All Articles Pro Tools
Pro ToolsのBeat Detectiveのでドラムを修正
Mike Watkinson on Tue, June 21st 0 comments
The Beat Detective window in Pro Tools is a really useful collection of tools and processes, which comes onto its own when you need to ‘fix’ the timing of recorded audio, especially drums.

Beat Detectiveのは Pro Toolsのウィンドウでは、録音されたオーディオ、特にドラムのタイミングを修正する必要がある場合に、独自に来るなツールやプロセス、の本当に便利なコレクションです。それは、すべてのドラマーに"完璧"が鳴ります必要があることを現代的な強迫観念であり、これらのメリットを議論するために、このチュートリアルの目的ではない、またはその他のドラマーは彼らがより良いサウンドとなっています。しかし、録音されたドラムのタイミングを変更できることは誰のレコーディングとミキシングポピュラー音楽のためのスキルを持っている必要があります。


ステップ1 - 使用可能なセクションに分割

セッションが有意義と管理しやすいセクションに分割されている場合、このタスクは、はるかに管理対象となります。この例では、私は、8小節のセクションにセッションを分けている。下のスクリーンショットの分裂は9小節線上にないことに注意してください。この段階でテンポが間違っているためです。

Dividing the session into manageable sections will really help the editing process

セクションにセッションを分割すると、実際に編集プロセスを助ける。


ステップ2 -

おそらく2つのシナリオの1つに対処しようとしている:どちらかがテンポを持っているし、全体にそれが同じである、またはそれらがなかったので、ドラムは、それぞれのテンポを見つける必要がある場合は、クリックトラックに演奏されましたセクション。あなたがシナリオをお持ちの場合は、ステップ3にスキップできます。それ以外の場合:

Beat Detectiveのを開きます。 イベントを選択します。

操作の項で拍マーカーの生成|あなたが作業しているセクションのために選択区切ら地域で、バー]を選択します。

注:Beat Detectiveの1つのトラック上または複数のトラックにわたって働くことができる。

選択セクションは、バーやビートと正しい始点と終点の意図した番号を明記することを確認し、これは通常、キャプチャの選択をクリックして入力することができます。

検出]セクションで、決議の下に、バーのラジオボタンをクリックして、いくつかのビートをトリガーとして、あなたが得られるまで左に感度のスライダを移動


Analyzeをクリックします

グラバーツールで、不要なビートをOption -クリックは、地域の開始時に最初の一つだけを残すためにトリガ

Beat Detectiveのでは生成]をクリックしますと、テンポのイベントは、オーディオへのセッションのテンポに一致するテンポrulerthatをcreatedinされます。

Bar | Beat Marker Generation selected in the Operation section

"バー|拍マーカーを生成は、"操作の項で選択されています。


トラックタイムベース

デフォルトでは、オーディオトラックのタイムベースは、上記のプロセスは、オーディオイベントの相対的なタイミングには影響を持たない場合には、サンプルです。あなたはそれらのタイムベースとしてダニとオーディオトラックを持ついくつかの理由の場合はビート探偵の生成]をクリックすると、次の警告ダイアログが表示されます。

You will get this warning if you attempt to create a new tempo event when audio tracks have a tick timebase

オーディオトラックがティックタイムベースを持っているときに"再編成セッション"ダイアログボックスが開きます。


(移動しないでください)​​サンプルの位置を保持選択すると、"テンポの変更は、テンポの変化を以下の地域の絶対位置に影響を与えないことを意味します。 "は、ダニの位置(移動)を保持]をクリックした場合、オーディオリージョンには、任意のテンポの変更後、その絶対位置を(時間で)変更されます。前者は、したがって、このような状況では当然の選択です。だから一般的に言えば、あなたが(ハブ上でここでエラスティックオーディオでの将来の機能のチュートリアルをお楽しみに)エラスティックオーディオで作業する場合を除き、サンプルに設定されてオーディオトラックのトラックのタイムベースを維持する。

A new tempo event has been created for this section

新しいテンポのイベントは、このセクションのために作成されています。


その後の地域については、各時間は、ビート探偵の選択]セクションでは、正しい目的の開始点と終了点を持っていることを確認し、手順1と2を繰り返します。


ステップ3 - 別々の領域に分離する各過渡イベント

  • Select the region(s) to analyze
  • Choose Region Separation in the Operation section
  • Ensure the Start and End points are correct in the Selection section (you can quickly change these to the correct values by clicking ‘Capture Selection’)
  • Choose the appropriate setting for the Subdivision Setting drop-down menu in the Selection section; this is usually the fastest rhythmic value in the selection to be analyzed
  • Click “Sub Beats” in the Detection section
  • Click “Analyze”
  • Adjust the Sensitivity slider so that all transient events have a Beat Trigger

注:トリガーパッドは、パッド領域の開始点に、このフィールドに値(050ミリ秒)になると剥 ​​離点がビートのトリガとの関係で配置されている場所を定義することもできます。これは、オーディオイベントのアタック部分が損なわれないということを保証する領域の開始点とリージョンのシンクポイント、間にスペースを作成します。

  • As before use Option-Grabber to delete inappropriate Beat Triggers
  • Use the Grabber to click in Beat Triggers where they are required but have not been created by the automatic process
  • Click Separate in Beat Detective’s Operation section

個々の領域は、各ビートのトリガーに作成されます。

Beat triggers created at each transient, before division

ビートは除算の前に、各過渡で作成されたトリガ。


ステップ4 - 地域のコンフォーム

Beat Detectiveのでは、私たちが通常のようなクオンタイズを参照すると、コンフォームと呼ばれています。

選択セクションのドロップダウンメニューを設定するサブディビジョンで選択した値に応じて、選択した領域は、最も近いグリッドの値に移動されます。

これを行うには、他の方法は、(価値観や行動上の多くのコントロールを持つ) のイベントを選択することです

The gaps created by conforming the separated regions

ギャップは、分離された領域を準拠して作成。


ステップ5 - 編集スムーズ

あなたが(または量子)の領域を準拠しているときには時々聞こえるクリックを引き起こす可能性が悪く、まだheargapsをseeandなります。これを修正するには:

Beat Detectiveのの動作の項に"は、スムージング編集"を選択してください。

今、あなたは単に基本的なオーディオ、または塗りつぶしおよび各領域の境界でのクロスフェードを追加するクロスフェードですべてのギャップを埋めるのギャップを埋めるために選択することができます表示される平滑化セクションで。

時には、地域準拠が十分な大きさのギャップが、平滑化は望ましくないとしていることで可聴音声が利用できるのギャップを埋める基礎とオーディオを作成するときに、ので、このメソッドを使用するときに、結果を確認してください!

Before and after filling the gaps and adding crossfades

前とのギャップを埋めるとクロスフェードを追加した後。


かなりの数のステップが存在する、同意すると確信してイムが、ルーチンを介して数回実行した後で、彼らは非常に簡単に記憶できるように、単純で、論理的なアクションのシーケンスを見つける!あなたがドラムトラックにこれを試した後は、他のオーディオファイルや地域でそれを試してみたいが、材料が明確なトランジェントが含まれ、そしてそれらのトランジェントがビートやサブディビジョン上にあるように意図されてどこどこにそれは常に最も成功することを覚えているかもしれないビートが、そうでなければ、音楽にその特定の感じを与える人間の自然なタイミングを損なうことになります。

私達のフルレンジのをチェックアウト

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: