All Articles Mixing & Mastering
クイックヒント:サブトラクティブ対添加剤のイコライゼーション
Mo Volans on Fri, January 14th | 1 comments
When enhancing your sounds with EQ there is a fine line between a light sweetening and an over-colored, or over-hyped end result. Most of the time any negative results are due to too much additive equ

EQでサウンドを強化するときに光甘味と上色、または過剰宣伝の最終結果との間の微妙な境界線がある。時間のほとんどすべての否定的な結果は、あまり他の言葉で、いずれかの特定の周波数帯域でゲインが多すぎる添加イコライゼーションによるものです。

相対的な初心者は、添加剤を使用すると、EQ、そのサウンドを強化する唯一の方法だと思うかもしれないが、別の方法があります。のは、ちょっと見てみましょう...

01 - 添加EQを使う

あなたが減法EQの技術の考え方に慣れていないのであれば、サウンドを強化したいときには、ほとんどの場合、お気に入りのEQプラグインのために達するとの健康な量にダイヤルします。

これは通常、非常にうまく動作しますし、このドラムループがうまくロジックのチャンネルEQの高い周波数帯を使用して明るくされここで聞くことができるように。あなたはそれが既に少しでも、これは追加の周波数が少し色と上の処理であることを意味"は誇大宣伝"鳴っていることがあります。

ミックス全体のtenの音にこの効果を想像してみてください。あなたは、むしろあなたがロードされ、オリジナルのオーディオファイルよりも、プラグインをあなたのEQを聴いてしまう恐れがあります。それでは、選択肢をチェックしてみましょう...

(オリジナル未処理ループ)

[オーディオのid ="1019"]

(とループは、ハイエンドの宣伝)

[オーディオID ="1020"]

02 - 減法代替

ここでは、同じ音を持っているのではなく、ハイエンドを追加するので私は音より低い周波数の一部を削除するシェルビングフィルタを使用している。これは、カウンタ生産的に見えるが、レベルが大幅に引き上げ、最終的な結果でこれを組み合わせることが私達のより高い周波数のブーストです。

ここでの本当の違いは、我々が実際にではなく、我々はそれの他の顕著な特徴をsubduingと全体の音のレベルをアップさせることによって音のハイエンドの資質を後押ししている、任意の処理を"追加"していないということです。

そう最後の...我々はより私達の音と少ないEQのを聞いているとそれは悪いことでは決してありません!

(より自然な減法治療とループ)

[オーディオのid ="1022"]

ミキシングのテクニックを向上させる方法をお知りになりたいですか? ミキシングでソニックディメンションのチェックアウトロジック403 -ミキシングR

Comments (1)

You must be logged in to comment. Login Now

  • KS2 Problema
    An important topic that tyro recordists should give some attention to. Of course you *do* have added processing when using *any* EQ. Even if one uses a strictly passive EQ (filter, no gain) you are still processing the signal, regardless of whether you are working in the analog or digital domain. Not only that, an active filter is simply a passive filter with gain elements added into the circuit. Going a bit farther, with the shelving filter examples given, IF the shelf curves were set up as true equivalencies (overlapping corner frequencies) -- they're not in the example, of course, the low shelf and the high shelf would leave the 'middle' frequencies unaffected as per the graphic representation -- but if they were, and equivalent makeup gain was used after the subtractive pass, the results would be the same, assuming neutral gain processing in the EQ circuitry [gain without saturation or other signal distortions]. The POINT of subtractive EQ vs additive is probably more pertinent when considering the example of a somewhat narrow band that the recordist feels needs more 'definition.' If he exclusively boosts that narrow band (or conversely lowers *everything* else and raises makeup gain) he may get the effect he thinks he wants when considering the track in solo -- but chances are, when he gets it in the mix, there will still be a lot of sonic information in the other frequency bands that is not necessary to the mix and adds distracting detail in bands that may not be carrying the *musical* information. Sometimes, often, even, it's better to remove sonic information outside the desired bands than to boost the desired band. It's not really a *technical* exploit -- but rather a change in thinking and philosophy -- that, used as a gentle and general guide, gets the recordist into thinking about reducing the influence/impact of 'unnecessary' sonic detail -- which will tend to lead the recordist to cleaner, tighter mixes, as a general rule.
    • 5 years ago
    • By: KS2 Problema
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: