All Articles Mixing & Mastering
方法リミックスへ:パート3:ミックスするインストルメンテーションを追加する
Mo Volans on Sun, August 28th | 1 comments
Almost every major music single release gets the remix treatment. In Part 3 of this MPV Premium "How to Remix" series, Mo Volans takes you through adding your own instrumentation to the mix.

チュートリアルのこのシリーズでは実際のリミックスを作成する段階プロセスによるステップを通してあなたを取ることとしている。私は長年リミックスと病気あなたと私は私のスタジオワークで使用されているテクニックのいくつかを共有するようにしてくださいされています。

あなたがここには、このシリーズの前回の記事を見つけることができます。

今回は、新しい計測機器やドラムパートをミックスに追加された方法を紹介します。これは、ミックスが本当にあなた自身になるときであるので、これはプロセスの極めて重要な部分です。


ステップ1 - あなたの方向性について考える

ミックスのこの時点で後ろに座るとあなたがこの選択肢を作業対象とするスタイルを考えること、その多くの場合、良いアイデアは、また、選択したテンポと方法、使用する音の種類でかなり劇的な効果を持ちます。配置は形を取ります。

Where we were at the end of the last stage

我々は最後の段階の最後にあった場所。


私はこのスタイルは、オリジナルのトラックからボーカルパフォーマンスを補完する感じとして、私はここで大気中の家のリミックスで行くことを決めた。テンポは、すでにこのシリーズの最後の部分では遅い125 BPMに設定され、我々は、ミックスに新たなドラムやインストゥルメンテーションを追加を開始する準備が整いましたした。

よくかなりオリジナルの構造で行くことにこのseriesIveで次回に見ていくつかのマイナーな配置の変化からこのstageapartでその注目に値する。これは私がリアルタイムで私の新しいツールを書くことができたことを意味します。

あなたが完全にリミックスするための配置を変更したい場合は、そのループ内にループトラックとの仕事の重要な部分をすることができます。あなたの新しい計測とループ部分は、配置することができます。どちらのルートは、新しい部品が、ここで説明するのと同様のプロセスを伴うだろう書き込みを取ることを選択。


ステップ2 - 太鼓の音

あなたのアプローチは異なる場合がありますが、私はいつも私のリズムトラックで始まります:ドラムとベース。私はこれがどのプロジェクトにそのバックボーンを与え、内で動作するように明確な構造を作成してください。今私は通常、ゼロから自分のドラムパートのプログラミング時間のかなり相当な量を費やすだろうが、速度と明確にするために、私は事前にプログラムされたライブラリのループの組み合わせを使用している。

私はここでの主な背景と忙しく打楽器ベースのサビの部分のためのループのような1つの単純な4分の4住宅のループを使用している。ゼロから独自のドラムビートのプログラミングの詳細については、私はこれらのチュートリアルを見てみお勧めします。

Drum loops are added to the arrangement

ドラムループは、配列に追加されます。


このような単純なビートを挿入することで、我々は突然私たちのミックススタイルの変化に応じて形を取る見始める。ビートの存在と、それはまた、はるかに配置が行くとよくその次を見てみると行う必要がある変更の概要を説明。

新しいビートが新鮮な視点を追加します。

[オーディオのid ="7361"]


ステップ3 - ほとんどアレンジの変更

私は、私はブリッジが(コーラスと詩の間に短いセクション)多少私のアレンジを混同し​​なかったことをこの時点で決断したのは、このリミックスのためのオリジナルアレンジにこだわっていたこと前にも言いましたが。

この問題を解決するために私は単に私が編集を削除し、使用したい部品を選択

Small sections are removed to modify the arrangement

小さなセクションは、配置を変更するために削除されます。


代わりにこれらの変更と私は配置が非常にきびきびとしたとも流れた感じ。私は今のトラックにいくつか音楽的な部品の追加を開始する準備ができていた。


ステップ4 - 上にベースを取得する

幸いにも私のために私が使用したいリミックスパックにはかなりの数の音楽的要素があった。ストリング、ギターやすでによく配置に配置されたシンセのたくさんの私の仕事は素晴らしいと簡単に、その常に容易ではない。

あなた自身がかなりの数の音楽的な部品を作成する必要が判明した場合だけ深呼吸をして時間がかかる。私はここにいくつかの新しいパーツを作成すると、それは本当にちょうどあなたが完全な画像になるまで音楽的要素を構築するのと同じプロセスです。

どのようにこれまで多くの音楽的な部分のプロジェクトは、私はいつも自分のベースラインをプログラムしたいとしており、これは常に私が最初に起動した音楽的要素です。このリミックスも例外ではなかったと私はいいシンプルなベースパートをプログラムにまっすぐだ。

A simple bass part is programmed

シンプルなベース部分がプログラムされています。


私はこのためKorgs優れたPolysixのシンセを使用し、いくつかの素晴らしいステレオ幅の非常に単純なアナログスタイルのベースサウンドを選択している。部分は、量子化、に出場してロジックスのピアノロールエディタで整頓された。

The Korg Polysix used for the bass line

コルグPolysixは、ベースラインとして使用。


新しいベースラインが整備されている。

[オーディオのid ="7360"]


低音のパッチ、パターンと進行がここに本当にミックスの残りのためのムードを設定し、既存の音楽的な部分の全く新しい感じを与えるために使用。あなたが使用するすべての音楽の進行は、オリジナルの要素を完璧にフィットする、その本当に重要なので、すべての段階ですべての楽器のチューニングに注意深く耳を傾けるようにしてください!


ステップ5 - いくつかの余分なコーラスパーツとマイナーな改良

次のステップは、コーラスを少し持ち上げて、別のシンセのラインを追加することでした。私は最近少しを使用しているSylenth 1と呼ばれる楽器(レナーデジタルから)と一緒に行った。トランス風の高揚の音とほとんどあなたが考えることができる任意の他の電子パッチのためのその素晴らしい。

The Sylenth1 used for the Chorus synth

Sylenth 1コーラスシンセのために使用。


分離のリードシンセ:

[オーディオのid ="7359"]


私はそれが少し高揚させると低音フィルター周波数にいくつかのオートメーションを追加することを決めたこれを行う一方にコーラス部にメロディーのような単純な文字列を追加しました。これは低音がコーラスで詩と完全にオープンでフィルタリングされて、結局意味、これも過渡期にあるエネルギーを高める助け。

The simple chorus pattern

シンプルなコーラスパターン。


Automation is also added to the bass part to increase energy

オートメーションは、エネルギーを高めるために低音部に追加されます。


アクションの自動化:

[オーディオのid ="7365"]


各コーラスのセクションの後半でさらにインパクトを追加するには、私は元のプロジェクトから以前にミュートパーカッションの一部を再導入。このシェーカーの部分は実際にこれらのセクションにペースを追加するために助けた。

A shaker from the original project is brought back in

元のプロジェクトからのシェーカーはログインし戻される


私たちのリミックスはまだ初期段階にあるものの、見てわかるように、そのは本当に形をし始め。と配置の必要最小限のはオリジナルに非常に似ているものの、それは完全に別のトラックのように感じている。あなたは、私たちは以下のクリップで最大どこ聞くことができます。

The arrangement takes shape

配置は形を取ります。


この時点でトラックは完全に混合し、習得されていない覚えて、これはチュートリアルの後半で見ていきますと、プロジェクトの全体的な音は、はるかに洗練されたようになります。次は、パート4で、よく空間的な効果および塗りつぶしのプログラミングの使用とのミックスに、より深みと変化を加えることを見てみましょう。

これまでの配置のラフミックス:

[オーディオのid ="7373"]


このリミックスシリーズのために使用される曲は、親切で提供されていました

Church Williams Album - Touch The Sun

教会ウィリアムズ - タッチ日

どのリミックスにもっと詳しくお知りになりたい?チェックアウト


Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Christian L
    Great remix tutorials Mo! Looking forward to the next installments... :)
    • 7 years ago
    • By: Christian L
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: