All Articles Pro Tools
Pro Toolsのループレコーディングオプション
Mike Watkinson on Tue, January 24th 0 comments
When it comes to looping during the recording process Pro Tools has a wealth of options to hand. Mike Watkinson rounds up all the options for MIDI and audio in this article.

それは、同じ再生の選択範囲の周りにサイクリングしながら録音するとなるとPro Toolsがオプションを提供しています。録音オプションをループ再生する機能と重複し、一部の機能のみをMIDIに適用され、一部のオーディオに、この記事の目的は、各オプションを説明し、明確にすることですので。


タイムラインの選択を作成します。

これらの方法のいずれかの最初のステップは、記録に使用するループセクションの長さとなるタイムライン選択を、作成することです。タイムラインと編集の選択は何が起こるかリンクされている場合は録画を停止すると、Pro Toolsはすぐにタイムライン選択を忘れているので、ここにヒントがリンクのタイムラインを無効にし、それらがリンクされていないので、ツールバーの選択ボタンを編集することです。この方法では、Pro Toolsは、録音から録音にタイムライン選択を忘れないでしょう。

Deactivate ‘Link Timeline and Edit Selection’ - it goes grey

リンクのタイムラインを非アクティブ化し、選択範囲を編集する - それは灰色行く


ループレコーディングMIDI

オプション1:ループ再生モードでの録音(MIDIのマージ従事なし)

ループ再生モードに入るには、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • Control-Click on the playback button in the transport
  • Right-click the Play button in the Transport (either the Transport window or the Toolbar) and choose and ‘Loop’
  • Choose Loop Playback from the Options menu
  • Use the keyboard command Shift-Command-L

Choose ‘Loop’ by right-clicking the Play button

[再生]ボタンを右クリックすることでループを選択します。


何が起こるかに従事MIDIマージ機能のない新鮮なMIDIデータが既に存在するものを置換する、既存のMIDIクリップ、中に記録されていることです。あなたがMIDIキーボード上で何かをプレイしない場合でも、あなたが一緒にプレイバックカーソルを移動すると、MIDIクリップからMIDIデータを消去するのPro Toolsが表示されます。そうではなく、非常に有用なオプションは、その後!


オプション2:ループ再生モードでのレコーディングMIDI(MIDIマージが従事付き)

MIDIマージボタンはトランスポートのMIDIコントロールセクション( ビューに含まれています

この方法と従来の方法の主な違いは、連続する各パスは同じクリップに(またはマージ)新たに録音されたMIDIデータを追加することです。これは、同じクリップで、複雑な演奏(例えばドラムス)構築に最適です。

MIDI Merge enabled in the Transport’s MIDI controls section

MIDIは、トランスポートMIDIコントロールセクションで有効になってマージ


オプション3:ループレコーディングMIDI

ループレコーディングが従事してループ再生の有無に従事することができます。それがループ再生モードでループレコーディングをオフにしようとするため、おそらく最もよい(わかりやすくするため)であるかを各オプションを確認しながら。ループレコーディングを従事するには、次のいずれかを実行します。

  • Right-click the record button and choose link
  • Choose Loop Record from the Options menu
  • Use the keyboard command Option-L

 Choose ‘Loop’ by right-clicking the Record button

録音ボタンを右クリックすることでループを選択します。


MIDIマージが利用できないときにループレコーディング、各パスが以前のものを置き換える新しいMIDIクリップを作成するように。すべてのMIDIクリップは、クリップリストに格納されますが、また、かかるプレイリストに直接アクセスすることができます。これらは二つの方法でプレイリストを選択することができます。

  • Command-Click anywhere on the playlist and choose the MIDI clip (or take)
  • Right-click on the playlist and choose the MIDI take by going to ‘Matching Alternatives’ on the menu that appears

Command-click the playlist to choose which take to play back

Command -クリックプレイリストの再生が取るかを選択する

Right-clicking reveals the same choices via a different menu

右クリックすると、別のメニューを経由して同じ選択肢を明らかに


ループのオーディオ録音

オプション1:ループレコーディングの複数の同一のプレイリストにオーディオのテイク

まずあなたは、ループ再生モードでの録音はオーディオトラックでは動作しませんので注意してください。ループレコードには、MIDI(上記参照)のためにやったと同じ方法でオーディオを録音するために従事する必要があります。 Pro Toolsのデフォルトの動作では、作成された最新のサブセットクリップがプレイリストに表示されていると、、その後、個別に番号のサブセットのクリップの数に分割され、レコードを押すたびに、あるファイル全体のオーディオクリップを記録するために、各パスの一つですため、録音を停止し、セッションを再生すると再生される一つ。以前のサブセットクリップは、( かかるとして知られている)(上記参照)MIDIがかかるのと同じ方法でアクセスすることができます。

One whole file audio clip, and four subset audio clips, which represent four takes, shown in the Clip List

4つを表す1つのファイル全体のオーディオクリップ、および4つのサブセットオーディオクリップは、クリップのリストに示すように、取り


注:(再生の選択を介して半分未満)かかるを通して半分以下の方法よりも記録を停止する場合、かかることがキャプチャされていない。これは、最後のテイクの終了後に録画を停止させることで、取る、さらに部分的にキャプチャすることなく、最後のテイクを完了することができます。


オプション2:ループレコーディング- [新規プレイリストへの各パス

それらは視聴と同時に編集できるように、各記録には独自のプレイリストに取るに配置するには、ときにPro Toolsの初期設定の[操作]タブのレコードセクションのループレコーディングオプションは、( 設定を自動的に作成する新しいプレイリストをチェックする必要があります。

Setting up Pro Tools’ preferences to create a new playlist for each take

それぞれのテイクのために新しいプレイリストを作成するためのPro Toolsの設定を行います。


Each take placed on its own playlist

それぞれが独自のプレイリストに配置取る


お取りやプレイリストを整理して編集する方法を紹介しますMPVのハブ上でこれと関連記事を探してください。


Comments (0)

You must be logged in to comment.

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: