All Articles Pro Tools
Pro ToolsでApple Loopsを使用
Mike Watkinson on Tue, June 25th 2 comments
The idea of using Logic Pro's Apple Loops in Pro Tools might feel counter-intuitive. But, these loops are a great resource which can be accessed and used for creative ideas directly in Pro Tools.

はじめに

主な理由ロジックProは創造DAWとしてとても人気があるの一つは、アプリケーションと無料コンテンツの55ギガバイトを取得しているという事実であり、これはプロジェクトに自動的にテンポに合わせロイヤリティフリーのループ数万が含まれています。このチュートリアルでは、Pro Toolsのユーザーがその創造性を拡張するために、そのコンテンツにアクセスして使用する方法を見てみましょう。 Mac用のGarageBandも、Apple Loopsのライブラリを持っており、他のアップルのアプリケーションもApple Loopsをインストールし、このチュートリアルではないロジックProの所有者に限定されるものであるので!


ブラウジング

ロジックプロループブラウザは、ライブラリに何千ものApple Loopsをブラウズするための簡単​​な方法を提供していますので、私たちは、Pro Toolsの等価を設定する方法で、最初になっているはずです。 Pro Toolsのブラウザウィンドウは、同様の(フローティング場合)体験を提供します。

使用オプション-;

システムHD:次の場所に移動します

アップルと呼ばれるダブルクリックしてフォルダ - これは、すべてAppleがMacにインストールされているループを示す新しいブラウザウィンドウが開きます。あなたがインストールしたアプリケーションに応じて、GarageBandの、サウンドトラックのPro、Final Cut Proを、iLifeのとのJam Packのフォルダがあるかもしれません。

Browsing Apple loops in Pro Tools.

Pro ToolsでApple Loopsをブラウジング。


MIDIループ

youveはどちらのGarageBandまたはロジックProでApple Loopsを使用した場合は、いくつかが緑であり、一部が青であることを認識します。緑色のものは、通常はMIDIループ、オーディオループなどの青ものと呼ばれています。実際にはMIDIループファイルも音声バージョンが含まれています。あなたは、ループの音声バージョンが表示されたロジックProでオーディオトラックにMIDIループをドラッグした場合に何が起こるか見ている可能性があります。 Pro Toolsで、ライブラリ内のすべてのループが、彼らはロジックProやGarageBandでどのように表示されるかに関係なく、オーディオファイルとして表示されます。

Green and blue loops in Logic Pro.

ロジックProで緑と青のループ。

The same files viewed in Pro Tools.

Pro Toolsで見て同じファイル。


ループブラウザウィンドウを管理する

ご希望の場合は、元のワークスペースブラウザウィンドウを閉じます。

フロントにループブラウザウィンドウをもたらすために、キーボードコマンドのオプション-Jを使用しますが、それを閉じないように注意してください。


時間でオーディション

ロジックProやGarageBandの中でApple Loopsのについての素晴らしいことの一つは、彼らは、プロジェクトのテンポでオーディションということです。私たちは、オーディオファイルをセッションのテンポボタンに準拠するをクリックして、Pro Toolsで、この動作を複製することができます。今すぐファイルがワークスペースブラウザでオーディション(それを選択してスペースキーを押すか、オーディションボタンをクリックして)それはその伸縮性ですが、それがされたとき

The audition and the ‘Audio files conform to session tempo’ buttons in the browser window.

オーディションとオーディオファイルは、ブラウザウィンドウでセッションのテンポボタンに準拠しています。


続きをいただきました、セッションが既に実行されている場合、ファイルをオーディションすると小節の一拍目から、それを再生しますので、あなたはそれが文脈で聞こえるどのようにそれを聞くことができます。 Pro Toolsのにポイント!これまでのところとてもクールが、その少しの問題は、その迷惑な少し頭をもたげる可能性があること、この時点で!アップルループのオーディオファイルは、多くの場合、あなたが期待する1、2つまたは4つのバーを越えて、データのいくつかの余分なミリ秒を含んでいます。それは単にそれらのアプリケーションでは無視されますが、Pro Toolsであなたが気づくように、GarageBandのまたはロジックProでこれに気づいたことはありません!ビートまたは通常のリズムを(効果音や雰囲気のようなビートレス音にそれほど重要ではない)を持つファイルを試聴したときに聞こえるかもしれない何がつまり、ファイル少し出セッションとの時間のオーディション、またはときにループをドラッグセッションでは、それは、クリップの端のオーディオの余分なビットによる、時間がうるさく外となります。我々が必要とするものは、残りのオーディオクリップが時間内に完璧に演じれるように余剰をトリミングするための迅速、正確かつ簡単な方法です。

Some audio files contain extra milliseconds at the end - in this case you can clearly see that the loop is not in time with Pro Tools as a result.

一部のオーディオファイルは、最後に余分なミリ秒を含める - このケースでは、あなたは明らかにループが結果としてのPro Toolsとの時間に含まれていないことがわかります。


ドラッグ·アンド·ドロップの

しかし、最初に、我々はファイルをトリミングすることを心配する前に、ドラッグ·アンド·ドロップを見てみましょう。ロジックProやGarageBandの中でApple Loopsのの主な特徴は、あなたがそうするように自動的にトラックを作成し、プロジェクトにドラッグアンドドロップすることができますということです。オーディオファイルをセッションのテンポに適合する場合、Pro Toolsのは、いくつかのことが起こるワークスペースブラウザから編集ウィンドウにファイルをドラッグ&ドロップすると、有効になっています:

  • 新しいトラックが作成されます。
  • 音声ファイルは、任意の選択肢に関係なく、コピーされ、変換後の(スプリットステレオファイルなど)と、セッションフォルダのオーディオファイルのフォルダに保存され、Pro Toolsの設定の処理]タブで行われたホード。
  • メイン編集エリアにファイルをドロップすると、新しいトラックが作成されますが、結果のクリップの位置は、現在の編集モードに依存します。新しいセッションを開始し、セッションの開始時になるようにクリップをお祈りしている場合は、ワークスペースブラウザーからトラックリストに直接Apple Loopsをドラッグすることができます。


Drag the Apple loop file to create a new track in two different ways.

2つの異なる方法で新しいトラックを作成するには、Appleのループファイルをドラッグします。


過剰をトリミング

オーディオのその迷惑な余分なビットに対応するために、さらにいくつかのステップが必要ですが、前述したが、幸いにも、一度あなたの指の下にキーボードコマンドを持って、それは比較的簡単です。それはまたに耳を傾け、常に、私はお勧めします良いこと選ばれたループのビート構造をもう少し慣れるようにユーザーを促す!

ワークスペースブラウザから編集ウィンドウにApple Loopsをドラッグすると、オーディション用のワークスペースブラウザで選ばれたようにプラグインがアクティブに同じエラスティック·オーディオとトラックを作成します。私たちがやらなければならないことは、エラスティック·オーディオ分析を表示したり、Pro Toolsのタイミンググリッドにアップルループのタイミングをロックするためにそれを使用です。

トラックビューセレクタを使用して、またはトラックを選択し、キーボードコマンドコントロール+コマンド+左矢印を使用してビューをワープするためにトラックビューに切り替えます。

[グリッドの編集モード( オプション-4)にあるチェック。

グリッドの設定は分音符のような便利ミュージカルものです確認してください。

クリップに聞くと、あなたはそれがあるべきビート知って自信を持っているという音楽イベントを識別します。例えば4小節のドラムループ、第3小節の最初の拍は、のために行く良いものだろう!

Before - the red arrow shows the direction in which the Event Marker is to be dragged.

前 - 赤の矢印は、イベントマーカーがドラッグする方向を示しています。


その音楽イベントイベントマーカーをドラッググラバー·ツール( コマンド4)の使用

After dragging the Event Marker to the correct beat.

正しいビートに合わせてイベント·マーカーをドラッグした後。


クリップの末尾に不要な音声を削除します。これを行う1つの方法は、ツールバーの[編集]を選択を定義し、 トリムクリップを選択することです

Defining an Edit selection in the toolbar.

ツールバーの編集範囲を定義する。


リンクのタイムラインと編集選択が有効になっている場合は、[編集]の選択は(つのバーと言う)上で定義され、再生選択され、あなたは、コントロールクリックループ再生を有効にするために、トランスポートの再生ボタンをすることにより、ループのタイミングをテストすることができ、かつ次にスペースキーを押す。


次の時間...

あなたは、私たちが言及したhaventことのApple Loopsの特徴の一つは、ピッチと同様にテンポを変化させる能力であるので、これはハブの将来のチュートリアルの対象となることに気づいたかもしれません!


Related Videos
Comments (2)

You must be logged in to comment.

  • dellel
    Is Apple Loops no longer apart of "Mountain Lion"? Do I need to download and install Garageband? The application store has many comments reagarding that Jampacks is no longer available. I'm confused.
    • 6 years ago
    • By: dellel
    Reply
  • thirdspace
    Hi dellel On a Mac you get Apple Loops with GarageBand, which is part of iLife, which comes free with every Mac. You also get a huge number of Apple Loops with Logic Pro (which are the loops that used to come on Jam Pack disks, now no longer available). If you have a Mac that does not have GarageBand, or Logic Pro, you can purchase them on the Mac App Store, or find an iLife 11 install disc on eBay. Hope that makes sense - good luck!
    • 6 years ago
    • By: thirdspace
    Reply
Pro Mixing Techniques
Pro Tools 113
Dream It. Do It.
Do you want to learn Pro Mixing Techniques?
Yes, I want to learn!
No Thanks, I just want to read the article.
Feedback
Course Advisor
Don't Know Where To Start?
Ask A Course Advisor
Ask Us!
Copy the link below and paste it into an email, forum, or Facebook to share this with your friends.
Make money when you share our links
Become a macProVideo.com Affiliate!
The current affiliate rate is: 50%
Classes Start Next Week!
Live 8-week Online Certification Classes for: