All Articles Pro Tools
Pro Toolsのエラスティックオーディオでドラムを修正
Mike Watkinson on Tue, August 16th 1 comments
If you thought that Beat Detective was the only effective way to fix drums in Pro Tools think again. Elastic Audio is a useful alternative! Mike Watkinson shows just how flexible it can be!

エラスティックオーディオは、 Pro Tools 7.4以降で導入され、MIDI編集のワン関連付けますその使いやすさと他のものの間を可能にするツールとプロセスの強力なセット、、ドラムの"固定"を、組み合わせていた。前のチュートリアルで詳しく説明されているように、Beat Detectiveはこれを行うには別の方法ですが、エラスティックオーディオは(文字通り)より柔軟な選択肢を提供しています。


ステップ1 - 使用可能なセクションに分割

セッションが有意義と管理しやすいセクションに分割されている場合、このタスクは、はるかに管理対象となります。この例では私は4小節のセクションにセッションを分けている。画像内の分裂第五小節線上にないことに注意してください。この段階でテンポが"間違って"であるためです。

Dividing the session into manageable sections will really help the editing process.

管理しやすいセクションにセッションを分割すると、実際に編集プロセスを助ける。


ステップ2 - 各セクションのテンポを設定します。

この前のチュートリアルのような操作を行うためにビート探偵を使うことができますが、各セクションが1つの固定されたテンポにあると意図されていると仮定して迅速法では、Pro Toolsの機能"はビートの識別"を使用することです。

  • Select one or all of the regions in the section with the Grabber and choose Event > Identify Beat (Command-I).
  • Enter the intended to start and end locations (in our example the start location is 1 | 0 | 000, and the intended end location is 5 | 1 | 000.)
  • Click OK. New Bar/Beat Markers will be added to the Tempo ruler at the beginning and end of the section, with a new tempo event at the start of the section.
  • Repeat this process for all sections in the session.

パフォーマーへの信頼性にもよりますが、セッション全体で量子化するなどのプロセスの選択値は必ずしも容易ではないとして、セッション全体に対して単一のテンポが適切ですが、私は多くの場合、小規模のセクションで動作するようにそれが役に立つことがありますか適切な、にある場合は、任意の複雑な塗りつぶし。

Identifying the Beat for the first 4-bar section.

最初の4小節のセクションのビートを識別する。


ステップ3 - トラックを弾性を持たせる

エラスティックオーディオは、リアルタイムのプロセスであり、Pro Toolsがこれを表している方法は、一連のプラグインとしてエラスティックオーディオを示すことによってです。

  • For each track on which you wish to perform Elastic Audio-based actions, you need to choose which Elastic Audio plug-in is appropriate. For drum material this would most likely be the 'Rhythmic' plug-in (other choices are Polyphonic, Monophonic, Varispeed and X-Form, although this last one is not a 'real time' plug-in and renders any previous choice). Choose the appropriate elastic audio plug-in in the elastic audio pop-up selector on the track header.
  • Hold down the Option key when you make this choice to choose the same plug-in for all tracks of the same type.
  • If you then click on the Elastic Audio plug-in selector you will open the plug-in window for that Elastic Audio plug-in. Note that some of those plug-ins have adjustable parameters.


Click the Elastic Audio plug-in pop up selector (the red rectangle area) to choose the Elastic Audio plug-in.

エラスティックオーディオプラグインを選択するエラスティックオーディオセレクター(赤の長方形の面積)、ポップアッププラグイン]をクリックします。


Click the Elastic Audio plug-in to show the plug-in window.

プラグインウィンドウを表示するプラグインのエラスティックオーディオをクリックします。


プロジェクトブラウザに

には、まず以前に"elasticised"をされていないオーディオ(つまり、過渡解析が実行されているオーディオ)のためにプレイリスト内の領域(s)は"アウトグレー"に表示されることがありますエラスティックオーディオプラグインを選択するととその後、再び現れる。これは、分析が実行されている間の領域がオフラインであることを示します。あなたが見ることができるエラスティックオーディオ分析はプロジェクトブラウザに施されたオーディオファイル( ウィンドウ

"種類"列の下には、オーディオファイルがティックベースのグリッドの変化に合わせることを意味、サンプルベースの​​オーディオを示す記号は"ティックベース"に変更されていることがわかります。

The Project Browser shows which audio files have been 'elasticized'.

プロジェクトブラウザでは、オーディオファイルは"伸縮性"されているかを示しています。


"ダニ"にそれぞれのトラックのタイムベースを変更する必要はありませんので、この演習の目的のために、テンポの各セクションで固定されたままになります。

You can leave the track timebase as Samples.

あなたは、サンプルとして、トラックのタイムベースを残すことができます。


ステップ4 - 結果の表示と編集

トラックビューセレクターを各領域のクリックに何が起こったかを表示し、"分析"ビュー(同じタイプのすべてのトラック上の分析のビューに変更するそうする間、Optionキーを押したまま)選択する。これは、イベントトランジェントマーカーを明らかにする。実行エラスティックオーディオ分析は、何らかの方法で間違いがあれば、次のようにそれらを編集することができます。

  • Use the Grabber tool to move Event Transient markers.
  • Hold down the Control key with the Grabber to add new Event Transient markers. 
  • Hold down the Option key with the Grabber to remove unwanted Event Transient markers.


Control+Grabber to add Event Transient Markers in analysis view.

分析ビューでイベントトランジェントマーカーを追加するにはControl -グラバー。


ステップ5 - オーディオをクオンタイズ

エラスティックオーディオ分析が実行されたので、それはクオンタイズ対話で設定したパラメータの値に基づいて、最も近いグリッド位置に解析によって検出されたそれぞれの'一時'を移動、つまり、各地域でオーディオをクオンタイズするのは簡単なことです。ウィンドウ:

  • Select the region to be quantized with the grabber
  • Choose Event > Event Operations > Quantize (Option-0)
  • In the 'What to Quantize' section make sure you have selected 'Elastic Audio Events'
  • Make your choices regarding the Quantize Grid and Options sections
  • Click 'Apply'

"ワープインジケータは、"その"反り"が行われたことを示すために各地域で表示されますが、これは弾性イベントトランジェントマーカーは、量子化の過程で元の場所から(反り)に移動されたことを意味するのProToolsの専門用語です。

Warp Indicators highlighted.

ワープインジケータが強調表示されます。


ステップ6 - 結果を調整

それは、手動で量子化プロセスの結果を調整する必要があります。 "ワープ"のビューを(あなたが同じタイプのすべてのトラックのビューをワープに変更するので、そうしながら、Optionキーを押しながら)選択するセレクタトラックビューを使用してください。これは、ワープマーカーを明らかにする。注:それらが移動されている場合、イベントトランジェントマーカーは、ワープのマーカーとなる。必要に応じて次のようにそれらを編集することができます。

  • Use the Grabber tool to move Warp markers; where a Warp marker is 'constrained' on both sides by another marker, only the one you are moving will move, compressing audio on one side while stretching it on the other.
  • If the Warp marker is only constrained on one side, for example at the very end of a region, you can force a Warp marker to appear at the region boundary—which will then constrain the region boundary—by holding down the Shift key with the Grabber.
  • Take care not to make a selection in the region before carrying out the above actions, otherwise the action will apply to all Warp markers in the selection.
  • Hold down the Control key with the Grabber to add new Warp markers. 
  • Hold down the Option key with the Grabber to remove unwanted warp markers (you can also double-click with the Grabber to remove unwanted warp markers).


Moving a Warp marker with the Grabber.

グラバーとワープマーカーを移動する。


Pro Toolsの詳細を知りたいですか?チェックアウトエラスティックオーディオチュートリアルビデオ:Pro Toolsの205

Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • Soxeceu
    Wow, Excellent Tip! Saves great time in a Drums sessions!
    • 7 years ago
    • By: Soxeceu
    Reply
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: