All Articles Mixing & Mastering
方法リミックスへ:パート6:最終的な調整と調整
Mo Volans on Sun, September 18th | 1 comments
Almost every major music single release gets the remix treatment. In Part 6 of this "How to Remix" series, Mo Volans takes you through adding the final tweaks and polish to your remix.

チュートリアルのこのシリーズでは実際のリミックスを作成する段階プロセスによるステップを通してあなたを取ることとしている。私は長年リミックスと病気あなたと私は私のスタジオワークで使用されているテクニックのいくつかを共有するようにしてくださいされています。

あなたがここには、このシリーズの前回の記事を見つけることができます。


この最後から二番目の章でも我々のミックスはアレンジとミックスして最終的な微調整を行うことにより、その最高の状態であることを確認する方法を見てください。これらの微調整を行うことでも私たちのミックス、マスタリングの準備ができて100%であることを確認してさ。


ステップ1 - Extraは、塗りつぶしとオートメーション

この時点で我々は最後の調整と変化を決定する微細な歯の櫛とのミックス全体にわたって移動する必要があります。私は、遷移を見ることによって開始したいと、これらが面白いかどうか全体のミックスは、一般的に向上しています。

これらのマークの新しいセクションの開始と、多くの場合プロジェクトにエネルギーを追加します:塗りと休憩でよく始める。余分なプログラミングを配置する場所を決定するプロセスは、単に全体としてのトラックを聴き伴います。何回かした後、作業を​​必要とする場所があなたに飛び出すはず。

私は一口サイズのセクションに集中することができますので、私はこれを行うと私はセクションにトラックを分割する。例えば:私が実行したプログラムの最初のバッチは、ドラムイントロ部にあったと私は、初めての作業に地域のために、これをスキャン。

私は余分な塗りつぶしやプログラミングを使用することができる二つの領域を発見した。周りの途中でイントロを通して、私はシンプルなリバーブベースのブレークを追加しました。これは、リバーブがメインのドラムループのセンドレベルを自動化することによって達成された。私はまた、効果を強調するために同じポイントで付属のパーカッションループを落とした。

The reverb based fill I created in the intro

リバーブベースの私はイントロで作成した記入。


リバーブは、塗りつぶし:

[オーディオのid ="8117"]


いくつかの注意を持ってイントロの2番目の領域は最初の詩に通じるセクションいました。私は、メインループとパーカッションのループの両方で修復性のロールを追加しました。これはいくつかの関心を追加し、自然の中でもう少しハイテク記入しました。私はそれがこの点とも、次のを見て何ザッツで何か他のものを必要と感じた。

The second fill is enhanced

第二塗りが強化されています。


第二充填が終了し、代わりにされています。

[オーディオのid ="8118"]


私はこれらのイントロは例として、一杯に選んだが、同じ作業がミックスの各セクションと、このチュートリアルの最後にある完全な例では聞くことができる追加されたいずれかのさらなるプログラミング繰り返されました。


ステップ2 - ノイズベースの移行エフェクトを使う

上で作業するとき、彼らがよく流れるのは本当に重要なこといっぱいやトランジション。流体の遷移を作成することは困難ですが、本当に人生を容易にすることができるいくつかのテクニックがあります。我々はすでに自動化を見て、どのように金額が実際に助けることができる送信フィルタの周波数と効果を変更できますが、またここでも同様に効果ベースのサンプルとパッチを使用することができますしている。


最初の詩に移行する遷移は、この時点ではかなり良いですが、もう少し作業が必要。私は、イントロやコーラスの始まりの終わりに広がっノイズベースのサンプルは、実際に一緒に接着する2つの部分を助けることを決めた。

私はAAシンプルなホワイトノイズのサンプル、自動化されたローパスフィルタといくつかのステレオディレイを使用して、最初からこの効果を構築。このアプローチは、サウンドを最大限に制御できますし、あなたの正確な仕様にそれを彫刻することができます。

The noise based effect is constructed

ノイズベースの効果が作成されます。


この効果は、トラック全体で再利用し、本当に期待して雰囲気を作成するのに役立ちますていた。いくつかの異なる効果をお試しください。あなたはいつも、リバーブなどの余分な処理を、追加し、必要に応じて、さらに大気中のものを作るために遅らせることができます。

シンプルなノイズベースの最初の遷移の効果:

[オーディオのid ="8119"]


ステップ3 - 追加の部品や楽器

あなたのトラックの一部がアップspicing必要があると感じるなら、余分な計測機器やパーカッションの部品を追加してみてください。私はコーラスが少しリフトを必要とし、少量のエネルギーを追加するには、ヒット小さなパーカッションのループを導入したと感じた。あなたは以下のクリップで新しいサウンドを聞くことができます。

ループは、いくつかのステレオディレイ、雰囲気のタッチ、ある程度の飽和及び当社のミックスを妨害、不正な低周波がないことを確認するために当然の必然的なローカットで処理した。

The new loop is highlighted in the last section of the mix

新しいループはミックスの最後のセクションで強調表示されます。


最後のセクションで新しいループ:

[オーディオのid ="8124"]


私はまた私達のミックスのイントロとアウトロのセクションでは、この余分な音を使用していました。あなたが好きなら余分なインストルメントを追加するここで、実際にさらに行くが、物事を煮過ぎるしないように思い出すことができます。別の5を追加8部で良い音しない混在させた場合おそらく助けにはなりません!

これはまた、任意の繰り返しや、ミックスに編集を追加することに時間です。よくこれは次と病気のあなたに、この時点で変更されたいくつかの重要なセクションを表示を見てみましょう。


ステップ4 - 決勝の編集

今コピーして実行する必要があるの貼り付け、任意の最終的な編集のために、ミックスをチェック!幸いにも私はここの世話をするために必要な唯一の編集があった。第一コーラスで行われたボーカル部品Idの一つは、2コーラスから欠落していたし、その不在は、エネルギーの不足がここにあったものです。

私は単に、以前に構築し、2コーラスセクションの対応する場所にコピーされた部品IDを手にした。単にこのような大きな違いをもたらすことができる編集。その価値は十分には行われる必要があるもののノートを作るためにペンと紙で数多くのリスニングセッションを行うために座って。これは遠いので、今の仕事に出し惜しみいけない来てホード!

The vocal part is copied and pasted into place in the second chorus

ボーカル部分は2コーラスの所定の位置にコピーされ貼り付けられます。


ステップ5 - あなたのミックスとレベルをチェックワンラストタイム

いつものように私たちの最後のステップは、大局を見て、私達がにどこにいるのかを確認することです。すべての方法を通して、あなたのミックスを再生する。世話をされている今あなたの編集を、すべてのインスツルメンテーションが整備されていると、トランジションは、ミックスに集中できるスムーズです。

この場合、我々はすべてがそれがどうあるべきかになるように一緒に行っweveとしてすべての相対的なレベルの注意を払っています。このチュートリアルの各段階で、最終的な例を比較すると、ミックスとアイブ使用されるレベルの進化を聞くことができます。

The entire mix in all it’s glory

そのすべての栄光のミックス全体。


グループのチャネルを使用し、一つの楽器として、すべて同じような音を混在させることが混在している場合は、この大規模の大きな助けに。あなたは、私がボーカルでいることを行っているこのミックスで見ることができます。そこにボーカルトラックのかなり多数いたと1つのグループに入れることは、単に命の恩人だ。それらはすべて同一のコンプレッサーや他のエフェクトリターン/送信された処理した。

... And the arrangement has finally taken form

配置は、最終的に形をとっています!


完全にこの時点まで混ぜる。

[オーディオのid ="8128"]


あなたがミックスを変更する必要があると感じる場合には、なく、常に自動化や処理新鮮なグループを設定し、大人数のグループで相対的な構成を設定できます。次のアップもいくつかのマスタリングに入ることがあるためだけで、あなたがマスター出力に十分なヘッドルームのままにしておくことを確認してあなたが行うことを選択せよ!

私は上記のこの時点までに持っていたミックスを聞くことができます...物事は最終的にラインになってきたし、今は完成した構造と配置を聞くことができます。今何してあとは最終的なサウンドを微調整です。


このリミックスシリーズのために使用される曲は、親切で提供された教会ウィリアムズ 。彼のサイトを訪問して彼をサポートしてください。

Church Williams - Touch the Sun

教会ウィリアムズ - タッチ日


どのリミックスにもっと詳しくお知りになりたい?チェックアウトライブチュートリアルビデオシリーズでオラフBasoskiのリミックスを



Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Jumperman
    Hey Mo, loving all the stuff you post on Audiotuts, here, and Music Tech. Thanks for all the good tips. I have a question: how'd you make Church's vocals sound so good in the mix?
    • 7 years ago
    • By: Jumperman
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: