All Articles Mixing & Mastering
クイックヒント:ディザリングを適用する
Mo Volans on Wed, December 22nd | 0 comments
Dithering is something which eludes some beginners. Without getting too heavily into the maths, dithering is a process which enables us to move from one bit depth to another without losing too much fi

ディザリングは、いくつかの初心者では見逃されているものです。数学に偏ったことなく、ディザリングは、私たちはあまりにも多くの忠実性を失うことなく、一方のビットの深さから別のに移動できるようにするプロセスです。多くの場合、オーディオディザリングの出番だ24ビットであり、このオーディオは、ディストリビューション用の16ビットに縮小する必要がある、これは記録され、ロジック内で生産

ディザリングがありますが適用されるときに質問は?そして我々はそれにはどうすればいい...で読み、すべてが明らかになる。このクイックヒントでは、私はディザリングプロセスを説明するために、Logic Proを使用しています。この背後にある理論は、お好みのデジタルオーディオワークステーションに適用することができます。

01 - マスタリングプロセスの完了

あなたのマスタリングのチェーンを完了しました、あなたは、物事は、必然的にそれがあなたの仕事をエクスポートする時が来た時点に来るから鳴っているようで嬉しく思って一度。するときは、何がクリッピングされていないとしてロケータがあなたが行ってもいいですが正しく設定され、それはあなたがディザリングを適用する必要がありますセッションでは、この段階でそれされていることを確認加えました。

02 - 右あなたの設定を取得する

一度バウンスボタンを押して[エクスポート]ウィンドウが表示され、あなたはオプションの数が表示されます。これらのディザリングのパラメータであり、現実でから選択するだけのいくつかのオプションがある中でも、ここにない巨大な学習曲線そう。

合計で4つのアルゴリズムが存在する、"POW - r'をオプションには、素晴らしいですし、今しばらくの間、ロジックのユーザーに利用されている。ロジック9〜新しいApogee社のアルゴリズムであると私はいつもそれのクリーンサウンドのファンをされているので、あなたがここで選択するものに少し行き詰まっているなら、この1つは安全な賭けだ。

03 - エクスポートに時間

そして...これだけです。あなたは、エクスポートする準備が整いました!あなたは16ビット/ 44.1kHzに設定されていることを確認してください、これは、MP3に変換して/またはCDに書き込む準備ができているようになります。あなたの結果を確認し、運がよければこのと24ビットのミックスの間にはほとんど、もしあれば、顕著な違いを見つける必要があります。

としか全体の製造工程中に一度ディザ、好ましくは右の端に覚えている。どんな本よりも、あなたがアーティファクトを紹介して始めましょう。ですから、ときに他のプロジェクトからファイルを混合またはインポートするための輸出部品ディザの適用のエラーを確認していないことを確認してください。

これらのチュートリアルではディザリング、マスタリングの詳細をご覧ください: CubaseでマスタリングLogicでマスタリングPro Toolsでマスタリング

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: