All Articles Native Instruments
Reaktorのでシンプルなシンセ、パート2を構築する
Toby Pitman on Thu, February 9th 1 comments
Many programs exist for creating your own instruments, from Logic Pro to MAX/MSP. Few, however, are as musically immediate and satisfying as NI's Reaktor. Toby Pitman gets synth building!

第1部私たちはマクロの作り付けのライブラリを使用してReaktorの、単純なサブトラクティブシンセの構造を作成しました。これまで我々は、独自のADSRを備えたマルチモードフィルタに供給されるADSRエンベロープでオシレーターを持っています。シンプルなもの!

The story so far...


この部分では、パルス波形のパルス幅を変調するLFOを組み込むために、これらのマクロの一部を変更するつもりです。

私が開始する前に、私はReaktorのは複雑ですが(控えめな表現!)が両方のMIDI(イベント)とオーディオの信号経路のシンプルな原則を、次のことを言いたい。それは私に物事の最善の方法を把握するためにスクラッチの頭の年数がかかった。私が学んだことのほとんどは、他のReaktorの楽器を開いて、それらが作られたかを見てから来ました。あなたは多くのその方法を学ぶ!


ステップ-1 - LFOを作成します。

構造ウィンドウをコントロールクリックし、 マクロを選択する

Structure window


あなたは、構造ウィンドウでLFOが表示されます。

LFO in Structure window


編集パネルをクリックして、LFOを上に移動します。

Edit Panel


あなたのデザインのニーズに合わせて任意の要素を自由に移動できるよ。また、[表示]タブで[サイズのパラメータを使用して要素を拡張することができます。

Scale elements


ステップ2 - PWMを作成します。

オシレータ3波マクロをダブルクリックします。内には、マクロの構造を見ることができます。我々はこれを編集するつもりだ!

Edit the macro


ポートでは、新しいを作成します。構造ウィンドウをControl-クリックして、 組み込みモジュールを選択する

Name the port


パルス発振器のP幅とWの間のケーブルを削除して、LFOの入力の近くにドラッグします。新しいノブを作成します。

Create a new knob


"LFOという名前付けます

Name it PW


あなたは、Function]タブで、ノブの範囲が表示されます。デフォルトでは、1の最大値と0の最小値を持っています。これは良いです。

私たちがやろうとしていると、ノブの値でLFOの信号を乗算します。 1で、それは0で我々は、渡されない信号がありませんよ、LFOによって送信された完全な値になります。これは、単純な数学にダウンしています:任意の回数0は0に等しい。任意の数の倍の1が同じ数に等しくなります! 0.5で、それは信号の半分の値になります。

このように、私たちは幅のコントロールにLFOから送られる信号の量を選択することができます。


ステップ3 - いくつかの計算を行う

乗算モジュールを作成:構造ウィンドウをControl-クリックして、 組み込みモジュールを選択する

Multiply


LFOの入力とLFOを接続する

Connect LFO input to LFO > PW


私は今、全体的なパルス幅の値を制御するP-Widthで設定した電流値にこの結果を追加します。

これは、 組み込みモジュールから追加モジュールを作成しないために

Connct outputs from P-Width and Multiply module to left-hand ports


機器の構造に戻って、オシレータ3波マクロにLFOポートにLFOを接続します。

Connecting Instrument structure to OSC3 Wave macro


ステップ4 - クリーンアップとテスト

パネルのロックを解除し、新しいLFOを移動

Lock the panel


私はいくつかのノートを再生すると、値を増やす場合には、パルス幅変調を聞くことができます。エフェクトを聞くことができるので、私はまたLFOの速度を上げるでしょう。

[オーディオID = "11898"]


すべては今のところ行われます。次回はフィルターにLFOを地図で紹介しています。これは少しトリッキーです、我々はフィルタ-ENVでそれを混在させる必要があるとして、わずかに異なるアプローチを採用しています。それまで!


Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • GaryHiebner
    Nice One Toby! Reaktor is a bit of a mystery and these tips really help out demystifying Reaktor.
    • 7 years ago
    • By: GaryHiebner
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: