All Articles Logic Pro
Grooveのビートマッピングを使用して、Logic Proので量子化
Mike Watkinson on Mon, September 12th 0 comments
While Pro Tools has Beat Detective to help apply groove quantizing to audio parts, Logic has a couple of tricks up its sleeve, too. Mike Watkinson delves into Beat Mapping in Logic Pro.

ロジックプロのオーディオ素材で過渡状態を識別することによってビートを検出する能力は、グルーブテンプレートを作成することができます。その後、オーディオのワンピースの感触を取り出し、別のオーディオ(またはMIDI)の領域にそれに適用するこれらを使用することができます。


ソース素材を識別する

予備成形された2つまたは4小節のループから溝を取ることが可能ですが、それはまた、ソースの材料はフルトラックになる可能性があります。その後、このプロセスの最初のステップは、Logic Proの中のビートとバーラインにそれを並べ、管理しやすい長さの領域を(2つのバー、確認を行う必要が

メモ:ログインするこのアプローチには二つの方法ありますが、 それらを使用する予定のプロジェクト(お好みにあわせな数を持っているできます)はGrooveテンプレートの原料を使用しているすべてのオーディオの領域を保持する必要があるでしょう

計画的に:

Starting from a Template project that contain collections of Groove Templates

グルーブテンプレートのコレクションが含まれているテンプレートプロジェクトから開始。


計画外の方法:可能性が高く、おそらく、プロジェクト開始後グルーヴテンプレートを作成して使用することを決定している。この場合、どちらかの主な材料の道のprojectoutの最後の最後で溝のソースとなるオーディオに対するすべての操作を実行する、テンポが別のテンポのトラックにconflictorいけないので。あなたは、グローバルトラックでテンポトラックに移動して、グルーブテンプレートを作成しながら、それを使用する準備ができたら、次に、プロジェクトのテンポのトラックに戻って別のテンポのトラックを(9がある)を選択して、これを選択することができます。複数のグルーブテンプレートの複数のオーディオソースを持っている場合、上記のようなフォルダに保管してください、とそれぞれに異なるテンポのトラックを維持する。

Choosing an alternative Tempo Track

代替テンポトラックを選択する。


ステップ1 - 必要なセクションを分割

はさみツールを使用して2つのバーセクションの開始時と終了時に音声を分ける。また、マーキーツールを使用し、Shiftキーに加え、 左右矢印キーを使用して、2小節のセクションを選択することが、その後領域を作成するための選択をクリックしてください。

それが小節線から始まるように、この領域をドラッグします(これを簡単に行う最初のスナッププルダウンメニューの絶対値にスナップを選択します。)

The Snap menu

スナップメニュー。


ステップ2 - テンポを検索

選択された領域と同じ小節線から始まるバーのルーラーで2小節のサイクル領域を作成します。

Finding the tempo of a two bar loop (note the 2 bar Cycle Area)

2小節のループのテンポを見つけることは(2小節のサイクル面積に注意してください。)


ステップ3 - の変動を検出

グローバルトラックの設定]を選択する(右クリックまたはトラックリストの上部にあるグローバルトラックをコントロールクリック)し、テンポとビートマッピングをチェックします。

選択したオーディオリージョンのすべてのリズミカルなニュアンスは、ビートマッピングトラックのトランジェントマーカーを持つようにビートマッピングのトラックヘッダでプラスまたはマイナスボタンをクリックします。

Click the Plus and minus buttons to ensure all subdivisions of the groove are detected

溝のすべてのサブディビジョンが検出されるように、プラスとマイナスのボタンをクリック。


ステップ4 - サンプラーインストゥルメントトラックを作成する

これを行う理由を、あなたが求める? Logic Proの以前のバージョンでは、サンプルエディタでMIDIグルーブテンプレートの機能にオーディオを検討されるが、バージョン9は、トランジェントマーカーによって決定される点でMIDIノートを持っているMIDIリージョンを作成するために、より簡単な方法を提供する。

どの?アレンジ領域地元のオーディオメニューから[ 新規サンプラーのトラックにリージョンを変換]を選択します(選択した米国のプリセットキーコマンドを使用している場合、コントロール- E。)

新サンプラーのトラックのダイアログウィンドウへの変換領域では、トランジェントマーカーのラジオボタンをクリックし、[OK]をクリックします。

Choose ‘Transient Markers’

トランジェントマーカーを選択してください。


ステップ5 - グルーヴテンプレートをキャプチャ

新しいMIDIリージョンが作成され、選択した状態でインスペクタのリージョンのパラメータ]セクションで、クオンタイズのドロップダウンメニューに移動します。

グルーブテンプレートの名前も、オリジナルのオーディオリージョンと同じである必要があります選択された領域、と同じになります。

Click here to select Make Groove Template

グルーヴテンプレートを作成する選択するにはここをクリックします。


ステップ6 - グルーヴテンプレートを使用して

MIDIにテンプレートを適用すると、リージョンのパラメータ領域でクオンタイズのドロップダウンリストからグルーヴテンプレートを選択してMIDIリージョンを選択するのと同じくらい簡単です。オーディオリージョンにテンプレートを適用すると、次のどちらかを実行する必要があります。

  1.  Divide the audio region into individual regions by transient
  2.  Use Flex mode


オプション1は最も明確にこの操作を実行するためのProToolsでビート探偵を使用しているとき何が起こるかに似ているので、そのメソッドを使用します。オプション2は、今後の記事の主題を形成することになる。

ターゲットオーディオが可能な限りロジックスバーとビートグリッドで並んすべきである。クリックに記録された例のドラムのため、作業方法に応じて以下のいずれか短いセクション、小節線で並んでいるうち開始(おそらくテンポマップを作成することによって)で扱うことになる、または安定したテンポで一つの長いパフォーマンストラック。それはあなたが小さいセクションを扱っている場合は、次の手順の一部を実行するために確かに簡単です。再び2つまたは4つのバーが理想的です。

以前のようにターゲット材料のトランジェントを検出する(Apple Loopsには、すでに彼らのトランジェントが検出されていることに注意し、これらは、ビートマッピングのトラックに表示されます。)

過渡時にターゲットとなるオーディオを分ける。これは、キーコマンドで見られるオプションですので、あなたはまだ行っていない場合、それにキーコマンドを割り当てる必要があります。

Target audio region divided at transients (shown in the Beat Mapping track)

ターゲットオーディオの領域は、トランジェント(ビートマッピングのトラックに示されている)で分割。


次に、イベントリストを開きます:あなたは、そこに選択した個々の領域が表示されます。

Applying the Groove Template in the Event List

イベントリストでグルーブテンプレートを適用する。


ステップ7 - ギャップを埋める

ローカルメニューから、および選択したままの地域を選択で

Trimming the region ends to the next region

領域をトリミングすると、次の領域に終わります。


この操作によって明らかに不要な音声を待ち受けます。

それでも選択された領域で、その後、各領域の境界でクロスフェードを追加したい場合は、インスペクタでリージョンのパラメータ]ボックスに移動し、クロスフェードにアウトからフェードのタイプを変更し、少し右にカーソルを移動し、クリック&ドラッグ値は30のように上向きに。

Choosing ‘X-fade’ in the Region parameters

地域パラメータにクロスフェードを選択。


Crossfades added at all region boundaries

クロスフェードは、すべての領域の境界で追加された。


の詳細情報これらのチュートリアルでLogic Proを


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: