All Articles Mixing & Mastering
パート2::パーツ選定とマッチングテンポリミックスする方法
Mo Volans on Sun, August 21st | 1 comments
Almost every major music single release gets the remix treatment. In Part 2 of this "How to Remix" series, Mo Volans takes you through how to tempo match and select the parts to remix.

チュートリアルのこのシリーズでは実際のリミックスを作成するステップバイステップのプロセスを取ることとしている。私は長年リミックスと病気あなたと私は私のスタジオワークで使用されているテクニックのいくつかを共有するようにしてくださいされています。

あなたは見つけることができるこのMPVのハブのリミックスシリーズのパート1をここに

このチュートリアルでは、我々が使用する部品を選択し、時間内に完全にそれらを得ることについて移動する方法を調べます。この年末までに


ステップ1 - 状況を評価

ミックスのすべての段階で最初にすべきことは、後ろに座ると、あなたがどこにうまくすることですし、何が行われる必要があります。あなたのワークフローを維持している場合は厳しい状況にプロジェクト全体が、大きな問題もなくきれいに流れる必要があります。

最後のチュートリアルでは、ロジックにすべての部品を輸入し、それらをチェックし、ラフの相対的なミックスは、我々が提供する上ですべての部品を聞こえるよう、行くん。我々の次の仕事は、我々は満足しているBPMで再生するすべてのものを使用して取得したいかを決定する、部品を整理開始することです。行くことができます...

The project as it was at the end of the last stage.

それが最後のステージの最後にあったとしてプロジェクト。


ステップ2 - 組織が鍵

最初に、組織のビットが必要です。これは正確にロックンロールが、任意の複雑なプロジェクトのその重要な一部ではありません付与。使用されているより多くの部品とのトラックは、より多くのソートや組織が必要となります。

これはボーカルプロジェクトであり、私はまさに私が他のすべてからボーカル部分を分離することによって開始されたすべてのヴォーカルを使用する予定として。私は、お互いにそれらをすべての隣接移動してから、自分のサブグループを介してそれらを供給。私にも色、それらすべての非常にきれいなピンク色!

The vocals are moved together and color coded.

ボーカルが一緒に移動し、色分けされています。


これらのいくつかの簡単な動きは私だけ素早くキーボーカル部分を識別するだけでなく、新しいボーカルグループのソロを押すことで、ミックスの残りからそれらを分離することもできるように。これは私が固体ボーカルミックスを取得し、ボーカルが互いにやり取りする方法の明確なアイデアを得ることができることを意味。

The vocals are then grouped and isolated using the solo function.

ボーカルは、ソロ機能を使用してグループ化し、絶縁されています。


この最初のグループを持つことも、私はすぐに部品の残りの部分を検査するために、ボーカルをミュートすることができたことを意味する。これは、よく次のを見て何です...

分離のボーカルミックス:

[オーディオのid ="7347"]


ステップ3 - 不必要なオーディオの削除

idは、すでに私はオーディオの残りの部分についてなど、私のリミックスで、できるだけボーカルの多くが、何を含めることを決めた?何が使用されるべきとビニングすべきか?さて、この一リミックスから別のに非常に異なるだろうし、非常に作成するリミックスの種類に依存します。

個人的に私はゼロから自分のドラムとベースパートを作成するには好きなので、これらは行くオリジナルミックスからの最初の部分だった。この時点で私は色付きのもの、私は赤を使用するつもりはなかった。私はまた、ミュートこれらのトラックは、活性化した論理は、関数を隠す(メインアレンジウィンドウの左上に大きなH)と、これらの拒否された部分がビューから非表示にする準備ができた。

The audio to be put aside is marked.

脇に置くされる音声がマークされます。


このアプローチは、はるかに少ない破壊的な実際にあなたが必要いけない部分を削除するよりであり、必要に応じて簡単に後の段階でそれらを再活性化できることを意味します。あなたがパートに気が変わった場合、これはリファレンスまたは単にのために役立ちます。

選択したオーディオのセクションが再生されます。

[オーディオのid ="7348"]


ステップ4 - 個々の部品をタイムストレッチ

youllの最高次はあなたがで作業するBPMについて考え始めると思います。私が与えられた元のプロジェクトは130 BPMで走った。これは私が作成したいと思った家のスタイルのために少し速かったと私は少なくとも4または5 BPMを下に移動したいと感じた。

The original project was at 130bpm.

元のプロジェクトは130 BPMにあった。


この場合、私はファイルのかなり多数のテンポを変更し、病気の私が実際に次のステップで何をしたかを示す必要があります。しかし、下のトラック数の多い少ない複雑なプロジェクトでの作業あなたのそれらのための素晴らしい単純な解決策を見てみましょう。

作業対象とする3つまたは​​4つの部分を持つ単純なリミックスプロジェクトがあると言うことができます、あなたは単にあなたのプロジェクトのテンポを変更し、個別に時間をあなたの部分を伸ばすことができる。これは、ピッチに影響を与えることなく、オーディオの速度を変更します。

これを行うための正確なメソッドは、単一のDAWごとに異なりますが、ロジックで、実際にはいくつかのオプションがあります。あなたは、ロジックスのサンプルエディタで、より伝統的な時間とピッチマシン用に処理して頭のあらゆる側面を微調整したい場合。この小さなツールは、あなたのオーディオと出力の既存とターゲットBPM(できれば)あなたの新しいプロジェクトに完璧にフィットするファイルを入力することができます。

Logic’s Time and Pitch Machine.

論理は、時間とピッチマシン。


あなたがもう少し直接的なものを好むのであればいつでも、ストレッチング機能により、インラインの時間を使うことができます。オーディオリージョンの長さを調整するときにOptionを押しながら、少し波形にアイコンの変更が表示されるはずです。お使いのオーディオを差し伸べるとあら不思議、そのタイムストレッチして!ニースと簡単。

Cubaseの、レコード、Pro ToolsのとAbletonはすべての機能をストレッチ優れた時間があるので、この方法で個々の部品のBPMを変更するには、少し異なるかもしれないが、あなたのそれぞれのDAWの把握に十分でなければなりません。


ステップ5 - グローバルテンポの変更

私は元のファイル(130 BPM)のテンポを知っていたと私はロジックス優秀なバリスピード機能を使用することにしたオーディオの大量を持っていたとして。基本的にこれは、リアルタイムでプロジェクトのテンポやピッチを変更できるようにするグローバルタイムストレッチツールです。リミキサーでは、これは取得と同じくらい良いです。


バリスピード関数は最初のyoullを有効にするには、そのコントロールは、トランスポートバーにあるかどうかを確認する必要があります。これを行うには、トランスポートセクションの任意の場所で右をクリックして"カスタマイズ"を押します。これは、今バリスピードが有効になっていることを確認して、オプションのリストが表示されます。

Ensuring the Varispeed functions can be seen in the transport bar.

バリスピード機能を確保することは、トランスポートバーで見ることができます。


あなたのバリスピードコントロールとまで今あなたの新しい必須のBPMを入力することができます。これを行うには、バリスピードの設定は唯一のスピードであり、テンポを結果として生じることを確認してください。他の設定は、オーディオのピッチを変更し、我々はそれをほしいと思わない。

Getting the Varispeed settings correct is important.

取得


プロジェクト全体では、あなたに必要なテンポになっているはずとだけ、あなたのリミックスに使用する部品を再生する。次のチュートリアルでも本当にミックスは私たち自身のために私たち自身の音楽的要素、ビートとエフェクトを追加するを見てみましょう。

Our project is now at the correct tempo.

私たちのプロジェクトは、正しいテンポで今です。


遅い速度で再生するすべてのオーディオ:

[オーディオのid ="7358"]


このリミックスシリーズのために使用される曲は、親切で提供された教会ウィリアムズ 。彼のサイトを訪問して彼をサポートしてください。

Church Williams - Touch The Sun

教会ウィリアムズ - タッチ日

どのリミックスにもっと詳しくお知りになりたい?チェックアウト

続きを読む:

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • spencersboy
    Very useful tip to pick up speed on any tempo changes to a Project. 
    • 7 years ago
    • By: spencersboy
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: