All Articles Mac OSX
今後は、iCloudになります
Francesco Schiavon on Tue, September 6th | 5 comments
'The Cloud' has become this years buzz word that everyone wants to write about it. With Apple's iCloud coming soon, Francesco Shiavon explains what it is and why it'll revolutionize everything we do.

私が使ってきたMac OS Xのライオンの複数のコンピュータ、アカウント、カレンダー、連絡先、ファイル共有、VPN、およびTime Machineバックアップを管理するために、家庭でここ数日間サーバー。それを除けば私はまた私のメインのMac上でいくつかの時間のためにCalDAVおよびCardDAVサーバを使用してきた。自分自身でそれは非常に興味深いか劇的ではないが、それはAppleがiCloudで起こっている方向の指示を提供しません。


最大空気中の

私はiCloudはかなり深遠な方法で我々がコンピュータを使用する方法を変更することを考えて、そして最も興味深いのは、私はまた、我々は気付きさえしないだろうと信じることです。

iCloudは、Appleが公表した情報によると、背後で自動的にデータやファイルを管理するので、私はこれを言う。あなたがCardDAVとCalDAVサーバを使用した場合も、あなたはこれが何を意味するのか味を持っている。シンプル:あなたがフォローアップの任命のための医師のオフィスにいるときに、カレンダーのイベントを言って、エントリを作成する、一つのデバイスで、あなたのiPhoneを言う。デバイスがCalDAVサーバに接続されている場合、それは自動的にサーバーにデータをプッシュします。別のデバイスがサーバーに次回接続したときは、iPadを言って、サーバのアップデート、そのデバイス上のカレンダー、あなたの次の医者の予約が必要な同期、他のことなく、空気を介し、自動的に表示されるように。

There really is no believable excuse for missing an appointment again

本当に再び任命を行方不明には信じられない言い訳はありません!


iCloudは、他のデバイスがインターネットへの接続を取得する限り、その機能が追加されたものと同様に動作します、iCloudはその時点で他のデバイスにデータを押し下げる。 CalDAVサーバとの違いは、カレンダーソフトウェアはiCloudが要求を出しカレンダーソフトウェアなしで変更を押している間は接続が、最新のカレンダーデータを取得するために行うものであることです。


先駆的な?

では、なぜこの事はとても画期的です?実際に、それはないが、それは"クラウドコンピューティング"を楽しみにし巨大な動きだ。

ほとんどの部分について我々は、予定表の情報から機密スーパーなビジネスファイルに至るまで、すべて私たちの貴重なデータを含むこれらのデバイスとしてコンピュータを考える。我々はコンピュータへのアクセスを必要としているデータにアクセスするには、右?

今、あなたがあなたとあなたのコンピュータを持っていなくても、すべてのデータがどこからでもアクセス可能な場所、極端にその考え方を取る。ここで見たように、我々は、もはやパソコンは必要ありません。

Syncing contacts across the cloud will probably become even easier than doing so across local networked machines

クラウド間の同期の連絡先は、おそらくローカルネットワーク上のマシン間でそうするよりも容易になるだろう。


競合の回避

これはいかに私がこの記事の最上部に記載されライオンのサーバに関連していますか?

iCloudの背後に同じロジックがあります。 CalDAVサーバが何に似てiCloudの美しさは、、それは裏でどんな紛争を管理することです。紛争とは何ですか?私は別の質問でこれを答えます。あなたがCalDAVサーバに接続されていない一つのデバイス上でイベントを作成し、後でサーバへの接続を持っているデバイス上にもう1つのイベントを作成した場合はどうなるでしょう?よく、サーバはそれを解明して別のデバイスがサーバに接続するとデータの一貫性が保たれることを保証します。私はあなたの例をあげる。あなたのカレンダーにその医者の予約を持っていて、CalDAVサーバに接続せずに遠隔地にいると言う。この時点であなたは一日、そうあなたが(それはサーバーへの接続がない、覚えている)あなたのiPhoneに変更を加えることができません。なぜなら医者の予約に変更を加える必要はありません。一度あなたが行く、医師の任命とは無関係の別のイベントを追加するのと同じ暦では、独自のローカルネットワークに到達。今、時

iCal in the iCloud


それを秘密にしておく、それを安全に保管

そう、iCloudは同様の方法ではなくカレンダーや連絡先が、開発者がiCloudサポートを構築していることを任意のアプリケーションに対してだけ動作します。 iCloudは、競合を疥癬データをセキュアに保つこと、そしてライオンの自動保存とバージョンなどの技術で、あなたの仕事は"メインコンピュータ"なしでアクセスできるようになりますでしょう。 iCloudの内部の仕組みは、この段階では非常に公開されていませんが、Appleは、データの安全性とそれを作成するアプリケーションにのみアクセス可能になると述べている、プラスを確認するためにプロセスに追加される暗号化と鍵の束あなたのデータとファイルは安全です。

Keeping documents secure is of prime importance if cloud computing is to succeed

クラウドコンピューティングが成功するには、ドキュメントを安全に保つことは最も重要である。


これは、我々は現在、"パーソナルコンピュータ"を持っている概念は、ほとんどの人が認識し何よりも高速にモーフィングされていることを意味します。

私は非常に多くのソフトウェア開発者はiCloudをサポートするように彼らのソフトウェアのバージョンをリリース開始、​​特別に一度、iCloudを楽しみにしています。誰かが私のApple IDの手に入れれば、彼らは唯一の私のiTunesストアのアカウントにアクセスできないので、私はまた、いくつか包丁のパスワードを思い付く、それoffenを変更する必要がありますが、私のプライベートなファイルに一旦はiCloudでね。

注:用語"クラウドコンピューティング"と程度"iCloud"には、彼らがインターネットに接続するデバイスの図を作ったたびに、雲のようにインターネットを表現しようとするエンジニアや教師から来ている。ネットワーク自体には形がなく、私たちは本当にデータが宛先にそのソースからインターネット上を移動する方法の詳細を必要としないためです。したがって、デバイスのその複雑な接続は、インターネットを別名、最も頻繁に雲で表されます。これらの学者ではなく、彼らのダイアグラムで、"ブラックボックス"のようなものを使用した場合、それは"ブラックボックスコンピューティング"または多分呼ばれる"iBlackBox!"

さらに詳しい情報は?チェックアウトここでコアライオンのチュートリアル-フランチェスコSchiavonのMac OS X 10.7 101

Comments (5)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Wipavue
    As I am not one of those people who need (or want) to be connected (or synchronized) via multiple gadgets, I doubt I will be off into the iCloud any time soon. When I am away from my computer, I am quite happy to be so. As for backing up data, I'll continue to make hard copy backups, and use Time Machine. Having all of my data on some other server seems to me to have the potential for serious abuse as far as privacy is concerned. Nope, not for me.
    • 7 years ago
    • By: Wipavue
    Reply
  • Peter Schwartz
    Well-written article from an author who I respect, as I've learned a lot from watching several of his videos. However, when it comes to this iCloud thing I don't agree with most of his premises. The notion of putting the internet between one's files and one's computer is a giant step backwards in the evolution of computing. Nothing is faster, more convenient, or reliable as storing data on a hard drive connected directly to your computer. Sure, having a copy of important data stored on an FTP server or other remote server (which iCloud is not all that far removed from) is a great idea. But it's folly to think that data stored on a 3rd party server should be anyone's first choice for data storage. Let's just look at data transfer speed of the internet vs. a directly-connected hard drive: At the present time, at least in the US, upload speeds are anywhere from 1/10 to 1/5 that of download speeds, making this system impractical for storing (i.e., uploading to the remote server -- iCloud) any kind of heavy-weight project files from apps like Logic, Photoshop, to name two. Compared to the speed of saving data to a hard drive, the concept of primary data storage in the cloud starts to seem just a bit silly. The concept of a personal computer "morphing" into something else is not, as Francesco seems to suggest, a self-fulfilling prophecy. If someone wants this to occur they can make it so by way of subscribing to the model which he described. Otherwise, the concept can be entirely ignored without -- as I foresee it -- any downside whatsoever.
    • 7 years ago
    • By: Peter Schwartz
    Reply
  • FranchesYahoo
    This whole cloud computing business goes way above and beyond what FTP does. Yes, at the most basic level, there is a remote file server that requires the right credentials. But that's where the similarities between iCloud and FTP. In fact, bandwidth is not a problem at all since the files would be local on the device using them. The magic comes from the transparency that you don't have to do anything to move and update your files on other devices. As for security, only the apps that create the documents or that you give permission, can access the files on the cloud. So the security problem may not be someone else accessing your account, but rather loosing your iPhone and having no passcode on it. I believe that for certain kinds of data, like calendars, contacts and other non-sensitive documents, one can start using the service and see how it works. I'm sure I'll move more of my files to iCloud once I clearly understands how it works. Thanks for your comments. Keep them coming.
    • 7 years ago
    • By: FranchesYahoo
    Reply
  • Begomui
    Hi Am I missing something or did u not really respond to Sky's question. Little bitty files, ok we see that. I already store scripts and other text material on an online server where others can access them. But say you take off with ur laptop to Some Other Place, You shoot some footage and add it in to your Final Cut Project. A week later you get home, fire up your desktop machine and there is your Final Cut Project updated... But wait a minute. You shot 1.2 gig of footage. Surely quicker and easier to ethernet or firewire or whatever it across from your laptop. Or is this not what iCloud is for? I'm fascinated but confused and like the others here don't see the point for most of what I do.
    • 7 years ago
    • By: Begomui
    Reply
  • FranchesYahoo
    One of the problems with iCloud and "cloud computing" in general, is that it's so simplistic and at the same time complex, that many people are having a hard time understanding its value. That's one of the arguments I make in my article. It will change the fundamental way we use computers and we won't even notice. Let me see if I can give you an example: web based email. In "the old days" all of us had email programs that were hosted on one computer. In those days we didn't need to check our email every 5 minutes on the road. Webmail comes around, like Gmail, and then you're not locked to a single computer. In fact you don't even own the software. "It's in the cloud". That's kind of the idea with iCloud. You can create a document in one computer and instantly gets pushed to all your devices that share the same iCloud account. Have you ever wanted to have synched a document to your phone so you could work with it on the go, but it's "locked up" in your computer in your office or at home? None of that for data created with applications that have support for iCloud. Even if you don't have your mobile device with you, you could go and download it from another computer by going to the iCloud site; giving you access to your work almost wherever you are. Mixta, applications have to be written to push the data over to iCloud's servers. This means that Final Cut Pro X would not synch your media, at least on the current version. Take a look at Apple's page: http://www.apple.com/icloud/features/documents.html Numbers, Pages, Keynote and iPhoto, they all synch across Macs and iOS devices. As more developers add iCloud support to their applications, their files will be synched to iCloud automagically. As you say, it's great for smaller files and things like photos, but larger media files you'd be safer backing them up using Time Machine.
    • 7 years ago
    • By: FranchesYahoo
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: