All Articles Pro Tools
Pro ToolsのMIDIの編集が容易になり
Mike Watkinson on Thu, September 5th 1 comments
While Pro Tools is not traditionally known for its MIDI editing capabilities, version 10 and now 11 have brought it on leaps and bounds. Mike Watkinson checks out how to make the most of its tools.

それは選択肢与えられた、ミュージシャン、エンジニア、プロデューサーは、Pro Tools、ロジックProで編集MIDIでミックスでしょう共通の認識であると思われる。しかし、なぜMIDI編集はPro Toolsのハードであるという信念は、まだ持続しますか?のPro Tools 8(我々はバージョン11になりました)の前にその一部が歴史ないMIDIエディタ·ウィンドウがありませんでした。そして、その一部がダウンして、同じ方法で、通常のPro Toolsで初めて、その非常に小さいとしないユーザーフレンドリーのためにMIDI表示したとき、あなたは、他のロジックプロ(の最初の時間のためにそれを表示したとき、それがあるように見えることを見ることができるものにのDAWは!も用意しています)しかし、少しtweakageで、あなたは、強力で使いやすいエディタにそれらを回し、グラフィックMIDIの編集を行うことができるスペースのあなたの意見を変換することができます。


トラックの編集

MIDIエディタ·ウィンドウが登場する前に、MIDI編集があった(そしてまだある)、これをサポートするためのトラックビューのさまざまなを提供しています編集ウィンドウ自体で達成。 Pro ToolsのMIDI編集の初心者にとっては、そのトラックに記録されたMIDIデータはクリップビューに表示されますを実現することが重要です。これは、MIDIクリップ(他のDAWのユーザーが地域を呼ぶかもしれないもの)ではなく、自分自身のノートを編集することができますを意味します。

Default view of MIDI recorded in Pro Tools.

MIDIのデフォルトビューは、Pro Toolsに記録。


MIDIクリップをダブルクリックすると、当然のことながらMIDIエディタ·ウィンドウを開きますが、その後のよります。今のところ、それが提示する課題に編集ウィンドウと取引に滞在することができます。 ( コントロールプラスマイナスキー) -ノートをトラックビューを変更すると、トラックビューは、 コントロールでクリップやメモを切り替えるための第一歩、キーボードコマンドです。しかし、あなたは一般的に、この時点で何を参照して別の設定に変更を加えずにあなたのトラックの高さが小さい場合は特に、率直に言ってがっかりして、エディタとして使用することはほとんど不可能です!

Notes view - still unusable!

Notesビュー - まだ使用不能!


次に、ツールバーのボタンで、MIDIのズームの上半分をクリックすることで、MIDIノートのビューに手動でトラックタイプを変更し、ズームすることができます。

The MIDI Zoom In button.

ボタンでMIDIのズーム。


しかし、すべてのことを考えると、私ははるかに簡単にキーボードショートカットでまっすぐワンストッププロセスとして選択にズームすることを好むと言わなければならない!相続方法:


  • のPro Toolsまたはセットアップメニューから[開く]を設定および編集タブをクリックします
  • ズーム切り替えセクションで選択に垂直MIDIズームと水平方向のズームの設定を変更
  • チェックを外すでズームした後削除範囲選択を残す
  • ウィンドウに収まるようにトラックの高さを変更
  • 波形/ノートへのビュートラックの変更 - これはあなたがクリップビューで選択を行っている場合は、トラックビューが自動的にノートビューに変更することを意味します
  • あなたが標準的なビューのグリッドの設定に依存しないようにビューにズームインあなたの中でグリッドの設定をしたい場合にズームすると、その後、別のグリッドの設定をチェック
  • トグルダニズーム選択を編集従う


Preferences settings for Zoom Toggle.

ズームのための環境設定の設定がトグル。


Now make an edit selection in your standard ‘tracks’ view of the edit window.

今、編集ウィンドウの標準的なトラックビューで編集選択を行います。


  • 編集選択はまだそれらすべてを示しています最大のズーム設定にズームインノートで、窓を埋めるべきでズーム切り替え]ボタンをクリックすると、また、ノートビューで編集する準備ができているはずです。

The Zoom Toggle button.

ズーム切り替えボタン。


After clicking Zoom Toggle!

ズームトグルをクリックした後!


  • あなたの前のビューに戻りトグルズーム]をクリックします。

With key focus enabled, the keyboard shortcut for Zoom Toggle is E.

キーフォーカスが有効になっていると、トグルズームのキーボードショートカットは、Eです。


これはまた、環境設定の[表示]タブの色符号化部でトラックとMIDIチャンネルのコーディングデフォルトトラックの色をオンにすると、複数選択で別のトラックからノートを識別しやすくするために、複数のクリップを選択すると、複数のトラックに渡って動作します。


Multiple clips on multiple tracks selected.

選択された複数のトラックに複数のクリップ。


Zoom Toggle!

トグルズーム!


メモリー·ロケーション

メモリー·ロケーションを作成すると、タイムライン上の単一の位置への参照では、デフォルトでマーカーを作成します。しかし、メモリの場所も選択することができ、編集の選択(例えばクリップ)あなたがしてメモリを作成し、編集し、ズーム切り替えのトリックを実行するために、それを再選択しておきたいいけないため、頻繁に戻りたいことがある場合その選択のための場所は大きな意味があります。相続方法:

  • 編集範囲を選択します
  • どちらマーカー導体ルーラーにあるボタンをクリックするか、テンキーのEnterキーを押すことによって、メモリの場所を追加

In the ‘New Marker Location’ dialogue that appears change the ‘Time Property’ to ‘Selection’ – you may now want to change its name as it takes the first bar of the selection as its default name.

選定に時間プロパティを変更現れる新しいマーカーの場所ダイアログでは、今では、デフォルト名として選択の最初の小節を取るようにその名前を変更したい場合があります。


選択範囲内のノートを表示するには、キーボードコマンドを使用します。番号。 (テンキー上のすべて-数はメモリ位置の番号です)(上記参照)、編集の選択を選択し、前のセクションで設定するように、その内容にトグルズームにEを押します。

この方法を使用すると、またすぐに、上記と同様の形式で、簡単なキーボードショートカットを使用して、セッション全体のビューに戻りますので、セッション全体の選択を表すメモリ位置を作る場合のヒント。


MIDIエディタ·ウィンドウ

前述したようには、MIDIクリップをダブルクリックすると、MIDIエディタ·ウィンドウが開きます。また、キーボードショートカットを使用することができ、コントロール-=。

繰り返しになりますが、調整なし、MIDIエディタ·ウィンドウは、最初簡単に音符を編集するのに十分に拡大されない場合があります。

To achieve vertical zoom click the upper half of the MIDI Note Zoom button in the right hand scroll bar. Horizontal zooming can be achieved with the keyboard commands ‘R’ and ‘T’ if the window is in key focus.

垂直ズームを達成するために右側のスクロールバーでMIDIノートのズームボタンの上半分をクリックします。ウィンドウはキーフォーカスであれば、水平ズーミングは、キーボードコマンドRとTを達成することができる。


今、あなたはMIDIエディタ·ウィンドウを入力するたびに、ズームのこのレベルのノートが表示されます。カラーコーディングの使用はまた、いくつかのためにここに非常に役に立ちます。

With the MIDI Editor Window in key focus the keyboard shortcut ‘E’ now becomes a toggle that hides and reveals any lanes of continuous controller automation.

キーフォーカスのMIDIエディタ·ウィンドウでのキーボードショートカットのEは今それが非表示のトグルになり、継続的なコントローラの自動化のいずれかの車線を明らかにする。

Related Videos
Comments (1)

You must be logged in to comment.

  • I do most of my work in the midi environment. When viewing midi in the editor window, the editing window will refresh when I press on a marker new location. In the midi editor window, it won't! Am I missing something? Changing markers in the midi editor window will only refresh when you hit play. Any help? Thanks!
    • 1 year ago
    • By:
    Reply
More Michael Wohl Final Cut Pro Tips
Final Cut Pro X 303
Dream It. Do It.
Do you want to learn More Michael Wohl Final Cut Pro Tips?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: