepPolyArp app. Darren Burgos shows how.

サードパーティのAudio Unitアルペジオとロジックで使用するためのプラグインをシーケンスステップは設定が困難であり、


StepPolyArpの設定

同社サイト上のマニュアルでは、StepPolyArpはAudio MIDI設定を通じて、およびiPadのMIDIインターフェイスとワイヤレスでお使いのMacに接続して取得する方法を非常に明確に説明します...ので、私はそのことについて話して、任意の時間を費やして文句を言わない。一度でもこの初期接続を確立して、youllはまだStepPolyArps MIDIオプションを設定する必要があります。イムは、Wi-Fi経由で接続しているので、私は単純にMIDI出力の両方にとシンク·ソース用のネットワーク·セッション1を選択します。 iPadの互換性のあるMIDIインターフェースを使用してyoureの場合は、代わりにこのリストからその名前を選択します。

Pic 1


ロジックプロのセットアップ

今、私たちは、ロジックからMIDIクロックを送信する必要があるので、StepPolyArpがそれにロックすることができます。論理学の設定]メニューから、[MIDIタブに、同期タブを選択します。ここでは、MIDIクロック送信ボタンをクリックし、次にインターフェイスまたは仮想MIDIセッションStepPolyArpが接続されて選択します。私はWi-Fiネットワーク経由でMIDIクロックを送信する必要があるので、病気ネットワークセッション1を選択します。我々はStepPolyArpでシンク·ソースに同じネットワークセッション1を選んだので、これを行うことにより、StepPolyArpsシ​​ーケンサは現在ロジックにロックすることができます。ロジックの[設定情報のみをプロジェクト自体に保存されている覚えているので、これを有効にしてテンプレートを保存して検討してください。

Pic 2


StepPolyArpsグリッド·エディタ

StepPolyArpはあなたにいくつかの素敵な内蔵プリセットを与え、あなたはゼロから新しいパターンを作成し、それらを保存することができます。すべてのプリセットを使用すると、切り替えることができます16パターンまで含まれています。すべてのパターンを使用すると、アルペジエーターが再生されたパターンを入力することができ、グリッドを持っているか、あなたも単音で再生されます全体のシーケンスでステップ実行することができます。あなたが実際にしかし、グリッド上の特定のノート値を選択していけない。 11レーンの各

Pic 3


StepPolyArpsステップエディタ

あなたはステップエディタと呼ばれるMIDIコントローラー·エリア内のパターンを作成するときに本当の楽しみが始まります。あなたは、文字通り様々なMIDI CCデータを送信するように指での図形で描画。バーチャル·インストゥルメントが制御してyoureの場合、例えば、変調グリッドのパターンを作成すると、それを開いたり閉じたりしますと、そのフィルタのカットオフにモジュレーション·セットを持っています。また、ピッチベンド、ベロシティ、パン、ボリューム、アフタータッチのパターンを作成することができます。実際には、グリッドからのすべてのノート·データを削除することによって、既存のシーケンスを調節するために一人でこれを使用することができます。

Pic 4


機能メニュー

ステップとグリッドエディタの両方で小さな設定ギアも楽しいもので満たされている。あなたは、コピー、貼り付け、ランダム化、リバース、および前後の時間のすべてを移動することができます。

Pic 5


StepPolyArpを再生と録音

一度youveはあなたが好きなものを作成し、画面の下部にキーボードがパターン(s)をトリガするために使用されます。ノートは半音階表示することができ、またはyoullの悪い音符を打つことはありませんので、あなたは、ルートキーとスケールを選択することができます。記録する準備youreの場合は、単にStepPolyArpにいくつかの音符を再生し、ロジックProで録音ボタン、StepPolyArpsキーボードのSYNCボタンを押してください。あなたはロジックからMIDIクロックを送っているので、youllは完全に同期してください!またあなたのために注意して押したままにしますラッチボタンをtheresの。あなたが先の時間(秒)音符を押すことができ、その後、ロジックで再生/録音を押したときに、音符(s)は自動的に同期してトリガされます。

Pic 6


安定性のためのヒント

StepPolyArpがWi-Fiレイテンシー補正以上MIDI持っているにもかかわらず、そのタイミングが機会に不安定になることができます。これは、しかしAMSの問題であると思われる...これが発生したときは、他のネットワーク活動が起こっていない場合でも、AMS行きゴチャゴチャ内待ち時間メーターを見ることができます。問題はAMSで再接続、終了と再開StepPolyArpによって直ちにしかし固定することができる。それは/ロック画面に行く眠らないようにiPadを設定してみてください。また、スイッチングアプリはそれで仕事をしながら、これはあまりにも、そうではないから(笑)試す可能性があります。 iPadの互換のMIDIインターフェースとそれを使用すると、youllのそれでライブ演奏する場合は特に、あなたの最善の策である。 StepPolyArpを使用していないyoureの場合、そのキーボードの上に同期ボタンをオフにします。


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: