All Articles Pro Tools
10 Pro Toolsのサンプルレート変換、パート1のセンスを作る
Mike Watkinson on Fri, January 6th 0 comments
Pro Tools 10 does a lot of the sample rate conversion for you behind the scenes. However, there are times when you'll need to be sample-rate savvy. Mike Watkinson demonstrates when and why.

もし自分が限り、そのサンプルレートに関してはいくつかのオプションが表示されているPro Toolsのセッションにオーディオファイルをインポートし、ときにそれはあなたがそれが正しい速度で再生する場合に適したものを選択することが重要です。あなたがすることもできますが、ファイルはファイルを選択するインポートするときに起こることをほとんどのコントロールを持つように、Finderとワークスペースブラウザからオーディオファイルををドラッグアンドドロップ


ファイルの追加

Pro Toolsの10は、同じセッションで複数のビット深度のファイルのサポートが追加されました。また、ミックスと、オーディオファイルの種類を(。WAV、。aifおよび。SD2、ではなく。mp3)一致しますが、サンプルレートが一致しないなら、警告が与えられますができます。お客様は、 追加することを選択した場合

  • 44.1 kHz files in 48 kHz sessions play back too fast
  • 48 kHz files in 44.1 kHz sessions play back too slow

Choosing ‘Add’ in the Import Audio dialog

オーディオをインポート]ダイアログボックスで追加]を選択

You will be warned of the sample rate does not match

あなたは、一致しないサンプルレートの警告が表示されます


ファイルのコピーと変換

セッションのサンプルレートとファイルが一致する場合は、ファイルを追加したり、コピーできるようになります。これら二つのオプションの2つ目はセッションは、セッションのフォルダの[Audio Files]フォルダにデフォルトで配置されているファイルの新しいコピーを参照することを意味します。

Choosing a file with the same sample rate as the session will show the Copy button

セッションと同じサンプルレートでファイルを選択すると、[コピー]ボタンが表示されます


サンプルレートが一致しない場合は、[コピー]ボタンは、[Convert]ボタンに置​​き換えられます。このオプションを選択するとSRCのボックスが(それはC onversionを食べたS十分なRの略)カチカチ音をたてたされ、ソースのサンプルレートドロップダウンメニューは、選択したオーディオファイルの記録されたサンプルレートが表示されます。ご想像のとおり、このボックスは、ファイル(サンプルレートが一致して)コピーするときにカチカチ音をたてたされていないが、それはすることができ、変換などでソースのサンプルレートを変更することができます。

Choosing a file with a different sample rate as the session will show the Convert button

セッションなど、さまざまなサンプルレートを持つファイルを選択すると、[Convert]ボタンが表示されます


ソースのサンプルレートを変更する

これを行うには方法は他に(例えばTCEトリマーツールでタイムストレッチングで)あるが、別のソースのサンプルレートを選択することで、創造的な効果のためのオーディオファイルの速度を変更することができます。これはここでどのように働くかを説明するためにいくつかの例を示します。

  • Setting the Source Sample Rate to 22.05 kHz when importing an audio file that was recorded at 44.1 kHz into a session whose sample rate is 44.1 kHz will create an audio file that plays back at half speed. 
  • Setting the Source Sample Rate to 88.2 kHz when importing an audio file that was recorded at 44.1 kHz into a session whose sample rate is 44.1 kHz will create an audio file that plays back at double speed.

Choosing a different Source Sample Rate

異なるソースのサンプルレートを選択する


プルアップ、プルダウン

プルアップまたはフィルムからビデオ、またはその逆に変換する際の速度変化に対処するためにプルダウンしたときに意図的にインポート時にサンプルレートを変更することを選択だという状況があり、これはこの記事の後半部分の焦点である。 。

Comments (0)

You must be logged in to comment. Login Now

Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: