All Articles Native Instruments
Reaktorのでシンプルなシンセ、パート1を構築する
Toby Pitman on Thu, February 2nd 1 comments
Many programs exist for creating your own instruments, from Logic's Environment to MAX/MSP. Few, however, are as musically immediate and satisfying as NI's Reaktor. Toby Pitman gets synth building!

あなたがNative InstrumentsのReaktorを購入する際だけでなく、あなたが70素晴らしい楽器と3000以上のユーザ作成された楽器のオンラインライブラリを得るか、また、あなた自身を構築することができます!

ソフトウェアは、あなたが想像できる何かを作成するために一緒に配線することができるモジュール式のビルディングブロック(マクロと呼ばれる)のライブラリが付属しています。あなたも、ゼロから独自のマクロを作成することができます。このチュートリアルでは病気は自分で簡単なサブトラクティブシンセの構築を開始する方法を示します。


ステップ1 - 新しいアンサンブルを作成する

アンサンブルは、小さな楽器の任意の数を保持できるマスターのパッチです。 ファイルに移動し、スタンドアロンのオープンReaktorはモード

pic 1


ステップ2 - 構造ビュー

構造ビューを開くには、分割ビューのスイッチを押してからパネルのビューの左側にある一番上のアイコンをクリックします。 Youllは構造ウィンドウが空のアンサンブルの下に表示されるはず。これは我々のシンセを構築する場所です。 Reaktorはあなたのための空のインストゥルメントを作成します。

pic 2


ステップ3 - インストゥルメントを開く

それを開くために楽器をダブルクリックします。

pic 3


一度内に2つのオーディオ入力を選択して削除(バックスペース)。我々は、これらを必要といけない。

pic 4


ステップ4 - 発振器を追加する

工場出荷時のライブラリのオープンマクロ

Oscillator


選択オシレーター(PLS、見た、三)。MDLとは、構造ウィンドウにドラッグします。この発振器は、パルス、三角波、のこぎり波の間に選択することができます。 Youllはインストゥルメントのインタフェースのウィンドウでマクロを参照してください。

pic 6


ステップ5 - MIDIノートのピッチのモジュールを作成する

コンテキストメニューを表示するために、構造ウィンドウ内をクリックしコントロールする。これは、小さい要素とユーティリティのリストが含まれています。 組み込みモジュールを選択する

pic 7


これはReaktorのに入ってくるMIDIからピッチ情報を送信します。 Youllはファイル内の任意の入力をオンにする必要があります

小さな赤い点をクリックすると入力にケーブルをドラッグ発振器のカスタマーがピッチ入力(P)と接続します。

pic 8


ReaktorのレッドポートにオーディオとMIDI、黒の契約を送信する。


ステップ5 - アンプエンベロープを作成します。

ビルディングブロックのフォルダ内の封筒を選択して、ADSRエンベロープにドラッグします。ピッチエンベロープの入力(キートラッキングをコントロール)、ワイヤーに発振器の振幅ポートにエンベロープの赤の出力をノートピッチを配線します。

pic 9


ステップ6 - インタフェースをクリーンアップ

Youllはエンベロープが発振器をオーバーラップさに気づく。

pic 10


楽器のインターフェースのロックを解除するには、[編集]パネルのアイコンをクリックします。ドットのグリッドを参照してくださいyoullの。この封筒は、編集ウィンドウで選択されていることを確認し、それを下方向にドラッグします。自分が行った楽器のインターフェースをロックします。

pic 11


ステップ7 - MIDIゲートモジュールの作成

コントロールは、構造ウィンドウで、クリックして選択するモジュールを内蔵

pic 12


エンベロープのゲート入力(G)と接続します。あなたがノートをヒットするときにこれはそれをトリガします。

pic 13


ステップ8 - フィルタを作成します。

Filtersフォルダからマルチモードフィルタを選択し、インタフェースをクリーンアップインチにドラッグします。

pic 14


フィルタ(キートラッキング用)にピッチの入力に注意のピッチを接続するには、フィルタにオシレータを配線します。オーディオアウトへのフィルタの出力を配線してください。音を演奏するとき、あなたのシンセ音が聞こえます!

pic 15


ステップ9 - フィルターエンベロープを作成します。

別のADSRエンベロープを作成し、これにピッチとゲートを接続してください。フィルター上のエンベロープ入力(ENV)のアウトポートを配線してください。

pic 16


封筒の名前を変更します。ただ、その名前をダブルクリックし、[関数]ペインでテキスト入力を使用してください。

pic 17


私たちのシンセはほぼ行われています!

pic 18


ステップ10 - マスターボリュームを作成する

アンペアのミキサーに移動し、アンプの1CHにドラッグします。この介してフィルタを配線してください。ケーブルを削除するには、それを選択し、バックスペースを押してください。

pic 19


今のところこれだけです!次回もLFOを作成して、パルス波形のパルス幅を変調する!

うまくいけば、あなたはそれがReaktorのでシンセを作るのがいかに簡単見ることができます。ので、いくつかのアップを試してみて配線して再生する事前構築されたマクロの負荷があります。別のオシレーター、フィルターやエンベロープタイプを使用してください!あなたは、参照してください次回。


Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Wecujii
    Superb Toby. Many thanks. Now the 829 page Modules and Macros Reference Manual just became wonderfully interesting!
    • 7 years ago
    • By: Wecujii
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: