All Articles Logic Pro
"ジャズトリオ"として、MainStageの使い方
Ian Graham on Fri, November 19th 1 comments
Christmas is around the corner and many jazz pianists might be finding that they are busy with holiday parties. Playing solo lounge piano during cocktail or dinner soirees can be fun but after awhile,

クリスマスはコーナーのまわりで、多くのジャズピアニストは、ホリデーパーティーでふさがっていることを発見される可能性があります。カクテルやディナー夜会時のソロのラウンジのピアノを弾くのは楽しいことができますが、ここしばらくの後、我々は自分自身で飽きるビットを取得し、我々が"トレードオフ"にいくつかの他のミュージシャンを持っていたかもしれません。問題は、ボスはクリスマスのボーナスに余分なお金を費やしており、アップライトベースとドラムの2他のミュージシャンを雇う余裕はありません。しかし... ... SteinbergのGrooveのエージェントとMainStageはあなたを助けることができる。

最初に、我々はこのオフを引っ張るつもりかを示すためにレイアウトを見てみましょう。多くのピアニストは、左手のベース/右手のピアノの分割を行っているとこれができるように設定することは簡単です。ドラムに関しては、我々は88鍵のキーボードの上部と下部のキーレンジが開始されるように、それらをレイアウトするつもりです。また、我々はピアノの音とピアノとマスター出力の2他のボリュームフェーダーに別のレイヤーを追加する場合はボリュームフェーダーで制御される文字列を持っているつもりです。

On our layout page we add an 88 note controller with 2 keyboard layers for piano, bass, and strings. The drums start on the bottom 5 notes of the keyboard but we're going to also use the top 5 notes of the keyboard too for drum triggering. You'll notice that we can only see the drums on the bottom of the keyboard but I'll explain this later on.

次に、我々はピアノ、文字列とマスターボリュームを制御し、" 編集 "モードでパラメータをマップに3フェーダーを追加します。私はこれを制御するフェーダーを持っているAlesisのQS 8.1を使用してください。

Finally, we need to add 10 drum pads in the layout mode and assign the upper and lower range of keyboard notes we want to trigger the drums using the Keyboard MIDI Controller as the input.

我々はキーボードとドラムをトリガーとしているので、我々は別のドラムのレイアウトを必要とする理由を今、あなたが求めてすることができます。そしてまた、キーボードの下半分のみドラムがある前に述べたが、我々は上にドラッグします。トリックは、私たちは、Groove Agentの唯一のソフトウェアインストゥルメントのインスタンスがメモリに保存したいということです。我々はまた、ピアノのキーがGroove Agent用の別のMIDIノートをトリガーしておく必要があります。キーボードレイアウトは、私たちは、ドラムパッドような別々のノートを割り当てるせません。少し混乱して?溝のエージェントがダウンBB4から定期的なドラムサウンドのトリガー(スネア、キック、等)として動作します。しかしB4アップから、それはドラムのビートのためのトリガーとなります。我々は、ピアノの音と競合するものに注意をする必要はありません。そう、MainStageので、我々は、#-1が1つであるC5(あるいは我々が望む任意の注意)トリガに使用できます注意グルーヴエージェント(実際にドラムビートを停止する)とキーボードのB4ノートをトリガーするために- 1を注意してキーボードを割り当てることができます。多くのドラムビートの。 Grooveのエージェントは、音符の値の上位になるように、ドラムが忙しくなって打つ。私が愛する素敵な機能は、、難しい打たノートはドラムのフィルをトリガする方法です。私は、キーボードの底部5ノートにドラムパッドの一番上の行が割り当てられ、ドラムパッドの下の行は、キーボードのトップ5のメモです。

To assign the drum notes to trigger patterns, we need to be in "Edit" mode. Click the first drum pad to highlight it , go to the Screen Control Inspector, select "Drums" (which is the track that has the Groove Agent plugin), select MIDI Notes, and choose note B3. Again, this note will stop the drum beat and I recommend the bottom key of your keyboard (A-1) as it's easy to remember. To trigger more drum patterns, simply select other drum pads and choose any note above B3. I find I like putting busy drum patterns on the top 5 notes  of the keyboard.

今私たちはラテンやロックのような別のドラムパターンを、どうすればよいでしょうか。単に自分のパッチを選択することによって、それを複製し、Optionキーを(またはコマンドD)を押しながら下方向にドラッグします。その後、Grooveのエージェントを開いて、お好きなにあなたのスタイルを変更してください。

Finally, I highly recommend that you have a "Tap Tempo" button so you can change the tempo from song to song / patch to patch.

このセットアップでは、プレイする楽しさであり、我々はまた、ブラシとスティック、および塗りつぶしボタンを切り替えるには、キーボードのノートをマップしたり、アクセントのスプラッシュシンバルを追加できます。楽しみ、できればあなたの"Tip Jarは、"あまりにももう少しフル得るかもしれない!

チェックアウトより多くを学ぶためにMainStageのチュートリアルを!

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Rounik Admin
    Very cool Mainstage tips Graham. Thanks!
    • 8 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: