All Articles Mixing & Mastering
音楽制作のヒント:オートパン効果を交互
Mo Volans on Fri, November 15th 0 comments
How do you get elements in your mix to gel when they clash? Before you ditch the parts read and listen to the examples in this tutorial by Mo Volans as he uses auto-panning to solve this problem.

いくつかのミックスでは、タイプと周波数の両方で非常に類似している2つの音を使用する(または必要)したいような状況で自分自身を見つけることができます。たとえば私は、Idがその衝突非常にわずかにここに一緒にミックスしたい2パーカッションの部分を持っている。

このチュートリアルでは、何もパンデータを使用していない、これらの部品の間にスペースを開発するための一つの可能​​な方法が表示されます。これは、離れて、伝統的なEQと、通常ここで使用されるであろうダイナミックベースの治療法から移動して、あなたに固体、創造的な代替手段を提供します。


二つの問題のループ

これらのループは、正確に同じ周波数範囲に住んでいけないが、これらは混合したときにかなり重く衝突する音に十分類似しています。各ループ内の個々の要素は、ある程度にマスクも組み合わせが、それはここである程度分離を作成するとよいでしょう不快ではないと考えられている。

単独で最初のループ:

[オーディオID = "15757"]

...そして第二のループ:

[オーディオID = "15758"]


我々は、単純なオートメーションベースパンデータを用いて、これらのループ間のコントラストを作成しようとしている。さて、次のステップでこれがどのように行われるかを見てみましょう。あなたは、あなた自身のループの組み合わせやドラムの部品であっても二つのグループでこれを試すことができます。

混合二つのループは少し混乱しています:

[オーディオID = "15759"]


パンデータのプログラミング

ステレオフィールド上を移動する二つのループは、単にあなたのDAWパンオートメーションデータを使用するために。あなたがより多くの人間の感じを好むか、私はここでやったように、手でそれを描く場合は、手動でこれを記録することができます。

ここでパンのデータを使用している対策は完全にあなた次第ですが、通常の方法では左から右にあなたの動きをプログラムしてみてください。あなたは、下のスクリーンショットで私のパターンを見ることができます。あなたは、いくつかのバーをプログラムした後は、単にループ全体にまたがってデータをコピーすることができます。

今、第二のループ上の正反対の情報をプログラム。あなたは、効果がより広いか狭いようにするには、この時点ではどちらかの側の強度を調整することができます。私は70〜80%は、ほとんどのケースではかなりうまく動作することを発見する傾向がある。

The panning data is complete

パンデータは完了です。


これでループがうまくパンニングされており、彼らは突然、分離の良い量を持っていることを見つける必要があります。効果は、自然界ではかなり奇抜で、あなたの頭で少し混乱することができます。これは私がそれを使用したいが、最終的にあなたのミックスで貴重なスペースを作成するためのそのちょうど素晴らしい方法理由の一部です。

The panning data in action

アクションでパンニングデータ。

二つのループは、今より良い分離をパンと持っている:

[オーディオID = "15760"]


いくつかの余分な処理

あなたがお好みであれば、それらをグループ化し、両方の音にも同様の効果を追加することで、二つのループにいくつかの余分な処理を追加することができます。私は、これは手続きにいくつかの凝集を追加し、頻繁にループがもう少し統一音になります見つける。

Some extra processing can help to unify the loops

いくつかの余分な処理はループを統一するのに役立ちます。

余分な処理が追加されます:

[オーディオID = "15762"]


この例では、いくつかの重い圧縮、彩度、ローパスフィルタリングを用いアイブ。あなたが好きなエフェクトチェーンを試すことができますし、うまくいけばyoullはあなたの作品の中でいくつかの点で、全体のプロセスは非常に便利です。

Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

The ART of EDM
Logic Pro X 404
Dream It. Do It.
Do you want to learn The ART of EDM?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: