All Articles News
アップルアップデートロジックPro Xの10.0.7、多くの新機能と修正
Rounik Sethi on Wed, May 14th 0 comments
Apple have been VERY busy introducing fixes and features to the latest free update for Logic Pro X. Amongst the highlights: click, drag to toggle plug-ins on & MIDI CC7 and 10 can control instruments.

ここではロジックプロ10.0.7アップルからの完全な新機能と拡張機能の一覧です。あなたは、ロジックユーザーのための他の多くのおいしい新とりわけ、AUXチャネルからのオーディオの下のMac Pro 12コアサポートからの再生ヘッドの位置でオートメーションを貼り付けるか、マーキー選択を使用するには、新しい多くの機能があると見て、迅速なレンダリングと思いますが!

マックのApp StoreからロジックPro Xのための更新プログラムをダウンロードしに行く!

新機能および拡張機能

  • これは、ボリューム、パンの現在の値を挿入することが可能になりました、そして、すべてのアクティブな再生ヘッドの位置でオートメーションポイントとして選択したトラックの送信します。新機能は、メニューオプションやキーコマンドとしてアクセス可能です。
  • これは、再生ヘッドまたはマーキーの選択の場所でトラックのオートメーションデータを貼り付けることが可能になりました。
  • 新しいMIDIプロジェクトの設定は、MIDI CC 7(ボリューム)とMIDI CC 10(パン)のメッセージはインストゥルメント·プラグインの代わりにチャンネルストリップのを制御することができます。
  • トラックに割り当てられた補助チャンネルストリップの出力次のエクスポートメニューオプションのいずれかを使用するときに、今のオーディオファイルが生成されます。「オーディオファイルとして領域」、「オーディオファイルとしてトラック」または「オーディオファイルなどのすべてのトラック」。
  • ロジックは現在、12コアを搭載したコンピュータでは、最大24の処理スレッドをサポートしています。
  • スナップ、配置ガイド、および「グリッドに合わせる」の設定に関連するすべてのメニュー項目がメインウィンドウにスナップ]メニューに統合されました。
  • これは、垂直方向に、その電源ボタンの上にマウスをドラッグクリックでチャンネルストリップ上に複数のプラグインを有効/無効にすることが可能になりました。
  • プロジェクトの自動保存されたバージョンは今それが由来するプロジェクトの取り消し履歴が含まれています。
  • これは、ロジック·アプリケーションがそこにインストールされていない場合でも、代替システムドライブにロジック·コンテンツをインストールすることが可能になりました。
  • キーコマンドやマーキー選択でオートパンチを有効にすると、自動的にコントロールバーにオートパンチボタンが追加されます。
  • これは、ピアノロールの速度スライダーで修飾子を使用し、ベロシティツールと同じ方法で、その動作を変更するために検査官を獲得することが可能になりました。オプションを保持することはノートの速度は、他のノートが最小または最大のMIDIベロシティ値に達した場合でも、変更され続けることを可能にする。オプションシフトが同じ速度値にすべてのノートを設定します。
  • はさみツールは、現在の配置マーカーに動作します。
  • これは、フォルダスタックにサミングスタックをドラッグできるようになりました。
  • それは、Flexが有効になっているトラックとビートマップ機能を使用できるようになりました。
  • フレックス過渡解析は、現在のコマンドの期間を押して中止することができます。
  • トランジェントマーカーは、オーディオファイルウィンドウで以前に削除された一過性の位置の近くに挿入されたときにそれを挿入する際には、Optionキーを押すと、マーカーは今は削除されたマーカーの位置にスナップします。
  • これは、プロジェクト内の32を超えるフォルダトラックスタックを作成できるようになりました。
  • これは、画面共有、Apple Remote Desktopの、または他のVNCクライアントを介して論理を制御する際にミキサーでスライダを調整することが可能になりました。
  • [プロジェクトを開く]ダイアログがアクティブになっている間には、最近使ったプロジェクト]メニューにアクセスすることが可能になりました。
  • これは、トラックエリアからマスター出力トラックを削除することが可能になりました。
  • トラックスタックのマスタートラックは現在、グルーヴマスターとして指定することができます。
  • オーディオ波形は、トラックスタックのマスタートラックにオートメーションの下に表示されるようになりました。
  • トラックのインポートウィンドウは、プラグインのプリセット名を示しています。
  • ロジックのFinal Cut Pro XのXMLをインポートすると、それは今のFinal Cut Proで、割り当てられた役割に応じてオーディオトラックを整理します。
  • オーディオは、現在のFinal Cut Pro XのXMLにエクスポートされたプロジェクトに24ビットとしてエクスポートされます。
  • のFinal Cut Pro X 10.1以降から複数のプロジェクトが含まれているXMLファイルをインポートする場合、ロジックプロXは現在、インポートする特定のプロジェクトを選択するダイアログを提供しています。
  • 1月2日符頭記号スコアパートボックスで利用可能になりました。
  • キャッチ再生ヘッドのボタンを押すと、高度なツールのプリファレンスが無効になっているスコアで利用できるようになりました。
  • これは、負荷のIRファイル選択とスペースデザイナーに「。CAF」形式のファイルをロードすることが可能になりました。
  • トラック内の前の領域の最後に領域の開始をトリミングするための新しいキーコマンドが用意されました。
  • キーコマンドウィンドウ内の専用ピアノロールセクションが用意されました。 「ビューモード:選択された領域」、および表示モードの切り替え:これは、 "一つのトラック、ビューモード」のためのコマンドが含まれています。
  • 選択したリージョンのテンポを検出するための重要なコマンドが用意されました。
  • ビートマッピングトラックを使ってテンポを調節するための重要なコマンドが用意されました。
  • ロジックのタイムラインは、リモート今ロジックが同期モードであることを示すために色が変化します。
  • それは、モノ·プラグインのステレオチャンネルストリップまたはその逆の2つの既存のプラグインの間に挿入するためには、Optionキーを使用できるようになりました。
  • 速度プロセッサのMIDIプラグインは現在、オレンジ色のドットと圧縮曲線ウィンドウ内の青い点としてノートオフイベントとしてノートオンが表示されます。
  • ベクターポイントにコマンドクリック今ES2ベクトルエンベロープ内のすべての後続点の時刻を修正するために使用することができる。
  • ディストーションIIプラグインは現在、歪出力レベルとミックス·コントロールを提供しています。

安定性

論理は、もはや、時には予期せたときを終了します。

  • プロジェクトオーディオウィンドウ内のすべての開閉用三角ボタンを切り替えるには、Optionキーを使って。
  • トラックエリアにプロジェクトオーディオウインドウからオーディオをドラッグする。
  • 環境でのマルチ·インストゥルメントのカスタムバンクメッセージを定義する。
  • ロジックの実行中には空白の記録可能なDVDを挿入します。
  • オーディオエディタは、Flexピッチモードで開いているときに、オーディオバッファサイズの変更。
  • 数のフォントを選択
  • プロジェクトオーディオウインドウでグループを削除する。
  • フレックス編集を元に戻す。
  • フレックスに接着ツールを使用すると、オーディオトラックエディタにオーディオファイルエディタに切り替えた後にノートを投げた。
  • 元に戻すし、[スマートコントロールのEQに立て続けにやり直し実行。
  • COMPまたはテイクを削除した後に元に戻す]を実行する。
  • MIDIファイルのインポート中に曲を閉じる。
  • グループにフェーズロック·編集を可能にする。
  • オーディオファイルエディタで鉛筆ツールを使って。
  • 長いMP4(AAC)ファイルをインポートする。
  • ステレオからモノラルにチャンネルストリップの入力を変更する。
  • Core Audioを無効化。
  • 新しいコンテンツをダウンロードし、インストール中にドラマートラックを再生。
  • 特定の操作後に元に戻す実行。
  • ミキサーのチャンネルストリップ設定をペースト。
  • スコアエディタ上でMIDIリージョンをドラッグする。
  • OS Xのマーベリックスを実行しているコンピュータにApogeeのデュエットのホットプラグ。
  • トラックスタックを含むパッチをインポート。
  • オーディオトランスポートストリームデータ(ファイル·タイプ。ADTS)を含むAACファイルの追加。

パフォーマンス

  • チャンネルEQは、もはやRetinaディスプレイをMacBook Proにライブトラックモードで予期しない、CPUスパイクが発生しない。
  • ロジックは、もはや、フローティングトランスポート·ウィンドウのサイズおよび/または位置には、いくつかの調整を行った後にあまり反応するようになりません。
  • チャンネルストリップ上でセンドまたは出力スロットにクリックすると、リストを開いた遅延はなくなりました。
  • Flexのピッチで長時間作業する際のロジックは、もはやあまり反応になりません。
  • それが有効になって低遅延モードを選択した場合にドラマートラックが確実に適切なタイミングを維持します。
  • 編集したとき移調トラックのコントロールポイントは今より流動的に移動します。
  • マウスホイールでインスペクターのチャンネル·ストリップのフェーダーをスクロールすると、正しい解像度でその値を調整します。
  • フレックスタイムが有効になっているときにテイクコンピングすることは今より応答する。
  • リモートもはや論理でタッチ楽器を演奏していないことは、時にはロジックプロXにハングしたノートにつながる
  • グローバルテンポトラックでテンポイベントをドラッグしたときの応答性が向上します。
  • 地域の非常に多数の曲が期待どおりに再生。
  • 選択されたもの以外のトラック上の領域のスコア、ピアノロール、およびイベントリストでノ​​ートをプレビューするときにロジックのパフォーマンスが向上しています。
  • 複雑なルーティングを使用したマルチ出力ソフトウェア音源は、もはや、時々、再生を開始するときにロジックを簡単に応答しなくなる可能性がありません。
  • ロジックが確実に長いムービーファイルとビデオ​​トラックの最後にサムネイルを作成します。
  • 非常に大規模なプロジェクトでチャンネルストリップを選択すると、高速になりました。
  • OS Xマウンテンライオンv10.8.5上のProResムービーファイルとの互換性を改善しました。
  • OS Xマウンテンライオンv10.8.5に高いズームレベルでオープンテイクフォルダの上にスクロールすると、CPU使用率の予想外のスパイクは、もはや存在しない。

自動化

  • スコア内のイベントをクリックすると、もはや、時には間違ったイベントが選択されます。
  • それはむしろ、必ず元の位置に比べて、再生ヘッドやマーキー選択領域での自動化を貼り付けることができるようになりました。
  • すべてのMIDIは、予想通り、今の領域にとピアノロールに表示される地域にトラックベースの自動化を移動することによって作成したデータを描画します。
  • 地域にトラックから移動し、ボリュームの自動化は、現在予想されるようにビューを描画し、MIDIトラックの領域に表示されます。
  • それは、まだ地域に存在していないイベントタイプのMIDI描画を使用できるようになりました。
  • トラックベースの自動化は、地域に移動すると、その領域は今すぐにトラック領域での自動化を示すために、MIDIのドローに切り替わります。
  • 地域·オートメーションがトラックに移動すると、自動化は今やトラックの先頭から開始されます。
  • MIDIのドローが確実に地域でのサラウンド多様性とサラウンド角度フェーダーイベントが作成されます。
  • これは、自動化が表示されているときに領域のループ上でマーキー選択を行うことができるようになりました。
  • メインのオートメーションレーンをOFFに設定すると、MIDI描画データは、もはや追加のオートメーションレーンに表示されません。
  • MIDIのドローは、もはや誤っ孤立ピッチベンドイベント間のランプが表示されません。
  • MIDIテイクを切り替える際に、MIDIの描画領域が正しく、現在選択されているテイクを表示するように更新されます。
  • Optionキーをクリックすると、再びのMIDI延伸点は、地域のために、以下のすべてのMIDIドローポイントが選択されます。
  • 鉛筆で挿入されたMIDIドローポイントは現在、確実にクリックした位置に配置されている。
  • 再生中のオートメーションを編集する際に、オーディオはもはやグリッチん。

スコア

  • それをコマンドクリックして、スタッフStyleウィンドウの音声の選択を解除することが可能になりました。
  • スコアの浮動パートボックスウィンドウは、もはや最初に開いた、重複要素を示していません。
  • Retinaディスプレイで見るとスタッフスタイル]ウィンドウの音部記号が正しくスケーリングする。
  • マップされたドラムのスタイルにかかっ正しくスタッフにそれに関連するドラム·グループで配置されている。
  • 無効に高度なツールとスコア部分を印刷する場合、論理は、もはや二度トラック名を印刷していません。
  • マルチ食い止めるスタッフスタイルで1声のスプリット·ポイントを変更すると、正しく同じチャネルに割り当てられている他の声に影響を与えます。
  • ロジックプロXで開いたときにロジック9で作成した曲の中でスコアのページビューは現在、それらの適切な用紙サイズを保持
  • Adobe Readerで見たときに、PDFファイルとして印刷スコアは正しくレンダリングされます。
  • リニア表示モードでスコアを編集するときにカーソルが確実に正しいツールを示しています。
  • これは、新しいスコアパートボックスを別の部分のボックスですでに使用されている名前を付けることはできなくなりました。
  • ジャズコードとSwingコードフォントのフォント名は、今や和音での根のフォントとコード拡張フォント表示で正しく表示され
  • スタッフスタイルエディタでスタッフの表示は転置スタイルのための適切な調号を示しています。
  • それは同時にスタッフスタイル編集ウィンドウ内の選択した複数の譜表の設定を変更できるようになりました。
  • 調号トラックで複合拍子を貼り付けることは、もはや、スコアの拍子ディスプレイを破損しない。
  • パーツボックスのサイズが変更されたときのスコアに参加ボックスをフローティングにフィルタボタンが表示されたまま。
  • 今、スコア内の鉛筆ツールと連携し、トラックパッドをクリックしてタップします。
  • これは、スコア内の領域の最後に小節線を挿入することが再び可能である。
  • マウスの右ボタンに割り当てられているとき、鉛筆ツールは再びスコアで動作します。
  • スコアでは、ループ内の選択されたノートは、現在の選択色を示しています。
  • パーツボックスには、最初に記録した後、スタンドアロンのスコアウィンドウで開いたときにはもう空ではありません。
  • スコアからPDFに印刷するとき、印刷の境界線は、もはや、時には予期せず変更されていません。
  • すべて選択がスコアセット内で使用する場合、選択が正しくスコアセット内の領域に限られている。
  • スコアに要素を挿入するときにツールチップは、もはや時にはガイドラインを不明瞭にしない。
  • SMPTEのバーの位置は、テンポを変更した後の注意事項は、現在スコアで正常に更新されロックされています。
  • スコアでの継続時間バーを編集するときに、今Ctrlキーを押すと、より細かい粒度を可能にします。
  • 元に戻すには、現在、スタッフのスタイルを貼り付けた後に動作します。
  • スタッフのスタイルで低または高の音価を変更した後に動作するようになりました元に戻します。
  • ページビューでは、スコアが正しくページ設定]ウィンドウで選択した別の用紙サイズを反映するように更新されます。
  • トラック名は、現在、確実にトラックが重複領域が含まれている場合、ページビューに表示されます。
  • ドラッグして、線形表示モードでスコアに部品をドラッグするとき、今、すべてのズーム設定で表示されたまま処理します。
  • リニア表示モードで追加された音部記号または署名の変更の隣に特別な小節線を追加すると、もはやオーバーラップするように小節線と音部記号や署名を発生しない。
  • マウスカーソルが確実にスコアで現在アクティブなツールが表示されます。
  • 高いズーム設定で垂直方向にスクロールした後、予想通りのスコアは今表示されます。
  • スコアで複数の五線間でのノートのコピー/ペーストは正しく動作するようになりました。
  • ロジックがリニューアルされたときにスコアレイアウトウィンドウで定義されたカスタム色が正しくリコールされる。
  • テキストカーソルは現在、スコアウィンドウ内の様々な分野で見やすいです。
  • インストゥルメントセットが使用されているときに、スコアの表示レベルボタンは現在、全体のスコアの階層に従っています。
  • スコア内のデュレーションバーの端の上に保持した場合、カーソルは現在、長さ変更ツールが表示されます。
  • それがノンマップスコアのスタイルへの音部記号やドラム音部記号を割り当てていないために、再度可能です。

プラグイン

  • トラックにプラグインをインポートすると、もはや予想外にトラック上の入力ソースを変更していません。
  • 非平均律チューニングを使用する際に彫刻やES2を使用する場合に開催されたノートのピッチは、もはや時々にシフトされていません。
  • ノートがハングしたノートにはもはや結果を繰り返していないながら、ノート·リピータのMIDIプラグインの遅延スライダを動かす。
  • グリッド·モードに設定すると、アルペジエータープラグインのサイクル長が確実に更新されます。
  • リコールデフォルトは現在Delay Designerはプラグインに対応しています。
  • リコールデフォルトは現在、Audio Unitプラグインで正しく動作します。
  • これは、現在利用できないプラグインのバイパスをアクティブにすることが可能になりました。
  • プラグインのI / O構成が変更されると、その編集者はもはや開かない。
  • 広告·リミッターのような待ち時間の誘導プラグインがメイン出力に使用されている場合、マルチ出力ソフトウェア音源のタイミングを管理できるようになりました。
  • 「オーディオファイルとしてすべてのトラックをエクスポート」コマンドで作成された音声ファイルは現在、遅延の大きいプラグインがサミングスタックで使用されているプロジェクトで正しい同期を維持します。
  • エキスパンダープラグインは、もはや、時には特定のソース信号とオーディオクラックルを紹介します。
  • ビートシンクを無効にすると予想されるように、オートフィルタープラグインのコースレート制御は再び動作します。
  • オーディオは現在、ペダルボードプラグインで挿入された2つのチューブバーナーペダルがあるするトラックから確実に果たしている。
  • VoiceOverは、今ヴィンテージクラビやヴィンテージB3オルガン·プラグインスマートコントロールをアクティブにし、確実に動作します。
  • ボイスオーバーで使用した場合、スマートコントロールの動作を改善します。
  • リニューアルオープン時にスタンドアロンのスマートコントロールウィンドウが正しく、その最後の状態を記憶しています。
  • ループモードでES2でのベクトルのポイントを編集する場合は、すべてのエンベロープの値が正しく封筒には時間が同期さのパーセンテージとして表示されます。
  • シフトクリックすると、再びES2ベクトルエンベロープベクターポイントを挿入するために使用することができる。
  • 期待どおりES2のベクトルエンベロープで、削除選択したポイントのコンテキストメニュー項目が再び動作します。
  • 再生すると、私はもはや予想外のランダムな速度を示さないEXS24 MKで作成されたEXSインストゥルメント。
  • ソフトウェア音源を交換するときの論理は、もはやユーザーが割り当てたトラックの色が変わりません。
  • プラグイン·ウィンドウがセッション中に2回以上を開いたときにスペースデザイナーフィルターと密度コントロールはアクティブのまま。
  • プロセスバッファレンジはオーディオに小に設定されている場合、複数のUltrabeatのインスタンスを持つプロジェクトでは現在、信頼性の高いタイミングで再生
  • オーディオ·チャンネル·ストリップまたはソフトウェア音源チャンネルストリップの15スロットの16番目のスロットに挿入されたプラグインは、現在、表示されたままになります。
  • Native InstrumentsのB4Dリモコンからの動きをノブの期待通りにヴィンテージB3でのパーカッションコントロールが応答します。
  • スマートコントロールウィンドウで臓器のスライダーのための位置に値のマッピングは、今やヴィンテージB3オルガンでのスライダーと一致している。
  • ミキサーには、ソースとターゲットの間に外部のMIDIチャンネルストリップがある場合に別のチャンネル·ストリップからプラグインをドラッグできるようになりました。
  • ワンショット·サンプルは、のReWire用のReWireライブモードが無効になっているとき、もはや回クリックするだけで再生さEXS24でトリガしない。
  • すべてのプラグインは、Windowsが確実にチャンネルストリップにプラグインの順序を変更した後開く。
  • スクリプタープラグインは現在、確実にアクティブサイクルゾーンの外で再生するときの注意事項をトリガします。
  • アダプティブリミッターのステレオインスタンスメートルプラグインになりました左右のチャンネルのための独立したレベルを示す。
  • Delay Designerはプラグインのチューニングされたタップが確実に同期して再生されます。

フレックス

  • 屈曲した領域は、もはや、時には間違った位置の波形を示していない。
  • テンポ曲線が含まれている曲でそれらを移動する際にFlexマーカーは、もはや予想外に位置を変えていません。
  • 論理は、もはや時々間違ってオーディオ領域はテンポの変更が含まれている曲で屈曲していることを示していません。
  • フレックスが有効になっている場合は、ロジックが正しく手動で含まれていたオーディオ領域はサンプラートラックに変換されるときのトランジェントを追加しました。
  • フレックスピッチコントロールは、Flexのピッチが完了したトラックや分析のために有効にされた直後にトラックエリアとオーディオエディタで利用できるようになりました。
  • フレックスモードを設定すると、選択したすべてのトラックに適用されます。
  • それが完了する前に、フレックス分析をキャンセルするには、もう一度可能です。
  • 移調トラックは現在、フレックス投手の地域に対応しています。
  • フレックスモードは、グループクラッチが有効になっている場合でも、グループ内のすべてのトラックに対して有効にされます。
  • オーディオトラックエディタが確実にFlexのピッチでスクロールが有効になっているすべての注意事項を示しています。
  • Flexのピッチでノートを調整するときにはもはや論理が時々ハングアップします。
  • ソフトウェア音源トラックを直接選択したオーディオトラック上にある場合でも、すべてのトラックエディタを取り込むためのFlexピッチグリッドが表示されるようになりました。
  • ロジックは現在読み込んで、アラートダイアログに表示しないオプションを提供しています」この領域を使用すると、[編集]を実行すると削除され、非アクティブFlexマーカーが含まれています。 "
  • フレックスモードがすでに設定されている場合、Flexのドロップダウンメニューをクリックすると、正しく現在選択されているフレックス·モードが強調表示されます。
  • 別のトラックの領域をドラッグし、領域」Flexとテンポに従う
  • トランジェント検出は静か原料に向上する。
  • フレックスがテイクフォルダにバイパスすると、テンポに従う]チェックボックスも無効になります。

一般

  • ロジックPro Xのv10.0.6で導入されたスナップといくつかの問題を解決します。
  • 「相対値にスナップ "今、確実に有効になって、スマートスナップを持つすべてのズームレベルで動作します。
  • そのオプションが有効になっているときに地域の左の境界の調整は今、相対スナップを使用しています。
  • 配置ガイドを有効にすると、絶対値にスナップは今サイクルで動作します。
  • スナップがオフに設定されているときに期待どおりの配置ガイドが動作するようになりました。
  • トラックアイコンピッカーは現在、最初の右クリックまたはControlキーを押しながらクリックしてアクティブにします。
  • インスペクターは、もはや時には配置ガイドが活性化していないトラックを切り替える。
  • 論理は、もはや誤っ内容は、ロジックをプレインストールした購入したコンピュータでは初回起動時にインストールされている必要があり、アラートを示していない。
  • 4月4日以外の拍子で曲で使用した場合の録音キーコマンドなどのキャプチャはもう半端丈領域を作成しません。
  • 隠すステップ入力キーボードのキーコマンドが再び期待どおりに動作します。
  • ビート検出ダイアログを使用して調整してテンポ近いビートオプションのナッジ地域は現在、期待通りに動作します。
  • 再生ヘッドの位置のキーコマンドでのスニップは、もはや時には地域の先頭にシフトする新しい右側の領域における注意事項が発生します。
  • 特定のMP3ファイルを開くときに、ロジックPro Xのは、もはや、エラーを開けませんでしたソースファイルを表示しません。
  • ロジックが正しく拍子、調号、テンポイベントアレンジメントマーカーを移動させることを含む。
  • アレンジメントマーカーの位置変更を元に戻しても、正しく元の位置に戻って、影響を受けた自動化を移動します。
  • 期待通りにコマンドキーを押しながらドラッグ今重ね配置マーカーは前のマーカーに置き換えられます。
  • アレンジマーカーに割り当てられた色は、今、すぐに色がカラーボックスにクリックされるように有効になります。
  • これは、アレンジメントマーカーによって囲まれる領域内のセクションを削除するには、マーキーストライプを使用できるようになりました。
  • 正しく歌の最後の配置のマーカーを「分割再生ヘッドの位置で "コマンドを使用すると、再生ヘッドの右に配置マーカーのサイズを設定します。
  • 配置マーカーが分割されると、右の新しいマーカーは今、元と同じ色と名前を保持しています。
  • アレンジマーカーは、もはや不注意アレンジメントトラックの空き領域にマウスクリックによって移動することはできません。
  • もはやアレンジメントマーカーをコピーすると、余分なテンポイベントを作成しません。
  • ビートマッピングトラックは現在、他のグローバルトラックのサイズが変更された後にサイズが変更されたときに正しく表示され続けています。
  • それが既に表示されている間にグローバルトラックが表示されている場合は、ビートマッピングトラックが消えなくなりました。
  • 正しくビートマッピングトラックの接続を削除すると、それに関連するテンポ·イベントを削除します。
  • グローバルテンポトラックで作成したテンポイベントが確実にテンポの一覧に表示されます。
  • グルーヴマスターまたはGrooveフォロワーとしてフェーズロック編集グループの1トラックを設定しても、今、確実に有効になっていると、グループのすべてのメンバーが表示されます。
  • 拍子の変更は、現在、確実にタイムラインに表示されます。
  • すでにMainStageのことでダウンロードされているロジックはもはや再ダウンロード基本的な内容。
  • ミキサーで期待どおりにアレンジフォルダが確実に表示される。
  • ミキサーのフォルダチャンネルストリップのアイコンをダブルクリックすると、今のフォルダを開きます。
  • ミキサーのコントロールに値を入力するときにコンマは今、小数点区切り文字として使用することができる。
  • それは、「グリッドにスナップ」がトラック領域に有効になって予想外の水平移動することなく、垂直方向に領域をドラッグできるようになりました。
  • 予想通りに、複数の既存の領域の上に新しいテイクの録音が再び動作します。
  • それは、補助チャンネルストリップをホストしているトラックに空のMIDIリージョンを作成できるようになりました。
  • 再びテイク選択を削除するには、Shiftキーを押しながらクリックし、確実に動作します。
  • テイクフォルダ内のCOMPセグメントに適用した場合に予想されるように地域ゲインが動作するようになりました。
  • テイク選択が無効にしてから再度有効にすると、変更が正しく、同じグループの一部であるすべてのトラックに反映されます。
  • フォルダが別のトラックに対して垂直にドラッグされると、論理は、もはや予想外に短縮テイクフォルダを再はみ出していない。
  • サイクルモードで録音する場合、ロジックは時間がかかるが、サイクルの範囲の一部のみを含む場合に、自動COMPを作成しません。
  • 領域がテイクフォルダにパックされている場合、同一のトラックからの領域は現在、テイクフォルダ内の同じサブトラックに配置されています。
  • それは他のいくつかのテイクフォルダの長さの編集を実行した後にテイクフォルダの長さを変更することが時々はもはや不可能であったがあった問題を修正しました。
  • 好み有効になっている:もはや "トラックを一方向にドラッグする極限では、「いつ別のサブトラックから垂直にドラッグすると、予想外に水平にシフトする領域を取りません。
  • コピーされたテイクフォルダは、特定のまれな状況では、その内容が不足しなくなりました。
  • フォルダが展開されたときになりましたフォルダ内のオーディオトラック上の領域を確実にそれらの適切なトラックに配置されます。
  • 記録の複数のサイクルモードで取りながら、使用された場合、リアルタイムコンピングのキーコマンドを選択前のセクションでは、正しく動作するようになりました。
  • バウンスインプレースステレオへの変換を行うモノプラグインを含んでいるチャンネルストリップと共に使用する場合、プラグインをバイパスするオプションが選択されている場合、ロジックは現在、モノラルファイルを作成する。
  • 「場所にバウンス」で作成した領域は、もはや時々ランダムな名前を与えられていない。
  • いくつかのMIDIを引き起こす可能性がアドレスや希少な問題は、間違ったピッチで再生することが指摘している。
  • リンクモードでは、ピアノロールが確実に選択した領域の内容が表示されます。
  • イベントフロートウィンドウは、もはや選択したノートは、ピアノロールで編集された後のフォーカスを失っていません。
  • 「スプリットイベント再生ヘッドによる "コマンドは、ピアノロールで複数のノートで確実に動作します。
  • もはや選択されていない複数の領域にピアノロールでノートを編集すると、時々、誤って別の領域から移動している注意事項になる。
  • ピアノロールエディタでローカルインスペクタを閉じても、もはやエディタの右側の空白部分を残さない。
  • ピアノロールでのMIDIドローを開くと、もはや編集領域にキーボードをオフセットしていません。
  • 鉛筆でピアノロールでノートを追加する場合は、新しく作成したメモは、再びメンテノートと同じ速度を有する。
  • これは、論理学マウスの右ボタンで表示されるプリファレンスがツールに割り当て可能以外の値に設定されている場合Wacomタブレットを使用してピアノロールエディタでノートを投げ縄することが可能になりました。
  • 独立したピアノロールウィンドウが確実に現在選択されている領域に表示されます。
  • 貼り付けのMIDIトラックの先頭から開始領域を作成し、もはや元の位置にトラックにノートん。
  • Optionキーをクリックしてピアノロールで選択したノートのグループは、もはや選択を変更していません。
  • 外部MIDIトラックで作成された新しいオートメーションサブトラックは正しく、MIDI CC7に割り当てられます。
  • ミキサーの送信チャンネルストリップ上でバイパスをクリックすると、現在では他のすべての選択されたチャネルで同じ送信をバイパスします。
  • トラックスタック内からトラックをバウンスすると、バウンスファイルのボリュームは、もはやマスタートラックの音量の影響を受けていません。
  • トラックビューで作業しながら、選択したノートはスコアウィンドウでミュートされている場合、それらを含む領域がミュートされなくなりました。
  • トラックスタック内部のトラックのルーティングトラックスタックはフォルダにパックされたときに適切に維持され、フォルダには、その後、別の位置に移動させる。
  • トラックスタックにオーディオを録音してから、もはや別のトラックへの切り替えないと、時々、オリジナルトラックスタックに配置されて、新たな記録につながる。
  • トラックスタックパッチは再び保存され、確実に呼び出されます。
  • 新しい空のソングにトラックスタックをインポートするときにバスの割り当ては現在一貫して維持されている。
  • それは/トラックスタック内のトラックを置き換えるインポートすることが可能になりました。
  • トラックスタック上のパッチを変更しても、もはや予期せず、同じグループに割り当てられている他のトラックをミュートしていない。
  • 閉じられたフォルダのスタックとフォルダの概要の領域は現在、それぞれのミュートボタンが活性化され、または他のトラックがソロされたときにミュートされます。
  • 期待どおりフォルダ·スタックの内部にあるサミングスタックに送られたパッチの変更が動作するようになりました。
  • サミングトラックスタックは、既存のパッチから作成されると、ロジックは現在、結果としてトラックスタックの各サブトラックの既存のスマートコントロールレイアウトを維持します。
  • パッチとしてトラックスタックを保存するときにトラックスタックからのサブトラックを除去した後、他の残りのサブトラックが適切に維持されている。
  • サミングスタック上の概要領域を移動するには矢印キーを使用すると、正しく動作するようになりました。
  • これは、フォルダスタック内のサミングスタックを作成するために、再度可能です。
  • コマンドロケータ間のリピート区間を使用することはなくなりました曲の中で、すべてのクロー​​ズドスタックを開きません。
  • フォルダ内、またはそれ以前より始まり曲の中からマーキー選択範囲を貼り付ける1 1 1 1は、もはや元の選択の長さに等しいオフセットによる早期貼り付けた領域を配置します。
  • MIDIステップ入力を有効にするためのキーコマンドは、MIDI入力を許可していないウィンドウで使用効果がありません。
  • イベントリストが確実に利用可能な画面スペース、イベントのリスト全体を示すのに十分でない場合に垂直スクロールバーが表示されます。
  • それらを含む領域を移動したときにイベントリストは今すぐにイベント位置を更新します。
  • トラックインスペクターが正しく入力されたMIDIプログラムチェンジメッセージを反映して更新されます。
  • 期待どおりに設定されたMIDI入力ポートと制御面からコントローラの割り当てがすべて動作するようになりました。
  • トラックエディタでのマーキーツールを使用する場合は、不注意トラック領域に、その下のトラックにマーキー選択範囲を拡張することはできなくなりました。
  • ロジックは、再び確実にV-ControlのiPadのコントローラーアプリ上でトラック名、ボリューム、パン値を更新します。
  • それは歌がロードされたときCC7とCC10メッセージを送信するためのプロジェクトの設定を有効にすることが可能になりました。
  • チェイスの注意は、も​​はや、時には予期せず無効になっていません。
  • MIDIデータをチャネル環境オブジェクトで使用した場合、非ノートイベントで期待どおりチェースが動作するようになりました。
  • 反復領域は、調整パラメータは秒に設定されている場合、正しく機能するようになりましたコマンド。
  • いくつかのトラックがミュートされた領域を含む例では、予想通り「トラックごとにリージョンを結合」コマンドが完了します。
  • コントロールサーフェスの設定]ウィンドウは現在、ノベーション自動マップミキサーの正しいアイコンが表示されます。
  • マッキーのC4コントロールサーフェス上でプラグインのパラメータの表示を改善します。
  • プロジェクトオーディオウインドウは正しく圧縮されたオーディオファイルを含めるプロジェクトにサイズによってオーディオファイルをソートします。
  • マウスでコントロールバーでの位置表示をスクラブするときの再生ヘッドの位置は、現在の曲の開始位置と終了位置内に留まる。
  • はさみでMIDIリージョンを分割すると、分割オプションが正しくカットの左側に、重複するすべてのノートを短縮します。
  • エディタウィンドウでの再生エリアボタンはもはやミュート地域のために表示されません。
  • これは、曲の開始は1 1 1 1前の位置にある曲のオーディオトラックエディタで編集を行うために再び可能である。
  • トラックエディタ内の再生ヘッドは現在、トラック領域内のオーディオのスクラブが有効になっていないトラック領域内の再生ヘッドを使用して継続的に動作。
  • 複数のエラー·ダイアログ内のロジックPro Xのなくなりましたがサポートしていないファイル形式のムービーが含まれているロジック9曲を開く。
  • SMPTEを変更すると、LCDに誤ったSMPTEタイム表示しなくなりました曲の中で開始位置。
  • 期待どおり、LCDパネルの時間の単位を再度ローカライズされています。
  • LCDのカウンタとスタンドアロントランスポート·ウィンドウが再び地域やイベントを移動するときに、現在の編集位置を表示するように変更します。
  • 歌マーカーの現在の終わりを超えて録音する場合、LCDには現在の再生ヘッドの位置を表示し続けます。
  • これは、ビートに設定され、LCD表示モードで小数点が含まテンポ値を入力することが可能になりました
  • LCDにおける時刻表示は現在、地域をドラッグするときリージョン位置を表示するように変更されます。
  • チャンネルストリップでソロスマートコントロールボタンをマッピングすることはもはやなく、誤ってミュートにマップしません。
  • 選択トラックのインポートを使用する場合は、出力チャンネルストリップのプラグインをインポートすることが可能になりました。
  • ドラマー領域はトリムと延長された後にドラマーが正しくビートを生成し、
  • 別のプロジェクトからのコンテンツとドラマーのトラックをインポートすると、今、再び適切にドラマー領域の代わりに、MIDIリージョンが作成されます。
  • 選択トラックのインポートを使用する場合は、プラグイン、ルーティングをインポートすることが可能になりましたか、そのトラックの内容をインポートせずに、スタックから送信されます。
  • 別のトラックからのオーディオリージョンを移動すると、もはやテンポに従う]チェックボックスが有効化されますない。
  • オーディオ·リージョンのための量子化値を設定することは、もはやすべてのトラックの一致グルーブトラック·ボタンを無効にします。
  • 繰り返しセクションのコマンドを使用するときに、曲の先頭にある調号は現在、確実に含まれています。
  • 領域が接着されている場合、それらのそれぞれのゲイン設定について、得られた領域に維持される。
  • ミュージックタイピングキーボードとオンスクリーンキーボードが再び戻って選択されたMIDIトラックから再生音に反応する。
  • 代替テンポが期待通りに再生しませんでした1セット以外に設定するロジックPro Xのv10.0.5で導入された問題を解決しました。
  • クリックして保持もはや地域を時々左右に不注意位置がずれることになる。
  • 領域が新しいトラックに代えて、バウンスされたときにバウンスが行われた後にのみ新しいトラックが選択される。
  • 外部MIDIチャンネルストリップは、現在のミキサーのすべてのビューで正しく描画されます。
  • 有効位置合わせガイドとの接合ツールを使用している場合、領域の境界線は、もはや予想外の位置にスナップしません。
  • 定規でクリックすると、今、確実にクリックした位置に再生ヘッドの位置を変更します。
  • 期待どおり地域インスペクタのクリップ長さの設定を無効にすると動作するようになりました。
  • SMPTEは、選択されたときの領域は現在、SMPTEロックグリフを示してロックされています。
  • これは、コントロールを使用し、領域またはノートコピードラッグし、Optionキーを使用している場合、グリッドを減らすためにキーとShiftキーをもう一度可能です。
  • ピッチベンドデータをステップエディタで確実に表示されます。
  • ステップエディタはリージョンの左の境界線を右にドラッグされると、その内容の正確な位置を表示するように更新されます。
  • パッチがデフォルトとして定義されている場合、スマートコントロールマッピングは、デフォルトの一部として含まれる。
  • トラックエリアで選択された領域は、現在も確実に選択が行われた後、プロジェクトのオーディオを開いたときに、プロジェクトのオーディオウィンドウで選択されています。
  • 有効プリフェーダーモードで凍結したトラック用のプラグインスロットの上にマウスを移動するときに正しいマウスカーソルが表示されるようになりました。
  • 複数のレーンを選択したときにステップエディタでグリッド値を変更すると、動作するようになりました。
  • ソロツールは現在、オーディオトラック32以降で動作します。
  • 予想通りに他のソフトウェアによって作成された仮想MIDIポートが確実にロジックPro Xの中に表示されます。
  • 環境でのチャンネルストリップが正しくオートメーション状態を示している。
  • クイックヘルプが確実に正しいウィンドウで開きます。
  • プロジェクトの設定と環境設定パネルは、もはやカラーピッカーウィンドウのオープンフォントピッカーを隠しません。
  • ダブルクリックすると、トラックインスペクター内のキーの制限値は、もはや予想外にその値を変更しません。
  • トラックが凍結または保護されている場合、すべてのインスペクタのコントロールは正しく無効になっています。
  • インスペクタでの二次チャンネルストリップに挿入して[設定]をクリックすると、もはやトラックリストにそのトラックを選びません。
  • 別のアプリケーションに切り替えたときにキーコマンドウィンドウは、もはや上に留まりません。
  • ロジックは、もはやシステムのキーボード入力設定が変更されたときにキーコマンドは、変更されたメッセージをプリセット示さない。
  • ロジックはもはや誤っロジックPro Xのメニューにアクセスするたびにアラートが最初にReWireアプリケーションを終了してください示していない。
  • 設定や環境設定ウィンドウを開くと、もはやカラーピッカーを閉じません。
  • セカンダリルーラーが表示されている場合、オブジェクトをドラッグしたときにツールチップの表示が「小節/拍」と時間の両方が表示されます。
  • ステレオ入力用のカスタムラベルは、新しいトラックを作成]ウィンドウに確実に表示される。
  • トラックが選択されたときに領域を選択する設定が有効になっている場合はトラックヘッダをクリックしたときに選択され、選択したトラックのすべての領域が確実に表示される。
  • 期待通りに選択されたステレオオーディオトラックの入力レベルメーターは、現在の入力の両方のチャンネルに反応する。
  • 検査員は、その最小幅に設定されているときにグループインスペクタでのチェックボックスが確実に動作する。
  • それはすべての方法右に環境ウィンドウのミキサー層をスクロールすることが可能になりました。
  • オープンプラグインは、Windowsが含まれているスクリーンセットが正しくリコールされる。
  • ロジックが正しく位置1 1 1 1にあるのMIDI CCイベントを配置する
  • オーディオだけが含まれているのFinal Cut Pro XのXMLファイルをインポートする場合、ロジックプロXが正しく、正しいフレームレートを維持します。
  • 期待どおりインポートされたのFinal Cut Pro XのXMLプロジェクトでのパンのオートメーションが再び動作します。
  • ロジックは、もはや開始時間がゼロではないのFinal Cut Pro XのXMLファイルをインポートするときに、1つまたは複数のオーディオファイルの長さが変更されているエラーが表示されません。
  • ロジックが正しくインポートされたのFinal Cut Pro XのXMLプロジェクトで重複したオーディオクリップを維持します。
  • 曲の開始位置をロジックプロXに調整したときのロジックはリモート正しく表示を更新
  • 無効に高度なツールとロジックプロXを実行してMacに接続したときにロジックがリモート正しくマスターフェーダーを示しています。
  • 期待通りになりましたコマンドの期間を押すと、追加コンテンツのダウンロードを中止します。

Learn more about Logic Pro X here:
http://www.macprovideo.com/logic

Related Videos
Comments (0)

You must be logged in to comment.

Twisted Drums and Deviant Bass
Logic Pro X 409
Dream It. Do It.
Do you want to learn Twisted Drums and Deviant Bass?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: