All Articles Native Instruments
Native InstrumentsのMASCHINEの概要
Mo Volans on Wed, September 28th | 2 comments
Maschine is fast becoming the real successor to the much-loved MPC. In this tutorial Mo Volans gets hands on with Maschine and explains just what makes it stand out from the crowd...

あなたが電子環境でビートを作るような場合はMASCHINE一溝の生産のソリューションでも屈指のすべてである必要があります。あなたは、スタンドアロンのプロダクションワークステーション、プラグインやハードウェアMIDIコントローラーとして使用することができます。それはそう文句を言わないだけの事はあなたのお茶を作るです![我々がMASCHINEミクロの紅茶能力をテストするためにはまだだが- 。エドを]

その中核となる要素にMASCHINEを打破し、うまくいけばこれは何のその能力をどのように処理し、あなたのセッションで何をできるのを理解するのに役立つことができます。


ステップ1 - ハイブリッドコントローラ

NIS MASCHINEについて把握することがまず最初は、ハイブリッドコントローラということです。単に、ハードウェア自体は全く音が出ないことを意味して置く。あなたが聞くすべての音は、コンピュータ(またはオーディオインターフェース)から来て、必要なすべてのオーディオデータは、メインのマシン上にローカルに格納されます。

とMASCHINEの船がちょうどことであることをコントローラ: コントローラ 。それは、USBを介してコンピュータに接続し、ソフトウェアが行っているすべてのものを反映することが可能です。実際には、これまでコンピュータの画面を見もせずにコントローラからMASCHINEソフトウェアを動作させることができます。

Maschine

MASCHINE。美しい、それはない?


これはかなり革新的なシステムであり、あなたのコントローラの有無に関係なく、ほぼすべてのコンピュータ上でMASCHINEを使用しての柔軟性を実現。あなたが行うことができない約唯一のことは、コンピュータなしでMASCHINEを使用しています!


ステップ2 - プラグインパワー

インストール後にMASCHINEは、最初はスタンドアロンアプリケーションとして実行すると、完全に独立して任意のDAWのそれを使用することができますされています。これは、アイデアを作成し、(よく次のステップで見ている)Maschines内部シーケンサーとライブラリに慣れ得るための素晴らしいです。しかし、私達のほとんどは私達の好みのDAWと一緒に、これを実行することになるでしょう。

幸いにもMASCHINEは、フォームのプラグインで提供されており、ほとんどのDAWにロードすることができます。AU、VSTとRTASフォーマットは、誰もがここでカバーされているので、標準インストールに含まれています。

最初のロードのyoullにプラグインに気づく多かれ少なかれ、スタンドアローンのアプリと同じです。ここでの唯一の本当の違いは、Maschinesクロックが今や完全に両者の合計の統合を可能にする、DAWのテンポと同期されていることです。

Maschine running as an Audio Unit (AU) plug-in in Logic Pro.

MASCHINEは、Audio Unit(AU)のLogic Proのプラグインとして動作している。


あなたの最初のビートとパターンこれらのプログラムが終了したときにもお使いのDAWのトラックにドラッグアンドドロップすることができます。実際には、次のいずれかをMIDI(これはもちろん、トリガーは内部のサウンドをMaschines予定)またはMASCHINEが生成する実際のオーディオをドロップするかを選択できます。優れた柔軟性。

Audio being dropped into a DAW from Maschine

オーディオは、MASCHINEからDAWにドロップされている。


ステップ3 - パターン、シーケンス、およびグループ

Maschinesのキラー機能の一つは、内部のステップシーケンサーです。その大規模な、照らされた、タッチセンス付パッドとホードのカップルこれは、プログラミングやパフォーマンスのための大きいコンボを得た。

最初のパターンを作成すると、キットをロードするサウンドを選択し、コントローラ上の基本的な何かをバッシングするのと同じくらい簡単です。一度あなたがシーケンサー内のイベントの位置と長さを微調整することができるあなたの最初のレコーディングを終えました。ご希望の場合は、この方法で入力すべてのデータをすることもできます。

Using one of Maschine’s sequencing modes

Maschinesシーケンスモードのいずれかを使用する。


あなたがパターンを保存したら、その後の変化または完全に新鮮なシーケンスのいずれかを含むさまざまなシーンを作成することができます。これらは、ソング全体を開​​発するために連結できます。

MASCHINEは、バックのサウンドの最大8種類のバンクを再生することが可能です。これは、本質的にドラムキットの数は、シンセベースのサンプル、サンプリングされた溝と、いくつかのボーカル部分を使用できることを意味します。あなたがあなたのDAWに触れることなく、本格的な生産のために必要とするすべて!

A quick loop in Maschine using 5 groups

5グループを使用して、MASCHINEのクイックループ。


5グループを使用して、MASCHINEで一緒に投げクイックループ:

[オーディオのid ="8933"]


ステップ4 - シンプルなサンプラー

私は前述したように、MASCHINEにサンプルを読み込むこともできます。実際には、MASCHINEソフトウェアの最近のアップデートでは、NIはMaschinesのレパートリーに編集MPCのようなサンプルを紹介しました。

MASCHINEはパッド間のリアルタイムと分けることでそれを切ること、あらゆるグルーヴベースのサンプルを採取することが可能です。スライスは、リズミカルなグリッドや感覚のトランジェントとダイナミクスそのシステムを使ってカットすることができます。あなたがこれまでにリサイクルを使用している場合、このシステムは、かなりおなじみだと思われる。

Editing samples in Maschine

MASCHINEでのサンプルの編集。


一度あなたのサンプルがパッドを介して、Maschines内部のシーケンサやいくつかドラッグ&ドロップしてDAWでトラックの一つでMIDIを経由して再生することができます解散。ここで柔軟性が再びかなり驚くべきである。


ステップ5 - 効果の世界

これはMASCHINEシステムの概要ですので、私は典型的なプロジェクトで作業するときに利用可能な信号処理について少し話をしたかった。アップまず、そのMASCHINEに付属の内蔵エフェクトについて話をする必要があります。

かなりのリストはすべてをカバーする、ここにありますから、実行の- milllコンプレッサー、EQやそのようなディレイ、リバーブ、ディストーション、ビットクラッシャー、より創造的なプロセッサへのモジュレーションエフェクト。

ここでは本当に印象的なことは、一度に適用する方法を多くの効果です。あなたは、サンプルごとに3つのプロセッサ、グループごとにさらに4つのと他の4つのマスターのプロセッサを持つことができます。これにより、複雑なプロジェクトをセットアップするための素晴らしいです。

Accessing effects in Maschine 1.6

MASCHINE 1.6の効果へのアクセス。


バージョン1.6以来、あなたはまた、MASCHINEに独自のオーディオユニットやVSTプラグインをロードしてもMaschinesコントローラを介してそれらのパラメータを制御することができます。これは、すべてのプラグインをシステムにアクセスすることができます。

考える価値があることの一つは、あなたが実際にいくつかのDAWはカント通常読み込むプラグインの形式にアクセスするには、この機能を使用できることです。 MASCHINEを(バージョン1.6以上)を使用して、インスタンスでは、Pro ToolsのロジックとAUのものにVSTフォーマットのプラグインにアクセスできます。

そう、すべてのすべてではMASCHINEはお使いのDAWとシームレスに統合する非常に強力なグルーブプロダクションワークステーションであることがわかります。病気の段階で、プロジェクトのステップを介して実行私のMASCHINEのチュートリアルの次の割賦、で、プログラムする方法を示し、MXとプラグインMASCHINEのバージョンの中からビートを処理する。


MASCHINEは、多くのユーザーが知っているより、より柔軟で強力です!チェックアウトMASCHINEでマットCellitiの3 MySQLチュートリアル-動画をもっと学びたい!

Comments (2)

You must be logged in to comment. Login Now

  • Jirupie
    Great Info here Mo. But please make your next installment using Logic Pro. We already have plenty of examples using Ableton. I purchased Matt's Maschine Masterclass and the part about using within a DAW was almost useless to anyone not using Ableton.
    • 7 years ago
    • By: Jirupie
    Reply
  • Rounik Admin
    Hi DaBeatMaker, We've already published a specific written tutorial on The Hub re: Maschine for Logic users (on the 8th September): http://www.macprovideo.com/hub/logic-pro/maschine-for-logic-users Hope this helps. R
    • 7 years ago
    • By: Rounik Admin
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: