All Articles Audio Software
サウンドデザイン:OmnisphereのNeroのスタイルのシンセリードを作成する
Toby Pitman on Wed, April 13th 1 comments
The last single from breakthrough UK Dubstep/Drum and Bass act Nero was a slice of pop epicness! In this tutorial I'm going I'm going to show you how to recreate a patch in Omnisphere similar to the l

画期的な英国ダブステップ/ドラムンベース行為から最後のシングルネロはポップepicnessのスライスでした!このチュートリアルでは私はでパッチを再作成する方法を紹介するつもりつもりOmnisphereトラック"私のめちゃくちゃキャッチーなシンセのフックを運ぶリードサウンドに似て

ネロが私とあなたのビデオを見て続きを読む...

映像

サウンドの識別

このトラックに含まれる鉛のために使用されるシンセは通常、"同期リード"と呼ばれるもののすべての特性を有している。これはかなり積極的なリードとベースの音を生成するために2つの発振器の同期のハードを使用している音です。

これはどのようにして動作しますか?よく、1オシレーター(スレーブ)が別の発振器に同期されている場合(マスター)は、マスターサイクルが完了したときに関係なく、その過渡期にある場所の、それのサイクルを強制的に再起動される。

基本的なピッチはマスターによって定義され、単純にスレーブのより複雑な波形を生成しています。結果は非常に微妙な効果からリードを叫んで耳の分割への両方のオシレータのピッチによって異なる場合があります。

音のこの種類は、それが鳴るもののように知っていれば認識することが非常に簡単です。だから我々は、Omnisphereでこれを行う方法を見てみましょう。

ステップ1 - 基本的なセットアップ

Omnisphereを起動します。 "デフォルト"の音は、ちょうど"SawSquare脂肪"と呼ばれる簡単な発振器であり、これは私達がからビルドしようとしているものです。

ここで、単純な波形です。

[オーディオのid ="2407"]

ステップ2 - 発振器を形作る

最初のスタートで、攻撃のビットを与えるために、振幅エンベロープを適用するつもりです。私は封筒のセクションで"AMP"を選択し、これらの設定にダイヤルしました。

私は、ただ方形波のビットに向かって波形を変形する右に向かって"シェイプ"パラメータを移動するつもりです。あなたが上どのような種類の波形を"同期"と、これはこの音のためにOKになるはず。によってかなり劇的な結果が得見つけることができますその後私はいくつかのハード同期を適用するつもりです。

これを達成するために発振器を失うことになるほとんどのシンセのようにOmnisphereは、本当にクールだと層のそれぞれに対して、それ自身の目に見えないハード同期発振器を内蔵しています。私は道の約4分の1右に上のスライダーを移動するつもりです。

ステップ3 - 変調ハード同期

エンベロープの設定:

今我々はそれにいくつかの動きを与えるために封筒でハードシンクを変調するつもりだ。

最初のオフエンベロープセクションに移動し、"MODS"を選択してください。あなたが"モジュレーションエンベロープ1'選択されていることを確認してください。 (ボックスは1-4をマーク参照)から選択する4つがあります。

デフォルトの変調エンベロープは、複雑なステップのエンベロープであり、私は単純なADSRをしたい。 "封筒のズーム"ウィンドウを入力するように拡大表示アイコンをクリック。 "封筒のズーム"をクリックして、'00]を選択します。プリセットリストからデフォルトのADSR"。

私は、編集ウィンドウに戻って封筒のための次の値を設定するつもりです。

ハード同期を調節する。

次の私はハードSyncパラメータを調節するためには、このエンベロープを設定する必要があるまで。 "モジュレーションマトリックス"にアクセスするには、私は変調のボックスで拡大表示アイコンをクリックします。

最初のスロットで、私は選択する"モジュレーションエンベロープ1'ターゲット'リスト内の最初のボックスから"ソース"リストと"シンセハードシンク'のボックスの最初のドロップダウンから。つもりです半分の奥行きスライダを残す。

我々は今、このような音が出てくるはずです。あなたは私たちが今してビットをオフトレイル開始時に多くのハードシンクを取得していることを聞くことができます。

[オーディオのid ="2413"]

ステップ4 - サウンド濃くなる

次は私が音を広げるために離調のビットを追加します。オシレータセクションの"MULT"に移動し、それをオンにします。その後、中央のドロップダウンリストから"ハルモニア"を選択してください。新しい(1.5アップデートで)ハルモニアエディタを入力して拡大表示アイコンをクリック。

ここにハルモニアのための私の設定は以下の通りです。

最初の2つのスロットで、私は少しデチューンされている2つのユニゾンボイスを持っている。次の二つのスロットは、元のオクターブ側のいずれかを追加。これは健全なビットまで増大させるだろう。

[オーディオのid ="2416"]

ステップ5 - フィルタを追加する

次に、私はちょうどパッチに"LPFジューシー24デシベル"フィルタを追加するつもりです。私は本当に実際に私はそれがビットを追加したい、これはトップエンドのいずれかを抽出する必要はありません。カットオフとresはかなり高く設定し、フィズのビットを追加している!

彼らはカットオフに影響しないように"キー"と'ENV'ダイヤルがずっとダウンしていることを確認してください。

ここにフィルタを追加したパッチです。

[オーディオのid ="2418"]

ステップ6 - 圧縮といくつかの攻撃を追加

実際にこの音を私は"FX"ページ内のレイヤを介してコンプレッサーを適用するつもり積極的な攻撃を与えることに。これは本当に音にパンチの効いた過渡攻撃を与える。これは私が微調整したデフォルトの設定です。以下に、あなたは私がログインダイヤルした設定を確認することもできます

ここでの結果です。

[オーディオのid ="2420"]

ステップ7 - いくつかのFXを追加

この時点で私は"私に似た部分に記録するつもりです

私はそのために超コーラス、BPMディレイとPro - Verbを使用しました。代動詞はプリディレイの微調整とプリセットいわゆる"高品質のホール"のときにコーラスとディレイをデフォルト設定から微調整されています。あなたは、以下の設定を見ることができます。

ここに私がFXで記録された部分があります。それは今非常に近いことになるだろう。

[オーディオのid ="2422"]

ステップ8 - いくつかのピッチモジュレーションを追加する

最後のタッチは、モジュレーションホイールを介して、いくつかのピッチモジュレーションを追加することです。これは音をより多くの動きと興奮を与える。

これを行うには、私は約6.2HzにLFO 1のレートを設定してみます。それから私は"モジュレーションマトリックス"に戻ってのホップといくつかのパラメータをセットアップします。

"モジュレーションマトリックスズーム"ウィンドウでは、私は2行目のオシレーターの"ファインピッチ"を変調するLFO 1を割り当てています。それは上からではないと私は深さのスライダーで約0.13にそれを設定している。

最後に、3行目で、私は"ソース"として"ホイール"を設定していると100%の深さでLFO 1の深さにそれを割り当てる。 "ターゲットパラメータ"のスライダを確認してください

私は私の部分の上にロジックにいくつかのモジュレーションホイールのデータを記録しました。

ここで最終的な結果です。

[オーディオのid ="2426"]

結論

だから、あなたが素敵な小さな"同期"のスタイルをリードしている。あなたは明らかに独自の味に、これをさらに微調整を試すことができます。

"ハードシンク"を変えてみると、追加の歪みで使用される特にOmnisphereで、かなり極端な音を得ることができる。楽しい時を過す!

詳細については発見ここにSpectrasonicsのサイト上にOmnisphereを

でこれらのチュートリアルをチェックアウトしてくださいOmnisphereTrilianよりシンセのプログラミング技術を習得する。

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • alienasa
    Seems like a lot of freakin tweakin to get a sound, but I will give it a bash and see what I can come up with. Anyway I will learn a little about this amazing software. Cheers. Sixer
    • 8 years ago
    • By: alienasa
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: